ここから本文です。

スーパーシティ

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1013732  更新日 2021年9月21日

印刷 大きな文字で印刷

スーパーシティとは

 スーパーシティとは、AI(人工知能)やビックデータ(膨大なデータの集合体)等の未来技術を活用することで、生活の中の「困りごと」の解決を図り、住民が「住みたい、住み続けたい」と感じるより良い未来社会を実現することを目指し、データの利活用と規制・制度改革を推進し、暮らしを支える様々な最先端サービスを地域に社会実装していく取組です。
 各自治体が、スーパーシティの構想を内閣府へ申請し、スーパーシティとして区域指定されることで、上記のような取組を行うことができます。

 詳しくは、下記の内閣府のホームページをご参照ください。


つくば市が目指すスーパーシティ

つくばスーパーサイエンスシティ構想 〜科学で新たな選択肢を、人々に多様な幸せを〜

目指す社会

 つくば市は、住民のつながりを力にして、大胆な規制改革とともに先端的な技術とサービスを社会実装することで、科学的根拠をもって人々に新たな選択肢を示し、多様な幸せをもたらす大学・国研連携型スーパーシティの実現を目指しています。

 

 


スーパーシティ型国家戦略特別区域の指定に関する提案

令和3年4月15日(木曜日)、つくば市は、内閣府へ「スーパーシティ型国家戦略特別区域の指定に関する提案書」を提出しました。

 

提案の概要

提案の概要については、下記ファイルをご参照ください。


住民の意向把握の取組

つくば市の方針

 スーパーシティ構想の実現に向けて、公募要領で示されているパブリックコメントや住民説明会等の住民の意向を把握する方法に加え、市長及び職員が地域へ足を運び、住民その他利害関係者の意向を十分に把握しながら進めていく方針(※)です。
  ※「住民の意向については、制度上求められている手続だけでなく、私自身が市民との対話を重ねて把握していきたい。」(令和和2年度3月会派代表質問市長答弁内容一部抜粋)

実施内容

 スーパーシティ提案前の段階においては、住民の意向をしっかりと把握すべく、以下に示す取組を実施し、丁寧な対話を実施してきました。

 

内容 日時 概要
(1) 市民アンケート・インタビュー

令和2年11月〜

12月

つくば市に特徴的な市民(※1)を対象とした意見聴取
(2) つくば市行政経営懇談会 令和2年12月〜
令和3年2月
市民委員を対象とした説明会及び意見交換会
(3) つくば市議会全員協議会 令和3年1月18日 つくば市議会委員を対象とした説明会
(4) パブリックコメント

令和3年1月22日〜

2月22日

市民を対象とした意見募集
(5)

区会会長との面談

(宝陽台・小田)

令和3年1月22日、
令和3年1月28日
特定地域の区長、及び役員との意見交換
(6) オープンハウス 令和3年2月9日〜
令和3年3月23日
市民来場型の市職員との意見交換
(7)

市域全体向け市長キャラバン

(オンライン住民説明会)

令和3年2月15日 つくば市全域を対象としたオンラインライブ配信型の説明会
(8)

小田向け市長キャラバン

(対面住民説明会)

令和3年4月3日

小田住民を対象とした現地訪問型の説明会及び意見交換会

(9)

宝陽台向け市長キャラバン

(対面住民説明会)

令和3年4月3日

宝陽台住民を対象とした現地訪問型の説明会及び意見交換会

※1 国勢調査によるつくば市の人口分布に基づき、「アクティブシニア、大学生、外国人研究者、子育て・共働き」の4つをつくば市に特徴的なペルソナとしました。

住民意見

 寄せられた住民意見に対する回答、及び方針については、以下のファイル及びリンク先をご参照ください。

住民説明会の録画映像(令和2年2月15日YouTube配信)

つくば市スーパーシティ基本方針(案)に関する住民説明会サムネイル

令和3年2月15日(月曜日)に開催したYouTube配信による住民説明会の録画映像は以下の外部リンクよりご覧いただけます。

※映像は13分18秒から開始されます。


スーパーシティ連携事業者の公募

スーパーシティ連携事業者について

Supercity

連携事業者が決定いたしました。選定した連携事業者については、以下のファイルをご参照ください。

今後、今回選定した連携事業者とともに、スーパーシティに関する構想企画立案、その実現に向けて取り組んでまいります。

スーパーシティ連携事業者公募の実施について

スーパーシティ連携事業者の公募は終了しました。
多数のご応募誠にありがとうございました。

 

 

 この度、つくば市とともにスーパーシティに関する構想の企画立案を行い、構想の実現に向けて取り組むパートナーを広く募集いたします。詳しくは、以下の公募要項をご覧ください。

なお、ご提出いただく際には、事業提案の概要を200字以内で記載し、送付いただきますようお願いいたします(メール本文に打ち込んでいただいて構いません)。
既にご提出いただいた事業者様は、個別に依頼させていただきます。

選定スケジュール

期間

内容

令和2年12月7日(月曜日)  公募要項の公表

令和2年12月7日(月曜日)から

12月28日(月曜日)17時15分まで 

 

事業提案書の受付

令和3年1月上中旬 

パートナー決定、ホームページで公表

 参加資格要件等

公募の対象は、法人(大学等(※)を含む。)とします。
※ 大学等:国公私立大学、大学共同利用機関法人、国立試験研究機関、公設試験研究機関、高等専門学校、特殊法人、独立行政法人、公益法人等

関係書類


スマートシティの取組について

つくば市が令和元年度からつくばスマートシティ協議会を中心に取り組んできた国土交通省スマートシティモデル事業も、今回新たに申請を目指す内閣府スーパーシティ構想も、地域課題を先端技術を活用して解決し、利便性の高い暮らしやすい街をつくる「スマートシティ」の取組であり、目的は同じものです。
つくば市のスマートシティの取組については以下をご覧ください。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。