ここから本文です。

認知症サポーター

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1001343  更新日 2018年6月25日

印刷 大きな文字で印刷

認知症サポーター

認知症サポーター養成講座

高齢者と子供たちのイラスト

  • 認知症サポーターとは
    認知症サポーター養成講座を受講した方を「認知症サポーター」と呼びます。
    講座を通じて、認知症について正しく理解し、偏見を持たず、認知症の人や家族を温かく支援するのが認知症サポーターの役割です。
    講座で学んだ知識を友人や家族へ伝えていく、認知症の人や家族の気持ちを理解するよう努めるといったことも、サポーターの活動のひとつです。また商店、交通機関や職場など、さまざまな場面でその方を理解し接することも認知症サポーターとしての関わりのひとつです。
  • 認知症サポーター養成講座とは
    自治会、学校、商店、職場、有志の集まりなどに講師(キャラバン・メイト)が出向いて、認知症についての勉強会を実施します。時間は1時間から1時間30分程度です。講座修了後に、認知症サポーターの証である「オレンジリング」をお渡しします。これが認知症の方を支援する「目印」となります。

注意点

  • この講座は、介護方法を学ぶためのものではありません。認知症について正しく理解していただくための講座です。
  • 「キャラバン・メイト」とは、認知症サポーター養成講座の講師をする方のことで専門的な知識があり、キャラバン・メイト養成研修を修了した方です。講師は市職員に限りません。

サポーター養成講座を開催するには

つくば市内に在勤・在住の方を中心とした集まりで10人以上の受講生が集まれば開催可能です。費用は無料ですが、つくば市内に会場をご用意ください。申込を1カ月前までにつくば市地域包括支援センターへご連絡ください。

【講座対象者】

  • 一般市民の方:自治会、シルバークラブ、子ども会、ボランティア団体、サークル、お友達グループなど。
  • 企業関係の方:商工会、同業者組合、金融機関、スーパーマーケット、コンビニエンスストア、タクシー業、警察、郵便局など。
  • 学校関係の方:小学校、中学校、高校、大学、教職員、PTAなど。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

保健福祉部 地域包括支援課
〒305-8555 つくば市研究学園一丁目1番地1
電話:029-883-1111(代表) ファクス:029-868-7638
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。