ここから本文です。

つくば市スタートアップ戦略

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1005139  更新日 2021年6月22日

印刷 大きな文字で印刷

つくば市スタートアップ戦略とは

「つくば市スタートアップ戦略」とは、新たなビジネスモデルを開拓し急成長を目指す会社(=スタートアップ)の支援を戦略的に推進するため、2018年12月に策定した戦略です。

 実施期間は2022年度までとし、中間年度である2021年3月に内容を改定しました。

ヴィジョン

つくば市スタートアップ戦略のヴィジョン

つくば市は、スタートアップの創出による持続可能なまちづくりに向けて、以下の2つのヴィジョンを掲げ、スタートアップ支援に取り組んでいきます。

  • スタートアップに寄り添うまち「スタンドバイ・スタートアップ」

スタートアップの成長段階に合わせた支援を実施することにより、スタートアップに寄り添い、成長を促進するまちを目指します。

  • 科学技術が社会実装されるまち「ディプロイシティつくば」

スタートアップと研究機関が連携してつくば市にある科学技術を製品・サービスとして市の様々なところで社会実装し、市全体がスタートアップや科学技術ショーケースとなるまちを目指します。

 

基本方針・個別方針

ヴィジョンの実現に向けて、つくば市では以下の2つの成長段階に対する施策を重点的に実施し、これを基本方針とします。また、基本方針に紐づけ、12の個別方針を位置づけています。

  • 基本方針1 新規参入促進(潜在的起業希望期から創造期)

個別方針1 市外への情報発信とパートナーシップの強化

個別方針2 市内への情報発信と参入促進

個別方針3 創業環境の利便性向上

個別方針4 経営ノウハウ共有機会の充実

個別方針5 研究シーズ事業化の後押し

個別方針6 多様な人材の参入促進

  • 基本方針2 事業化期への移行促進(創業期から事業化期)

個別方針7 様々なリソースへのアクセス環境の充実

個別方針8 社会実装による製品・サービスの確立支援

個別方針9 初期ユーザーとのマッチング支援

個別方針10 規制改革に関する提案受付

個別方針11 テクノロジー系スタートアップに特化した成長資金の提供

個別方針12 成長段階に応じたオフィス・工場用地の確保支援

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

政策イノベーション部 スタートアップ推進室
〒305-8555 つくば市研究学園一丁目1番地1
電話:029-883-1111(代表) ファクス:029-868-7640
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。