ここから本文です。

【切替】有効期限の残っているパスポートから作り替える(パスポートを損傷した場合を含む)

ページ番号1000799  更新日 平成30年1月5日

印刷 大きな文字で印刷

以下の1.・2.両方に該当する方の手続きです。

  1. パスポートが有効であり,残存有効期間が1年未満である。
  2. 現在のパスポートに記載されている「氏名」「本籍地の都道府県」から,今回の作り替えにあたって変更がない。

※「氏名」「本籍地の都道府県」に変更があった方は,手続きが異なります。

切替申請の特例

以下の場合も切替申請が認められます。

  • 一度増補を受けたパスポートの査証欄が残りおおむね2,3ページになった場合。
  • 有効期限の残っているパスポートが損傷した(ページが1ページでも欠落した,ICシートが損傷した等)場合。

※パスポートが損傷している場合,損傷の程度によって切替申請に該当しない場合があります。事前にお電話にてご相談をください。

申請できる方

つくば市内に住民登録(住民票)がある方に限ります。

※例外的に,学業や単身赴任等の事由により,茨城県外に住民登録がある状態でつくば市内に住んでいる方も申請できます。

必要書類

1.一般旅券発給申請書 1通

  • 10年用と5年用があります。
  • 未成年(20歳未満)の方は,5年用のパスポートしか作ることができません。
  • 申請用紙は,つくば市役所パスポート窓口,各窓口センター及び出張所に用意してあります。
    ※申請用紙は,コピーしたものやダウンロードしたものは使用できません。

2.パスポート用証明写真 1枚

  • パスポート作成用の証明写真は,外務省の定めた規格を満たしている必要があります。
  • 6カ月以内に撮影したものである必要があります。
  • 規格を満たしていない写真については,再撮影をお願いする場合があります。自宅で撮影・印刷したもの,ボックススタンドで撮影した写真を使用する場合は十分にご注意ください。
  • 写真は申請書に貼らずにお持ちください。

3.有効期限の残っている旅券

  • 現在所持している有効期限の残っている旅券は,申請時に必ずご持参ください。
  • 有効な旅券を紛失してしまっている場合は,手続きが異なります。

申請に要する費用

申請に要する費用は,申請時ではなく受取の際に所定の金額の収入印紙と茨城県収入証紙で納入いただきます。

未成年者(20歳未満)が申請する場合

必ず親権者が申請書裏面「法定代理人署名欄」を自署してください。

代理人による申請について

切替新規申請については,代理人による申請が可能です。

このページに関するお問い合わせ

市民部 市民窓口課
〒305-8555 つくば市研究学園一丁目1番地1
電話:029-883-1111(代表) ファクス:029-868-7536
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。