ここから本文です。

国際交流

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1001936  更新日 2020年1月15日

印刷 大きな文字で印刷

国際都市つくば

市内には、世界有数の研究機関が集積していることから、研究者や留学生などの多くの外国人が居住しています。その数は、約140カ国、約10,000人に及び、市全体の人口の約4.2%にあたります。日本全体では1.76%(2018年10月1日現在)であることと比べると、つくば市の外国人の割合はかなり高いといえます。
このような状況から、つくば市では 「国際都市つくば」 をキーワードに、国際化に対応する事業を展開しています。

国際交流行事

国際交流フェア(5月第2土曜日・日曜日)

毎年5月、「つくばフェスティバル」の一環として開いている行事です。世界各国のダンスや演奏、歌などの文化・芸能に触れ、異国の料理を味わうことができ、日本人と外国人との「ふれあい」(交流・親睦)の場として、年々盛んになっています。

 

国際理解講座(通年)

つくば市の国際交流員や留学生交流員が外国の生活や文化を紹介します。
詳細は国際交流室までお問い合わせください。

 

国際理解講座

つくばワールドフットサル(10月から11月、年に1回開催)

つくばワールドフットサルは、国籍や文化を超えた多文化共生イベントとして開催しているものです。
フットサルゲームの他、交流イベントなどもあり、選手だけでなく観客も一緒に楽しむことができる国際交流イベントとして定着しつつあります。

これらのほかにも、一般財団法人つくば市国際交流協会では、国際交流料理教室や日本語・外国語教室などを開催しています。

ワールドフットサル2019

海外都市との交流

つくば市の姉妹都市は米国ケンブリッジ市と米国アーバイン市、フランス共和国グルノーブル市の3都市、友好都市は中華人民共和国深セン市(センの漢字は土へんに川)の1都市で、様々な分野で交流を図り、相互理解の推進に努めています。
また、2019年11月25日には、ドイツ連邦共和国ボーフム市と連携合意書を締結しました。
この他、大韓民国大田広域市やそれ以外の世界各都市とも交流を重ねて、市の国際性の向上を図っています。

Exchanges with Cities Overseas

The City of Tsukuba promotes mutual understanding with its sister cities and friendship city through exchange in various areas. Tsukuba has sister city relationships with the City of Cambridge and the City of Irvine in the United States of America, and the City of Grenoble in the Republic of France; and a friendship city relationship with the City of Shenzhen in the People’s Republic of China.

On November 25, 2019, a Partnership Agreement was signed with the City of Bochum in the Federal Republic of Germany.

In addition to this, Tsukuba makes contacts with Daejeon Metropolitan City in the Republic of Korea and other cities around the world to enhance internationality of the city.

グルノーブル市(姉妹都市)

写真:グルノーブル市の風景


グルノーブル市は、面積約18平方キロメートル、人口約16万人(2019年現在)のフランス共和国南東部に位置する都市で、イゼール県の県庁所在地です。アルプス山麓に位置し、 "アルプスの都"として知られています。
その歴史は、小さな村だった2000年以上前までさかのぼります。長らくフランス王国国境の駐屯都市でしたが、18世紀から19世紀にかけて、手袋製品の輸出で急成長を遂げ、その後の世界大戦では、水力発電産業で発展しました。
また、1968年に冬季オリンピックが開催されたことでも有名な都市で、ツール・ド・フランスのアルプス山脈越えのステージにもなっています。
現在では、欧州分子生物学研究所(European Molecular Biology Laboratory)や電子情報技術研究所(CEA-LETI:Laboratoire d'electronique des technologies de l'information)、グルノーブル大学(The University of Grenoble)など公的研究機関や高等教育機関が多く立地し、フランス国内の主要な研究開発拠点となっています。
最近では、マイクロ・ナノテクノロジーの拠点であるMINATEC(ミナテック)が立ち上げられ、ヨーロッパの最先端科学技術の一大拠点としての地位を確固たるものとしています。
さらに科学技術のみならず、教育、文化、スポーツといった面においても、その独自性と競争力が国際的に認められ、米国フォーブズ誌の「2013年世界で最も創造性のある都市ランキング」の第5位に選ばれています。
両市の研究機関や大学間の相互交流をきっかけに、姉妹都市関係を締結することになりました。姉妹都市締結調印式は、2013年11月12日の筑波研究学園都市50年間の記念式典においてが挙行されました。

City of Grenoble (Sister City)

The City of Grenoble is located in the southeastern part of the Republic of France with an area of about 18 square kilometers and a population of about 160,000 (as of 2019). It is home to the prefectural government of the Department of Isère. Located at the foot of the Alps, it is known as the "Capital of the Alps".

Its history goes back more than 2,000 years when Grenoble was a small village. Grenoble has long been a garrison town on the border of the Kingdom of France, then grew rapidly in the export of glove products between the 18th and the 19th century, and further developed in the hydro-power industry in the subsequent World War.

The city is also famous for the 1968 Winter Olympics, and it is also part of the Tour de France's climb stage in the Alps.

 At present, Grenoble hosts public research institutions and higher education institutions, such as European Molecular Biology Laboratory, CEA-LETI (Laboratoire d'électronique des technologies de l'information), The University of Grenoble, positioning itself as the main research and development hub in France.

 Recently, MINATEC, a micro/nanotechnology base, has been founded and has established a strong position as one of the leading-edge science and technology centers in Europe.

Furthermore, Grenoble’s uniqueness and competitiveness are recognized internationally not only in science and technology but also in education, culture and sports, and is ranked 5th in the 2013 World’s Most Inventive Cities Ranking in America’s Forbes magazine.

 Mutual exchanges between research institutions and universities in Grenoble and Tsukuba led to the sister city agreement. The signing ceremony took place concurrently at the 50-year Tsukuba Science City commemorative ceremony on November 12, 2013.

アーバイン市(姉妹都市)

写真:アーバイン市の風景


アーバイン市は、1987年、当時の桜村に姉妹都市の意向打診があったものを、同年合併したつくば市が継承、1989年に提携が成立しました。
アーバイン市は、カリフォルニア州南部、ロサンゼルス市から南東へ約53キロメートルの位置にあります。大学やハイテク企業、研究所を擁する都市です。1965年にカリフォルニア大学アーバイン校(UCI)が開設されてから、急速に人口が増加し、人口は約28万人(2019年)です。
IBC(アーバイン・ビジネス・コンプレックス)というビジネスゾーンには、ハイテク関連企業が多数進出していて活況を呈しています。全米で最も都市計画が進んでいる地域として注目を浴びているところです。
このように、アーバイン市は、教育と科学、ハイテク産業を市政の中心に据え、最先端の情報都市を目指している点で、つくば市と共通しています。また、そのカリフォルニアの地勢から、住宅、ショッピングセンター、病院、ホテル等の生活環境整備にも力を入れています。市内には緑が豊富にあり、街全体が清潔で、治安が良く、素晴らしい生活環境となっています。近くにはディズニーランドがあり、ビーチや美術館等の観光資源に恵まれています。 

The City of Irvine (Sister City)

The City of Irvine contacted the Village of Sakura in 1987 to propose a sister city relationship. The same year, the village was merged to the City of Tsukuba so the partnership was finally established between the two cities in 1989.

Irvine is located in southern California, about 53 kilometers southeast of Los Angeles. The city is rich in universities, high-tech companies and research institutes. Its population has grown rapidly since the opening of the University of California, Irvine (UCI) in 1965, and is currently resided by about 280,000 people (as of 2019).

The business zone called IBC (Irvine Business Complex) is lively with many high-tech companies. It is attracting attention as the most urbanized area in the United States.

In this way, Irvine and Tsukuba share the common objective of being a cutting-edge smart city with their policy centered on education, science and high-tech industries. In addition, Irvine also focuses on improving the living environment such as housing, shopping centers, hospitals, accommodations, etc. taking advantage of the topography of California. The city has plentiful green space, is kept clean, safe and has a wonderful living environment. There is a Disneyland nearby and is blessed with tourism attractions such as beaches and museums.

ケンブリッジ市(姉妹都市)

写真:ケンブリッジ市役所


ケンブリッジ市との姉妹都市提携は、1984年、当時の谷田部町との間に成立していたものを合併後のつくば市が継承しました。2019年11月18日、これまでの姉妹都市宣言の目的を継承しながら、ビジネス分野でのスタートアップの促進や教育、科学、イノベーション、産業といった具体的な協力の分野を明記し、より実効性の高い連携を目指すものとして、姉妹都市協定を再締結しました。
ケンブリッジ市は、アメリカ合衆国の北東部、マサチューセッツ州東部に位置します。チャールズ川をへだて、ボストン市に連なる都市であり、緯度は日本の北海道と同程度です。アメリカで最も初期に植民が行われた土地の一つで、1630年に築かれ1846年に市となりました。人口は約12万人(2018年7月1日現在)、面積は約17平方キロメートルです。
アメリカ有数のハーバード大学やマサチューセッツ工科大学をはじめとする世界的に著名な研究教育機関を有し、産業面では、市内の就業者の約32%が専門職や技術職に就いており、約23%が教育関連の職に従事するなど、アメリカ有数の研究学園都市となっています。

The City of Cambridge (Sister City)

The sister city tie-up with Cambridge was signed in 1984 with the Town of Yatabe, and later succeeded by Tsukuba given the merger. On November 18, 2019, while inheriting the purpose of the sister city declaration, Cambridge and Tsukuba have renewed the sister city agreement as a way to achieve more effective collaboration. We have newly identified specific areas of cooperation such as promotion of startups in the business field, education, science, innovation, and industry.

Cambridge is located in eastern Massachusetts, northeast of the United States. It is a city that stretches down the Charles River and is bordered by Boston, with its latitude same as that of Hokkaido in Japan. As one of the earliest colonies in America, it was founded in 1630 and became a city in 1846. The population is about 120,000 (as of July 1, 2018) with the area of about 17 square kilometers.

It has world-renowned research and leading educational institutions such as Harvard University and Massachusetts Institute of Technology. With about 32% of its population engaged in professional and technical jobs and 23% in education-related jobs, it is one of the well-known research cities in the United States.

ミルピタス市(姉妹都市)

写真:ミルピタス市 モニュメントピーク


ミルピタス市との姉妹都市提携は、1996年より当時の茎崎町との間で成立していたものを、合併によりつくば市が引き継ぎました。
ミルピタス市は、サンフランシスコ湾の南端にあり、サンフランシスコ市から70キロメートル南に位置する人口約7万1千人の都市です。面積は35平方キロメートルで、草に覆われた小高い丘と絵のように美しいマウントハミルトンが東に、サンタクララバレーの平野が西に横たわっています。北はフリモント市に、南はカリフォルニア州第3の都市サンノゼ市に接しており、ハイテク産業の中心であるシリコンバレーの入り口になっています。人種構成は多様で、それにともない文化や教育も多様化しています。
市内には、サンフランシスコ湾岸地域で最大のショッピングセンターである「グレートモール」があります。海抜6メートルのミルピタスは温暖な気候に恵まれ、平均気温は摂氏15度、平均年間雨量は約300ミリで春から秋まで雨はほとんど降りません。

※2019年10月に協定事項覚書の期限を迎え、2019年10月6日をもって失効しました。

The City of Milpitas (Sister City)

The sister city relationship with Milpitas was established by the Town of Kukizaki in 1996 and later was succeeded by Tsukuba given the merger.

Milpitas is a city with a population of about 71,000 and located at the southern tip of San Francisco Bay, 70km south of the City of San Francisco. Its area is 35 square kilometers, with grassy hills and picturesque Mount Hamilton lying east and the plains of the Santa Clara Valley lying west. The north of Milpitas borders the City of Fremont and the south borders San Jose, the third largest city in California. Milpitas is the gateway to Silicon Valley, the American center of high-tech industry. The city’s racial and ethnic composition is diverse, and its culture and education reflect its diversity.

 The Great Mall, the largest shopping center in the San Francisco Bay Area, is located in Milpitas. Milpitas, located at 6 meters above sea level, is blessed with a mild climate. Its average temperature is 15 degrees Celsius and average annual rainfall is about 300 mm. It seldom rains from spring to fall.

* Memorandum Of Understanding expired on October 6, 2019.

深セン市(友好都市)

写真:深セン市 都市

深セン市(センは土に川)は、2004年6月に友好都市(=姉妹都市)を締結した都市です。

同市は中華人民共和国広東省に属し、香港の北に位置します。1980年には中華人民共和国初の経済特区に指定され、以来短期間で新興都市として目覚ましい発展を遂げました。現在は高層ビルが林立する、中華人民共和国でも有数の近代都市です。

2018年末時点での常住人口は1,300万人超であり、総面積は1,997.47平方キロメートルです。5月には文化博覧会、11月にはハイテクフェアという中華人民共和国随一のイベントが深セン市で毎年開催されています。(深セン市公式HP参照。)

国家プロジェクトによって計画的に建設されたという点で、つくば市と共通しています。近年はハイテク技術産業を中心に、情報・コンサルタント業、金融業、運輸、物流業の発展に力を注いでいます。

The City of Shenzhen (Friendship City)

Tsukuba established a friendship city relationship with the City of Shenzhen in June 2004.

Shenzhen belongs to Guangdong Province, the People’s Republic of China, and is located north of Hong Kong. In 1980, it was designated as the first special economic zone in China, and since then it has made remarkable progress as an emerging city in a short period of time. Today, it is one of the most modern cities in China with high-rise buildings.

As of the end of 2018, its nighttime population is over 13 million and its total area is 1,997.47 square kilometers. China's largest events such as the International Cultural Industries Fair in May and the High-Tech Fair in November are held every year in Shenzhen. (See Shenzhen City’s official website.)

Shenzhen and Tsukuba have a point in common in that they were both developed systematically under national projects. In recent years, Shenzhen has been focusing especially on the high-tech industry among development of information technology / consulting, financial, transportation, and logistics industries.

ボーフム市(連携合意書締結都市)

写真:ボーフム市


ドイツ連邦共和国ノルトライン=ヴェストファーレン州ボーフム市は、ライン川の東方に位置し、面積約145平方キロメートル、人口約371,000人と、ドイツ国内で16番目に人口の多い都市です。1321年に都市として成立し、1841年に炭鉱が開かれ、ルール工業地帯を代表する工業都市でした。1970年代半ばにすべての炭鉱が閉鎖となり、それ以降、ボーフム大学を含む9つの高等教育機関を中心に、学術振興、最先端技術による都市開発が行われています。2009年には、「ボーフムヘルスケアキャンパス」が開学し、大学、研究機関、ヘルスケアに関する行政機関及び企業が立地するなど、ヘルスケア、サイバーセキュリティ等を駆使したまちづくりが現在行われています。また、2014年に閉鎖されたオペル自動車工場跡地を利用した都市開発にも力を入れています。
さらに、筑波大学発ベンチャーでつくば市に本社をおくサイバーダイン株式会社が、脊髄損傷や脳卒中を含む脳神経筋疾患の患者に対する機能改善治療を目的とした、サイバーダイン・ケア・ロボティックス社を2013年にボーフム市に設立し、欧州市場の拠点となっています。
ボーフム市に立地するボーフム大学と筑波大学は、2007年の都市計画分野の部局間協定、2016年の全学協定締結を経て、これまで都市開発やヘルスケア、プラズマ科学等様々な分野で連携事業を行っています。つくば市とボーフム市は、両大学が築いてきた連携事業を支援するとともに、科学技術の社会実装を通じた社会課題解決や産業展開、持続可能な開発等、都市間の連携を発展させるため、2019年11月25日に連携協定書を締結しました。

The City of Bochum (Partnership Agreement)

The City of Bochum, Nordrhein-Westfalen, Germany, is located in the east of the Rhine river, with an area of about 145 square kilometers and a population of about 371,000. It is the 16th most populous city in Germany and was established as a city in 1321. With the coal mine opening in 1841, it used to be an industrial city representing the Ruhr industrial area. All coal mines were closed in the mid-1970s, but nine higher education institutions, including Rhur University Bochum, are leading academic promotion and urban development with cutting-edge technology since then. In 2009, Healthcare Campus Bochum was established that houses universities, research institutes, public administrations and companies in the health care sector. Bochum now is engaged in town development that makes full use of healthcare, cyber security and so on. Bochum also focuses on urban development using the Opel automobile plant site that was closed in 2014.

Furthermore, Cyberdyne Co., Ltd., a venture led by the University of Tsukuba and headquartered in Tsukuba, established Cyberdyne Care Robotics, Inc. in the City of Bochum in 2013. It was founded for the purpose of functional improvement treatment for patients with cranial neuromuscular diseases including spinal cord injury and cerebral stroke. It functions as their hub for the European market.

Rhur University Bochum and the University of Tsukuba have collaborated in various fields such as urban development, health care, and plasma science. They have signed an agreement for academic exchanges and cooperation in 2007 at the department level, and then it was renewed in 2016 to cover the entire universities. The Cities of Bochum and Tsukuba have concluded a partnership agreement on November 25, 2019 to support the collaborative projects initiated by both universities, and to develop collaboration between the two cities such as solving social issues and industrial development through social implementation of science and technology and sustainable development.

大田広域市(交流協力意向書締結都市)

大韓民国大田広域市


 大韓民国大田広域市は、大韓民国の中央西よりに位置し、国内の主要幹線が交差する要衡都市です。人口は147万人(2019年現在)、面積はつくば市の約2倍となる539.64平方キロメートルで、韓国で5番目の大都市です。

 つくば市とは、平成11年(1999年)10月に「両市の民間(=国際交流協会)同士による交流事業に市が協力する」意味の交流協力意向書を締結しました。締結後には、青少年を中心に、サッカー大会やホームスティなどで交流を図っています。

Daejeon Metropolitan City (Letter of Intent for Exchange and Cooperation)

Daejeon Metropolitan City is in the central west of the Republic of Korea and is located in a strategic point where major domestic highways intersect. This fifth largest city in Korea has a population of 1.47 million (as of 2019) and an area of 539.64 square kilometers, which is about twice that of Tsukuba.

  The two cities signed the Letter of Intent for exchange and cooperation in October 1999, which is meant for both cities to cooperate in exchanges between their private sectors (= international exchange associations). Since then, exchanges are conducted mainly between youths through soccer tournaments and home stays.

このページに関するお問い合わせ

市民部 国際交流室
〒305-8555 つくば市研究学園一丁目1番地1
電話:029-883-1111(代表) ファクス:029-868-7542
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。