ここから本文です。

定期の予防接種

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1005854  更新日 2019年5月7日

印刷 大きな文字で印刷

予防接種法によって予防接種の種類や対象年齢等が定められた予防接種です。対象年齢の方が決められた接種間隔、接種量、協力医療機関で受けた場合は公費(無料)で受けることができます。
万が一、予防接種による健康被害が起きた場合は予防接種法(国)による救済が行われます。

予防接種の協力医療機関については、「ライフプランすこやか」及び茨城県医師会のホームページをご覧ください。
掲載のない医療機関で受ける場合は「つくば市の予防接種協力医療機関以外で定期の予防接種を受ける場合」のページをご覧ください。  

長期療養を必要とする疾病等により定期の予防接種を受けることができなかった方

平成25年1月30日の政令等の改正により、長期にわたり療養を必要とする疾病(厚生労働省令で定められた疾病)にかかったために、定期の予防接種対象年齢内に受けられなかった方について、一定の期間内であれば定期の予防接種として受けることができるようになりました。
なお、すでに自己負担にて接種された予防接種については対象となりません。ご了承ください。

対象者

長期にわたり療養を必要とする疾病にかかったこと等下記の特別な事情があったことにより、やむを得ず定期の予防接種が受けられなかった方

  1. 予防接種法施行規則で定める疾病にかかったことがある方
    (詳細は、「疾病の例」をご覧ください)
  2. 臓器の移植を受けた後、免疫の機能を抑制する治療を受けた方
  3. 医学的見地に基づき、1又は2に準ずると認められる方

対象期間

特別な事情がなくなったと認められる日から起算して2年(肺炎球菌感染症(高齢者がかかるものに限る)は1年)以内
※BCGは4歳未満、四種混合は15歳未満、ヒブは10歳未満、小児用肺炎球菌は6歳未満

手続き方法

  1. 主治医等に意見書又は診断書を発行してもらってください。
    (意見書又は診断書等の費用は、自己負担となります。ご了承ください)
  2. 意見書又は診断書、母子健康手帳を持参し、市役所健康増進課又は保健センター(桜・谷田部・大穂)で申請をしてください。
  3. 市役所健康増進課にて医療機関宛予防接種依頼書を作成し、後日、申請者宛に郵送いたします。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

保健福祉部 桜保健センター
〒305-0008 つくば市流星台61番地1
電話:029-857-3931 ファクス:029-857-3875

保健福祉部 健康増進課
〒305-8555 つくば市研究学園一丁目1番地1
電話:029-883-1111(代表) ファクス:029-868-7535
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。