ここから本文です。

公務員宿舎跡地の購入を検討している事業者のみなさまへ

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1002151  更新日 2019年9月13日

印刷 大きな文字で印刷

国家公務員宿舎及び研究・教育機関宿舎は、研究学園地区の緑豊かでゆとりのある特徴的な街並みを創出していることから、売却後においてもその都市環境を継承する必要があります。

そのため、現在、公務員宿舎の処分にあたっては、地区計画等によるまちづくりの誘導を行った上で、処分することとしております。しかしながら、法規制のみでは良好な都市環境の創出が難しいことから、開発事業者の協力が必要不可欠となっております。
そのようなことから、つくば市のまちづくりの方針や開発に対する要請事項を下記に掲載いたしますので、公務員宿舎跡地の購入を検討している事業者のみなさまにおかれましては、要請事項等を十分に考慮した開発をお願いいたします。
本ページに掲載している内容は、法規制ではありませんので、法規制については、各法令等を御確認ください。

国家公務員宿舎売却スケジュール

国家公務員宿舎の売却スケジュールについては、下記リンク先を御確認ください。

つくば市のまちづくりに関する関係計画

つくば市では、良好な都市環境を創出するため、様々な計画を策定しております。
ここでは、公務員宿舎が立地する研究学園地区に関係する各種計画を掲載いたしますので、十分に確認した上で開発等の計画を御検討ください。

つくば市未来構想、つくば市戦略プラン

つくば市の基本となる計画であり、まちづくりの基本的な考え方を記述しています。
詳細は下記リンク先を御確認ください。

つくば市都市計画マスタープラン

総合的なまちづくりの方針となる将来ビジョンを明らかにした計画であり、将来目指すべきまちづくりの方針等を記述しています。

詳細は下記リンク先を御確認ください。

研究学園地区まちづくりビジョン

公務員宿舎が立地する研究学園地区において、今後の目指すべきまちづくりの方向性を示した計画であり、まちづくりの方針やエリアごとに実施すべき取組等について記述しています。

国家公務員宿舎削減を踏まえた、目指すべき都市環境についても具体的に記述していることから、 開発計画を検討する際には、本計画を十分に踏まえ、緑豊かなゆとりある都市環境が創出できる計画としてください。

詳細は下記リンク先を御確認ください。

つくば環境スタイル

筑波研究学園都市の知の集積を活かし、世界を牽引する環境都市づくりを行うための計画であり、方針や具体的なプロジェクト等を記述しております。

開発計画を検討する際には、本計画を十分に踏まえ、環境に配慮した計画としてください。

詳細は、下記リンク先を御確認ください。

公共空間の活用による魅力ある都市環境の創出(取組)

つくば市では、ペデストリアンデッキ等の公共空間を活用し、にぎわいの創出や都市の魅力向上を図る取組を行っております。公務員宿舎はペデストリアンデッキや多くの公園とともに計画的に整備されております。

開発計画を検討する際には、公共空間を活用する計画としてください。
(出入口を公共空間側に設置する、公共空間が正面となる建物配置とする、公共空間と一体となった外構とする、公共空間に向けた明かりを設置する、公共空間側に駐車場を設置しない等)

取組の詳細は下記リンク先を御確認ください。

公務員宿舎跡地の開発におけるつくば市からの要請事項

令和元年(2019年)9月売却予定宿舎 ※令和元年(2019年)9月13日更新

並木二丁目8番地2 要請事項(概要)

  • 計画に当たっては、敷地に隣接しているペデストリアンデッキを歩行者の日常の主要動線となるよう配慮してください。
  • 可能な限り歩行者と自動車の動線の分離を図ってください。
  • 良好な住環境の形成と、既存樹木の保全・活用を図ってください。
  • 道路に面して設置する工作物については、植栽等により修景を図ってください。
  • 安心安全なまちづくりを行うため、防犯カメラやカーブミラー、道路標示を必要に応じて設置してください。
  • 開発事業の際は、街路灯や防犯灯の計画的な配置をお願いします。
  • 住宅等を整備する場合は、開発時に住民同士の地域コミュニティの形成に十分配慮してください。
  • 既存施設の解体時等の粉じんや造成工事中の土埃について、発生を未然に防止し、周辺に飛散しないための対策を行ってください。騒音、振動、粉じん等の苦情を受けた場合は、直ちに原因調査を行うとともに、苦情解決のための措置を講じてください。
  • 開発・建築については、「つくば市低炭素(建物・街区)ガイドライン」を策定し、平成29年10月から施行しておりますので、低炭素な街づくりに協力してください。内容については環境政策課に確認してください。
  • 隣接する市道部について、車両出入口の新設、給排水管の引き込み、その他市道に関する工事が発生する場合には、道路管理課と協議してください。
  • 西側市道4-4240(P)号線の街路樹等の取扱いに関して、道路管理課と協議してください。
  • 売却予定地外周の市道に関して、歩道が無い箇所や歩道の幅員が十分でない箇所がありますので、良好な住環境の形成やゆとりある都市環境形成のため、敷地内での歩道の整備等に協力してください。詳細について、道路計画課と協議してください。

令和元年(2019年)5月売却予定宿舎 ※平成31年(2019年)4月26日更新

松代五丁目16番地 要請事項(概要)

  • 計画に当たっては、敷地に隣接しているペデストリアンデッキを歩行者の日常の主要動線となるよう配慮してください。
  • 可能な限り歩行者と自動車の動線の分離を図ってください。
  • 良好な住環境の形成と、既存樹木の保全・活用を図ってください。
  • 道路に面して設置する工作物については、植栽等により修景を図ってください。
  • 安心安全なまちづくりを行うため、防犯カメラやカーブミラー、道路標示を必要に応じて設置してください。
  • 開発事業の際は、街路灯や防犯灯の計画的な配置をお願いします。
  • 住宅等を整備する場合は、開発時に住民同士の地域コミュニティ及び子育て環境の形成に十分配慮してください。
  • 既存施設の解体時等には、粉じんが周辺に飛散しないよう周囲を囲う等の対策を行ってください。騒音、振動、粉じん等の苦情を受けた場合は、直ちに原因調査を行うとともに、苦情解決のための措置を講じてください。
  • 開発・建築については、「つくば市低炭素(建物・街区)ガイドライン」を策定し、平成29年10月から施行しておりますので、低炭素な街づくりに協力してください。内容については環境政策課に確認してください。
  • 隣接する市道部について、車両出入口の新設、給排水管の引き込み、その他市道に関する工事が発生する場合には、道路管理課と協議してください。
  • 北側市道5-2169(P)号線及び東側市道5-2170(P)号線の街路樹等の取扱いに関して、道路管理課と協議してください。

平成31年2月売却予定宿舎 ※平成31年1月10日更新

松代五丁目15番地 要請事項(概要)

  • 計画に当たっては、敷地に隣接しているペデストリアンデッキを歩行者の日常の主要動線となるよう配慮してください。
  • 可能な限り歩行者と自動車の動線の分離を図ってください。
  • 宿舎跡地外周の道路に関して、歩道の幅員が十分でない箇所では、歩道の拡幅等に協力してください。詳細について、道路計画課と協議してください。
  • 良好な住環境の形成と、既存樹木の保全・活用を図ってください。
  • 道路に面して設置する工作物については、植栽等により修景を図ってください。
  • 安心安全なまちづくりを行うため、防犯カメラやカーブミラー、道路標示を必要に応じて設置してください。
  • 開発事業の際は、街路灯や防犯灯の計画的な配置をお願いします。
  • 住宅等を整備する場合は、開発時に住民同士の地域コミュニティ及び子育て環境の形成に十分配慮してください。
  • 既存施設の解体時等には、粉じんが周辺に飛散しないよう周囲を囲う等の対策を行ってください。騒音、振動、粉じん等の苦情を受けた場合は、直ちに原因調査を行うとともに、苦情解決のための措置を講じてください。
  • 開発・建築につきましては、新たな街区開発、建物建築を対象としてより効果的な低炭素対策をガイドラインとして示すため、「つくば市低炭素(建物・街区)ガイドライン」を策定し、平成29年10月から施行しておりますので、低炭素な街づくりに協力してください。内容については環境政策課に確認を行ってください。
  • 周辺市道に関して、車両出入口を設置する場合には、道路管理課と協議してください。北側市道5-2168(P)号線及び南側市道5-2169(P)号線の街路樹等の取扱いに関して、道路管理課と協議してください。

平成30年10月売却予定宿舎

要請事項(概要)

共通事項

  • 計画に当たっては、敷地に隣接しているペデストリアンデッキを歩行者の日常の主要動線となるよう配慮してください。
  • 可能な限り歩行者と自動車の動線の分離を図ってください。
  • 宿舎跡地外周の道路に関して、歩道の幅員が十分でない箇所では、歩道の拡幅等に協力してください。詳細について、道路計画課と協議してください。
  • 良好な住環境の形成と、既存樹木の保全・活用を図ってください。
  • 道路に面して設置する工作物については、植栽等により修景を図ってください。
  • 安心安全なまちづくりを行うため、防犯カメラやカーブミラー、道路標示を必要に応じて設置してください。
  • 開発事業の際は、街路灯や防犯灯の計画的な配置をお願いします。
  • 住宅等を整備する場合は、開発時に住民同士の地域コミュニティ及び子育て環境の形成に十分配慮してください。
  • 既存施設の解体時等には、粉じんが周辺に飛散しないよう周囲を囲う等の対策を行ってください。騒音、振動、粉じん等の苦情を受けた場合は、直ちに原因調査を行うとともに、苦情解決のための措置を講じてください。
  • 開発・建築につきましては、新たな街区開発、建物建築を対象としてより効果的な低炭素対策をガイドラインとして示すため、「つくば市低炭素(建物・街区)ガイドライン」を策定し、平成29年10月から施行しておりますので、低炭素な街づくりに協力してください。内容については環境政策課に確認を行ってください。

各街区(歩道・車両出入口について)

各街区の歩道・車両出入り口等について次の対応を行ってください。

  • つくば市吾妻一丁目1番地1
    車両出入口の設置にあたっては、北東側市道4-4455号線に関しては車両の交通量の増加が懸念されるため、車両出入口を抑制することを検討しておりますので、詳細について道路管理課と協議してください。車両出入口を設置する場合には、既存の車両出入り口を使用するよう努めてください。
    南東側市道4-4093(P)号線の街路樹等の取扱いに関して、道路管理課と協議してください。
  • つくば市並木四丁目3番地2
    周辺市道に車両出入口を設置する場合、道路管理課と協議してください。
    北西側市道4-4253(P)号線の街路樹等の取扱いに関して、道路管理課と協議してください。

平成29年10月売却予定宿舎

要請事項(概要)

共通事項

  • 敷地に隣接しているペデストリアンデッキが歩行者の日常の主要動線となるよう協力してください。
  • 住宅等を整備する場合は、可能な限り歩行者と自動車の動線の分離を図ってください。
  • 良好な住環境の形成と、ゆとりある都市環境の創出に協力してください。
  • 既存樹木の保全・活用に協力してください。
  • 道路に面して設置する工作物については、植栽等により修景を図ってください。
  • 安心安全なまちづくりを行うため、防犯カメラやカーブミラー、道路標示を必要に応じて設置してください。
  • 開発事業の際は、街路灯や防犯灯の計画的な配置を事業者へお願いすることがありますので、まちづくりの観点から可能な限り協力していただけるようお願いします。
  • 住宅等を整備する場合は、開発時に住民同士の地域コミュニティの形成に十分配慮してください。
  • 既存施設の解体時等には、粉じんが周辺に飛散しないよう周囲を囲う等の対策を行ってください。騒音、振動、粉じん等の苦情を受けた場合は、直ちに原因調査を行うとともに、苦情解決のための措置を講じてください。
  • つくば市は、平成25年3月に国から「環境モデル都市」に選定され、平成26年度に「つくば環境スタイル“SMILe”」(つくば市環境モデル都市行動計画)を策定し、2030年までに市民一人当たりのCO2排出量50%削減という高い目標に向かって、低炭素なまちづくりを推進しております。当該宿舎跡地につきましても、可能な限り低炭素なまちづくりに御協力をお願いいたします。
  • また、つくば市では、新たな街区開発、建物建築を対象としてより効果的な低炭素対策をガイドラインとして示すため、「つくば市低炭素(建物・街区)ガイドライン」を策定し、平成29年10月から施行する予定ですので、内容について環境課に確認を行ってください。

各街区(歩道・車両出入口について)

各街区の歩道・車両出入り口等について次の対応を行ってください。内容について、つくば市道路建設課及び道路維持課(以下、道路管理者という)に確認を行ってください。

  • つくば市並木四丁目10番地1、2、3
    東側市道4-4251号線に関して、敷地側に有効幅員3m以上の歩道を設置するよう、市民等から要望書の提出があります。詳細について、道路管理者と協議してください。
    車両出入口の設置にあたっては、道路管理者と協議してください。東側市道4-4251号線に関しては、可能な限り車両出入口を設置しない等、歩行者の安全に配慮してください。
  • つくば市並木三丁目13番地1、2、6
    車両出入口の設置にあたっては、道路管理者と協議してください。並木三丁目12番と13番の間にある市道4-4255号線に関しては、可能な限り車両出入口を設置しない等、歩行者の安全に配慮してください。
  • 竹園一丁目13番地2
    対象地に隣接する南側市道の歩道については、植栽計画の見直し、街路灯整備の計画を検討しておりますので、詳細について、道路管理者と協議してください。
    南側市道2021号線に関して、車両出入口を設置する場合には、道路管理者と協議してください。
  • 松代五丁目16番地
    南側市道2-34号線に関して、車両出入口を設置する場合には、道路管理者と協議してください。
    北側市道5-2169(P)号線及び東側市道5-2170(P)号線に関して、街路樹の越境が確認された場合は、道路管理者と協議してください。

平成29年2月売却予定宿舎

要請事項

共通事項                      

  • 並木、松代地区については、できる限り電線類の地中化を行ってください。なお、竹園地区については条例で無電柱化が定められております。
  • 明るい街並みを創出するため街路灯を設置してください。
  • 安全安心なまちづくりを行うため、必要に応じて防犯カメラやカーブミラー、道路標示の設置を検討してください。
  • 既存樹木を保全・活用した計画としてください。
  • 低炭素型まちづくりの実現のため、「つくば環境スタイル“SMILe”」を考慮した開発計画とし、事前に市と協議を行ってください。また、開発エリア内に建築される建築物を低炭素建築物認定制度の低炭素建築物認定要件以上の環境性能を有する建築物とし、このうち戸建住宅についてはゼロエミッション住宅、LCCM(ライフサイクルカーボンマイナス)住宅のいずれかに相当する環境性能を備えた建築物とするよう検討ください。
  • 住民同士の地域コミュニティの形成について十分に配慮してください。
  • ゆとりある都市環境を創出してください。
  • 道路に面して設置する工作物については、植栽等により修景を図ってください。

並木二丁目住宅

  • 街区周りのペデストリアンデッキが日常の主要動線となるような計画としてください。(出入口の設置、ペデに向いた建物の設置、ペデと一体となった外構、ペデを明るくする仕掛け、ペデへのフットパスの設置等)

松代五丁目住宅    

  • 街区周りのペデストリアンデッキが日常の主要動線となるような計画としてください。(出入口の設置、歩道に向いた建物の設置、歩道と一体となった外構、歩道を明るくする仕掛け、歩道へのフットパスの設置等)
  • 街区に隣接して公園があるため、公園を考慮した計画としてください。

平成28年6月売却予定宿舎

要請事項

共通事項

  • 当該地区は、電線類の地中化を方針としていることから、電線類の地中化を行ってください。
  • 明るい街並みを創出するため街路灯を設置してください。
  • 安全安心なまちづくりを行うため、必要に応じて防犯カメラやカーブミラー、道路標示の設置を検討してください。
  • 既存樹木をできる限り保全・活用した計画としてください。
  • 街区南側の歩道が日常の主要動線となるような計画としてください。(出入口の設置、歩道に向いた建物の設置、歩道と一体となった外構、歩道を明るくする仕掛け、歩道へのフットパスの設置等)
  • 低炭素型のまちづくりの実現のため、「つくば環境スタイル“SMILe”」を考慮した開発計画とし、事前につくば市と協議を行ってください。また、開発エリア内に建築される建築物を低炭素建築物認定制度の低炭素建築物認定要件以上の環境性能を有する建築物とし、このうち戸建住宅についてはゼロエミッション住宅、LCCM(ライフサイクルカーボンマイナス)住宅のいずれかに相当する環境性能を備えた建築物とするよう検討ください。
  • 街区北側の市道4-4058号線に歩道を整備することを地元住民が要望しております。道路側で歩道等を確保することは難しいことから、開発に合わせ、歩道を設置してください。また、市において歩行者ネットワークの改善事業を検討していることから、設計に入る前に、道路建設課と協議してください。

平成27年度売却宿舎

要請事項

共通事項             

  • 低炭素型のまちづくりの実現のため、「つくば環境スタイルSMILe」を考慮した開発計画とし、事前につくば市と協議を行ってください。
  • 明るい街並みを創出するため、LED防犯灯(10VA以下、公衆街路灯A契約)または、街路灯を設置してください。
  • 安全安心なまちづくりを行うため、必要に応じて防犯カメラやカーブミラー、道路標識の設置を検討してください。
  • 既存樹木をできる限り保全・活用した計画としてください。
  • ペデストリアンデッキが日常の主要動線となるような計画としてください。(ペデ側に出入口の設置、ペデに向いた建物の設置、ペデと一体となった外構、ペデを明るくする仕掛け、ペデへのフットパスの設置等)

並木3丁目12、13

  • 安全安心なまちづくりを行うため、並木三丁目12、13の間の市道4-4255号線については、歩道の切下げ及び車両出入口の設置は行わないでください。
  • 開発に合わせ、周辺道路に設置されているU字溝を管渠型側溝へ敷設替えを行うよう努めてください。

並木四丁目 10

  • 街区東側の道路(市道4-4251号線)に歩道を整備することを地元住民が要望しております。道路側で歩道を確保することは難しいことから、開発に合わせ、歩道を設置してください。
  • 街区外周道路(市道4-4251号線、市道4-4263号線、市道4-4271号線)に面して、直接住宅の車庫を設けないでください。また、安全確保のため、できる限り車両の出入口が少なくなるよう努めてください。

平成26年度売却宿舎

要請事項

共通事項             

  • つくば環境スタイルSMILe行動計画を踏まえ、環境に配慮した計画としてください。(つくば環境スタイルSMILe行動計画S-c-1及び2、S-b-1、I-d-1、M-a-2、M-b-1)
  • 明るい街並みを創出するため、街路灯等の設置に努めてください。(特にペデストリアンデッキ沿道)
  • 安全安心なまちづくりを行うため、必要に応じて防犯カメラの設置を検討してください。
  • 住宅を建設する場合には、学校の児童生徒数を把握するため、事前に市教育委員会と協議してください。
  • 既存樹木をできる限り保全・活用した計画としてください。

竹園三丁目33

  • 電線類は、地中化を図ってください。(当該地区は電線類の地中化を方針としています。)
  • 街区北側に位置する公園と連続した景観を創出してください。

並木四丁目7-1

  • ペデストリアンデッキが日常の主要動線となるような計画としてください。(ペデ側に出入口の設置、ペデに向いた建物の設置、ペデと一体となった外構、ペデを明るくする仕掛け、ペデへのフットパスの設置等)
  • 開発に合わせ、街区北東側の道路に歩道を整備することを地元住民が要望しております。道路側で歩道等を確保することは難しいことから、開発に合わせ、歩きやすい環境の整備に努めてください。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

都市計画部 学園地区市街地振興室
〒305-8555 つくば市研究学園一丁目1番地1
電話:029-883-1111(代表) ファクス:029-828-5919
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。