ここから本文です。

公園施設長寿命化計画

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1001696  更新日 2020年12月4日

印刷 大きな文字で印刷

公園施設長寿命化計画

公園施設長寿命化計画とは

つくば市内に所在する公園の遊具、建築物等について、今後進展する老朽化に対する安全対策の強化、補修、更新の費用を平準化させ、維持管理経費の縮減を図る観点から、既存施設の長寿命化対策及び計画的な補修・改築・更新を行うことを目的としたものです。
計画の策定に際しては、「公園施設長寿命化計画策定指針(案)」(国土交通省都市局公園緑地・景観課)に定められた項目に準じて実施しています。

計画の期間

2015年度から2029年度(15箇年)

計画の対象となる公園

つくば市内に所在する公園のうち、155公園を対象としています。

計画の対象となる施設

園路・広場(橋・デッキ等):810施設

修景施設(日陰だな等):482施設

休養施設(休憩所等):1006施設

遊戯施設(ブランコ・滑り台等の遊具):546施設

運動施設(野球場・テニスコート等附属施設):135施設

管理施設(さく・擁壁等):2582施設

教養施設(景石・モニュメント等):7施設

便益施設(便所等):141施設

公園施設長寿命化計画(平成25年策定:40公園分)

策定した計画は、次のPDFをご覧ください。

公園施設長寿命化計画(令和元年策定:115公園分)

策定した計画は、次のPDFをご覧ください。

社会資本総合整備計画書の公表

つくば市では、公園施設長寿命化計画に基づいて公園内の既存施設を更新していくため、社会資本整備総合交付金(国の交付金)を活用しています。
社会資本整備総合交付金を活用して事業を実施する際には、「社会資本総合整備計画書」(計画期間:概ね3年から5年)を作成後、国土交通大臣へ提出し、公表することになっています。
つくば市では、平成27年度から令和元年度及び令和2年度から令和6年度までの整備計画を作成し、国土交通大臣へ提出しています。

(注1)今後の社会情勢や国から交付される予算規模次第では、計画に記載の事業箇所や実施期間等を変更することもあります。

(注2)計画を策定した時期が平成と令和で混在していますので、西暦等で読替えて御確認ください。

データのご利用に際して

本セクションで公開しているデータは、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスのもとで提供しております。対象データのご利用に際しては、表示されている各ライセンスの利用許諾条項に則ってご利用ください。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

建設部 公園・施設課
〒305-8555 つくば市研究学園一丁目1番地1
電話:029-883-1111(代表) ファクス:029-868-7596
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。