ここから本文です。

【令和4年度実証実験】VARYTEX株式会社

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1018572  更新日 2022年11月24日

印刷 大きな文字で印刷

未病対策を加速化する漢方のDXとSaaS開発

概要

 健康寿命を延伸する未病対策を加速化するには、個々の体質や傾向を見える化することが重要です。当社は、「漢方をDXする」日本初の企業として、日本東洋医学会・筑波大学との共同研究を通して、未病を見える化するSaaSを開発・提供し、「自立して生き生きとした生活」のつくばヘルスケア実現に貢献します。

VARYTEX株式会社について

メンバー紹介(動画)

実施内容

11月 第一回モニター募集イベントを開催しました。

場所:ウエルシアつくば桜店

10月 第164回つくば科学・技術産業イニシアティブ講演・意見交換会に登壇しました。

テーマ:伝統をハックする -カンポウで人はもっと幸せになれるか-

講 師: VARYTEX株式会社 代表取締役 平野喜一郎

9月 専門家助言会を開催しました。

國土委員による第1回専門家助言会をZoomにて開催しました。

トライアルのスケジュールや今後の展開について活発な議論が行われました。

専門家助言会の様子
Zoom会議の様子

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

政策イノベーション部 科学技術振興課
〒305-8555 つくば市研究学園一丁目1番地1
電話:029-883-1111(代表) ファクス:029-868-7640
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。