ここから本文です。

廃棄物の野外焼却禁止

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1000860  更新日 2021年5月31日

印刷 大きな文字で印刷

「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」により、廃棄物の野外での焼却は原則禁止とされています。よって、法律の許可基準を満たさない簡易な焼却炉や空き地、ドラム缶、掘った穴などで廃棄物を焼却することはできません。
ただし、風俗習慣上または宗教上の行事を行うための必要な焼却や農業・林業・漁業を営む上でやむを得ない焼却、落ち葉等のたき火その他日常生活を営む上で通常行われるもので、軽微な焼却などは禁止の例外となっています。
ただし、罰則の例外となっている焼却であっても、大量の煙や臭いが発生する・焼却地が住宅地に隣接しているなど、周辺の生活環境に軽微でない影響を与える場合は、行政指導の対象となり、野外焼却の中止指導を行っています。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

生活環境部 環境衛生課
〒305-8555 つくば市研究学園一丁目1番地1
電話:029-883-1111(代表) ファクス:029-868-7592
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。