ここから本文です。

茨城県母子寡婦福祉連合会

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1018457  更新日 2023年1月24日

印刷 大きな文字で印刷

母子家庭等に対する援護と、会員相互の自立更生に努め、幸福で明朗な家庭づくりに努力することを目的として創設された会です。次のような事業を行っています。

令和5年度新入学児童に対する入学祝品の贈呈について

ひとり親家庭(母子・父子家庭)の新入学児童に祝品(学用品)を、県共同募金会の助成により贈呈する予定です。

対象:2023年度に小学校へ入学する児童のひとり親家庭の保護者
贈呈学用品:家庭用学習ノート、鉛筆、色鉛筆などを予定
申込期限:2023年1月6日(金曜日)【申込受付は終了しました】
 ※申請いただいた方には、受け渡し日など追ってご連絡します。
申請方法:申込書をつくば市こども政策課に提出(郵送、メール、FAX、直接)
【問合せ先】
茨城県母子寡婦福祉連合会 TEL:029(221)7505
【提出先】
つくば市こども政策課
FAX:029(828)5624
MAIL:wef040★city.tsukuba.lg.jp
 ★を@に変えてください

母子家庭等自立促進対策事業

ひとり親家庭等の自立促進を支援する取り組みをしています。

母子家庭等自立促進講習会 調剤薬局事務講座

日程:[講義]2022年11月20日 - 2023年1月22日 10:00-16:00(日曜日のみ8日間)
[試験]2023年1月28日(土曜日)
募集人数:20人程度
受講料:無料(テキスト代3,000円、ボランティア保険加入代224円)
試験代:6,500円(自己負担)
申込期限:10月14日(必着)【申込受付は終了しました】
会場:茨城県母子寡婦福祉連合会 ラークハイツ会議室(水戸市八幡町11-52)
対象者:母子家庭の母、父子家庭の父、寡婦(全日程出席でき、今後就労を希望する方)
申込方法:申込書を茨城県母子寡婦福祉連合会母子・父子福祉センターへ郵送またはFAX
交通費:母子家庭等となって7年未満の方で、前年度の所得額が3,010,000円以下の方には修了後に交通費の一部を支給します。
託児:有(2歳児以上小学生まで)※ひとり親家庭等日常生活支援事業の事前登録が必要です。

【問合せ先】
茨城県母子寡婦福祉連合会母子・父子福祉センター(〒310-0065水戸市八幡町11-52)
TEL:029(221)8497 FAX:029(221)8618

日常生活支援事業

母子家庭、父子家庭及び寡婦の方が、就職活動・自立に必要な講習に参加する時や、一時的な疾病、社会的事由等により、一時的に家事や保育等のサービスが必要な場合に、家庭生活支援員の派遣を無料で受けることができます。

母子寡婦福祉小口融資貸付事業

母子家庭及び寡婦の方が、日常生活のうえでお金が必要になったとき、10万円まで無利子で借りることができます(教育用資金については20万円まで)。

住宅支援資金貸付事業【令和3年度新設】

就労を通じた自立に向けて意欲的に取り組む(県南県民センターにおいて母子・父子自立支援プログラムの策定を受けている)、児童扶養手当を受給しているひとり親世帯などに、住居の借り上げに必要となる資金(月上限4万円、最大12カ月分)を無利子で貸し付けます。1年間の就労継続後に貸付金の償還を一括免除します。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

こども部 こども政策課
〒305-8555 つくば市研究学園一丁目1番地1
電話:029-883-1111(代表) ファクス:029-828-5624
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。