ここから本文です。

【居宅サービス】指定申請(新規・更新)について

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1001796  更新日 2022年4月1日

印刷 大きな文字で印刷

つくば市内に事業所を開設し、介護保険が適用されるサービス事業を行うには、介護保険法に基づき、介護サービス事業者としてつくば市の指定を受けることが必要です。

新規指定の申請を予定する事業者は、申請前に必ず事前協議を行う必要があります。予定するサービスの指定申請の手引きを参照し、事前協議シートを御用意の上、高齢福祉課計画・施設係まで電話にて御予約ください。

申請から指定までの標準処理期間は30日です。事業開始を予定する日の30日前までに事前協議を済ませて、申請書類を全て揃えて提出していただく必要があります。

指定申請の手引き

通所介護等事業所の新規指定に関する取扱いについて

平成31年4月1日から、通所介護事業所、地域密着型通所介護事業所及び第1号通所介護事業所(以下「通所介護等事業所」)を新規指定するにあたり、各日常生活圏域におけるサービス提供量の均衡及び事業所間のサービス提供の均衡を図るとともに、サービスの質を一定に確保するため、次のとおり条件を定めます。

新規指定における条件
介護保険法に基づく指定基準を満たし、次の各号いずれかに該当する通所介護等事業所を新規指定するものとする。なお、定員が45名以上※1の通所介護事業所についてはその周辺の状況も含めて判断する。
※1 定員45名以上の設定根拠については別表1のとおり

  • 次のいずれにも該当すること。
  1. 日常生活圏域ごとに、事業所定員数の合計÷高齢者福祉計画で定める通所介護等事業所のサービス見込量の 値が3.0(人/日)※2を超えないこと。※2 日常生活圏域ごとの現状の数値は別表2のとおり。
  2. パチンコやカードゲーム、麻雀等を行うことに特化したいわゆるカジノ型デイサービスを提供しないこと。
  • 他の通所介護等事業所と比べて特色のある事業を行い、利用者に有益だと認められること。
  • その他市長が適当であると認められること。

事前協議シート

指定更新申請

平成18年4月の介護保険制度改正により、指定事業者の基準適合状況を定期的に確認するため、指定の効力に6年間の期限が設けられています。指定事業者は、指定日から6年を経過する際に指定の更新を受けなければ、有効期限満了により指定の効力を失い、介護報酬の請求ができなくなります。

下記のとおり指定更新の申請を受け付けますので、更新を希望する事業者は、十分に内容を確認のうえ、申請手続きを行ってください。

申請対象事業者

指定の有効期間が満了となる事業者(介護予防サービスも含む)

受付期間及び提出先

受付期間:指定有効期間満了日の2カ月前から1カ月前まで (当日消印有効)

(例)指定有効期限:令和4年3月31日 ⇒ 受付期間:令和4年1月31日から令和4年2月28日まで
※受付期間内に提出されない場合は、更新の手続きができない場合があります。

提出先:〒305-8555
茨城県つくば市研究学園一丁目1番地1
つくば市高齢福祉課 計画・施設係
※郵送可

提出部数

2部(1部は副本として返却いたします。)

提出書類の作成方法等、手続きの詳細は別添「指定更新の手引き」を御確認ください。

申請書類について

申請書、添付書類・チェックリスト、様式等については、下記からダウンロードしてください。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

福祉部 高齢福祉課
〒305-8555 つくば市研究学園一丁目1番地1
電話:029-883-1111(代表) ファクス:029-868-7534
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。