スーパーシティ型国家戦略特区

更新日:2024年04月12日

ページID: 3853

スーパーシティとは

 スーパーシティとは、AI(人工知能)やビッグデータ(膨大な量の情報の集合体)等の未来技術を活用することで、生活の中の「困りごと」の解決を図り、住民が「住みたい、住み続けたい」と感じるより良い未来社会を実現することを目指し、データの利活用と規制・制度改革を推進し、暮らしを支える様々な最先端サービスを地域に社会実装していく取組です。
つくば市はこれまでの取組や提案が認められ、2022年3月10日に政府から「スーパーシティ型国家戦略特別区域」として区域指定されました。

 詳しくは、以下の内閣府のホームページをご参照ください。

つくば市が目指すスーパーシティ

つくばスーパーサイエンスシティ構想 〜科学で新たな選択肢を、人々に多様な幸せを〜

つくばスーパーサイエンスシティ構想のイラストの画像

 つくば市は、住民のつながりを力にして、大胆な規制改革とともに先端的な技術とサービスを社会実装することで、科学的根拠をもって人々に新たな選択肢を示し、多様な幸せをもたらす大学・国研連携型スーパーシティの実現を目指しています。

つくば市のスーパーシティの取組については、以下をご覧ください。

これまでの取組

  • 2022年3月10日(木曜日)

       国家戦略特別区域諮問会議において、つくば市をスーパーシティ型国家戦略特別区域として区域指定されることが決定

  • 2022年4月12日(火曜日)

       国家戦略特別区域を定める政令の一部を改正する政令の閣議決定により、つくば市がスーパーシティ型国家戦略特別区域に指定

  • 2022年7月15日(金曜日)~7月16日(土曜日)

       つくばスーパーサイエンスシティ構想キックオフイベント

  • 2022年11月11日(金曜日)

       国家戦略特別区域諮問会議において、「つくば市スーパーシティ型国家戦略特別区域」の区域方針が策定

  • 2022年12月18日(日曜日)

       住民説明会

  • 2023年3月16日(木曜日)

       「第1回つくば市スーパーシティ型国家戦略特別区域会議」が開催

  • 2023年11月22日(水曜日)

       スーパーシティ・デジタル田園健康特区フォーラム

  • 2024年3月17日(日曜日)

       つくばスーパーサイエンスシティ構想 進捗報告会

  • 2024年4月1日

       一般社団法人つくばスマートシティ協議会を設立

実証等

これまでの実証を動画でご覧いただけます。

連携体制

  • つくばスマートシティ協議会
  • 協定

       一般社団法人日本経済団体連合会 スーパーサイエンスシティ構想の実現に向けた連携に関する協定(2021年4月7日締結)

       株式会社日本政策投資銀行 つくば市及び株式会社日本政策投資銀行のSociety5.0の実現をテーマとする連携に関する協定(2021年4月14日締結)

       茨城県並木中等教育学校、学校法人茗溪学園茗溪学園中学校高等学校 つくばスーパーサイエンスシティ構想の推進に関する協定(2023年7月20日締結)

つくば市プライバシー影響評価制度(PIA)の検討

「つくばスーパーサイエンスシティ構想」の実現に当たり、データを連携して個人に関する情報を利用するサービスを提供する事業について、情報の取扱いを体系的に評価する仕組みとしてプライバシー影響評価制度(PIA)の制度化を検討しています。

  • 中間とりまとめを公表しました。(2024年4月)
  • 議論の経過

スマートシティの取組

つくば市がこれまで取り組んできたスマートシティ事業も、内閣府のスーパーシティ構想も、地域課題を先端技術を活用して解決し、利便性の高い暮らしやすい街をつくる「スマートシティ」の取組であり、目的は同じものです。つくば市のスマートシティの取組については、以下をご覧ください。

関連情報

この記事に関するお問い合わせ先

政策イノベーション部 科学技術戦略課
〒305-8555 つくば市研究学園一丁目1番地1
電話:029-883-1111(代表) ファクス:029-868-7640

お問い合わせは専用フォームをご利用ください。