ここから本文です。

つくばR8アイディアソンー周辺市街地で地域づくりのアイディアを実証するー

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1016857  更新日 2023年1月23日

印刷 大きな文字で印刷

地域を元気にするアイディア実行中!

つくばR8アイディアソンで生まれた各チームが、続々ととアイディアを実行しています。
実行の様子などは、Facebookページ「つくばR8」をご覧ください。

各チームの活動状況

北条アースワーク

北条アースワーク展を開催

「北条アースワーク展」は、つくばワイナリーでの葡萄栽培の過程で発生する蔓などの自然素材や廃材を利活用して制作されたアート作品の展示企画を通して、北条の魅力を知ってもらうことを目指した取組です。

12月5日(月曜日)~10日(土曜日)にかけて展示を行い、最終日となる12月10日(土曜日)には交流会も開催しました。交流会では、制作者の皆さんから、作品への想いや制作過程でのエピソードなどを語っていただきました。普段とは違う素材を活用したり、普段は平面作品を制作することが多い方が立体作品に挑戦したりと、作家の皆さんにとっても様々な挑戦があったようです。

会場のつくばワイナリーからは、筑波山、宝篋山や平沢官衙遺跡などを望む風景も楽しむことができ、多くの来場者で賑わいました。

北条アースワーク展の様子

北条アースワーク展の様子

小田から子育て応援隊

親子で地域交流体験ができる「PLAY SCHOOL」を開催

小田チームの「小田から子育て応援隊」は、2022年11月13日(日曜日)に「PLAY SCHOOL@旧つくば市立小田小学校」を開催しました。

この企画は子育てを通じた小田エリアと中心市街地との交流促進を目的として、「食」「音楽」「芸術」「小田の伝統」等の切り口に、乳幼児とその保護者に、多様な遊びを体験する場を提供するものです。

特に食のテーマでは、地域の食材を使ったパウチ型のワンハンド離乳食であるベビーパウチの作成、試食体験を実施しました。ベビーパウチは海外では、いつでもどこでも気軽に食べられる便利な離乳食として、よく食べられているもので、日本でも今後広がっていくことが予想されているものです。

当日は多くの親子が参加し、音楽家による生演奏を聞く、楽器や太鼓で音を出してみる、野菜や土器と触れ合う、手や足に絵の具を塗って大きな紙に色を付ける、影絵を作ってみるといった、五感を存分に使った体験を楽しみました。

プレイスクールの様子

プレイスクールの様子

GO!大曽根

スタンプラリー企画「大曽根・花畑・筑穂マスター」を実施

大曽根チーム「GO!大曽根」では、2022年11月1日(火曜日)~12月11日(日曜日)の期間に、大曽根・花畑・筑穂やその周辺地域を対象としたスタンプラリー企画を実施しました。

スタンプラリーのスポットには、地域のお店や研究所などを設定そ、そこでのアクションによって、獲得できるポイント数が変化する仕組みとして、地域における交流を促進しました。
また、期間中に研究機関等に協力いただき、実験教室や出前講座を開催し、地域の子供たちが、各研究機関等の取組を知る機会をつくりました。

スタンプラリー期間終了後には、賞品抽選会が行われ、獲得したスタンプ数に応じてくじ引きを行い、地域のお店の商品券など「じもとのいいもの」をプレゼントしました。

大曽根チームの活動の様子

大曽根チームの活動の様子

くりーんあっぷさいくる!吉沼

くりーんあっぷさいくる吉沼

吉沼チーム「くりーんあっぷさいくる吉沼」では、環境問題に対する意識啓発を図り、環境美化という側面から吉沼の地域活性化に貢献することを目的に複数の取組が実施します。

2023年1月21日(土曜日)には、産業技術総合研究所の小寺博士を講師に招き、「ケミカルリサイクルとブロックチェーン」をテーマとした勉強会を開催しました。

2023年2月5日(日曜日)には、食と酒の祭りin吉沼に合わせ、ごみ拾い企画「サンポ・デ・ヒロオ!」を開催予定です。また、アート作品の設置により不法投棄の防止を目指す「ごみ0アート展」も実施予定です。

くりーんあっぷさいくる吉沼の取組の様子

GOGO!KAMIGOチーム

生きている食べもの展を開催

上郷チームの「GOGO!KAMIGOチーム」では、2022年10月9日(日曜日)にプレ展示会、11月1日(火曜日)~30日(水曜日)にかけて「生きている食べもの展」を開催しました。

この企画は、上郷で採れる魚や畑で収穫される野菜・果物など、食べものとして消費しているものを展示する企画を実施することで、食文化の理解促進や地元飲食店のPRに貢献することを目指す取組です。

展示では、生き物(動植物)とその調理された状態を現物、パネルなどで展示しました。
また、展示期間中の日曜日には、スタッフが常駐し来場者に展示についての説明を行いました。

生きている食べもの展の様子

生きている食べもの展の様子

さかえほん

絵本の制作・弓矢づくり体験イベントの準備を進めています

栄チーム「さかえほん」では、栄地区の歴史・文化などを題材とした絵本を制作し、イベント等に参加した子供たちに配布することで、地域への愛着の醸成や地域理解の促進に繋げる取組を進めています。

2023年2月12日(日曜日)には、栄地区の一部で現在も行われている流鏑馬文化を参考にした弓矢づくりイベントを開催します。イベント来場者には、チームの皆さんが制作した絵本を配布予定です。

さかえほんのイラストイメージ

IgaTech(イガテック)

地域イベントとのコラボによる科学体験

谷田部チームの「IgaTech(イガテック)」は、3年ぶりに開催された「谷田部市街地のオータムフェア」とコラボレーションしてイベントを盛り上げました。

チーム名の「イガテック」は、江戸時代の谷田部の有名な発明家である「飯塚伊賀七(いいつかいがしち)」の「いが」とつくばらしい「科学技術(テクノロジー)」の「テック」を掛け合わせた造語で、まさに谷田部地域らしい名称です。

地域にある、つくば工科高校の学生達によるロボット体験ゲーム、筑波大学藤田研究室とのコラボによるAR技術を使ったロゲイニングを実施し、子どもから大人まで一緒に楽しめるイベントとなりました。

そして夕方からは、飯塚伊賀七に関する物語のプロジェクションマッピングを投影しました。谷田部の偉人と現代の技術が融合した内容で、壁一面に広がる映像は迫力満点。他では見ることができない貴重なものでした。

プロジェクションマッピングの様子

イガテックの取組の様子

チーム高見原

地域の防災力を上げるキッチンカー子ども食堂を開催

高見原チームの「移動式子ども食堂2.0」は、10月29日(土曜日)に「地域の防災力を上げるキッチンカー子ども食堂」を開催しました。

秋晴れとなった会場では、日本初の防災キッチンカーによる移動式子ども食堂として、災害時などでも水やお湯を注ぐだけで食べることができる「アルファ米」を使ったおにぎりサンドと食材を薄くスライスすることで火が通りやすくしたたっぷり野菜のミネストローネスープ🫕の防災食セットを味わうことができました。

他にも、地元消防団との協働で小学生を対象とした「防災パトロール」を実施。パトロールで発見したことをその場で市長へ報告し対応が検討されることになる他、レクリエーションとして、ドローンの操縦やボスボム作りが体験できるワークショップ企画も開催され、多くの親子で賑わいました。

移動式子ども食堂のイメージ画像

移動式子ども食堂イベントの様子

各地域で実証していくアイディアが決定しました!

2022年7月30日(土曜日)、つくばR8アイディアソンDay4のプログラムを開催し、これまでのプログラムを通じて磨き上げてきたアイディアをチームごとに発表していただき、実証委託費を得て実証に進むチームとその中から優秀賞2チームを決定しました。

また、iriai tempo代表の橋永貴郁(はしながたかふみ)さんにお越しいただき、地域での活動を行おうと思った背景や活動を通しての経験などをお話しいただき、メンターの堀下恭平さんと掛け合いや参加者との質疑応答も交えてのトークセッションも開催しました。

今後は、各チームで発表したアイディアの実現に向けて取組を進めていきます!

審査結果

優秀賞

  • 小田から子育て応援隊
  • IgaTech(イガテック)

採択されたチーム

  • 北条アースワーク
  • 小田から子育て応援隊
  • GO!大曽根
  • くりーんあっぷさいくる!吉沼
  • GOGO!KAMIGOチーム
  • さかえほん
  • IgaTech(イガテック)
  • チーム高見原

各チームのアイディア

北条アースワーク

北条チームの画像

つくばワイナリー等地域の自然資源・環境を知り、それらを活用したアート作品をみんなでつくる活動(Environmental art≒アースワークと表現)を行う。

小田から子育て応援隊

小田チームの画像

小田の食材を活かしたベビーパウチ(吸いながら食べる離乳食のようなもの)の開発を目指しながら、小田でいくつかの子ども向け交流活動を実施することで、中心市街地等と小田との暮らしをつなぐ。

GO!大曽根

大曽根チームの画像

地域への帰属意識を高め「ずっと住みたいまち」になることを目的として、花畑や筑穂という新しい市街地と古くからの住民も多い大曽根との交流を活性化する。農業体験や街歩きスタンプラリーなどを検討している。

くりーんあっぷさいくる!吉沼

吉沼チームの画像

拾ったごみの種類や数に応じてポイントを加算していき、ポイントを多く集めた参加者には、吉沼にちなんだ賞品を贈呈するなど、ごみ拾いにゲーム性を持たせ、環境美化と地域住民の交流促進を図る。

GOGO!KAMIGOチーム

上郷チームの画像

小貝川で採れるナマズ・ウナギ・ドジョウや地元の畑で収穫される野菜・果物など、食べ物として消費している魚・野菜などを、地元の飲食店関係者と連携し、展示する企画を実施することで、食文化の理解促進を図ったり、地元飲食店のPRに貢献する。

さかえほん

栄チームの画像

栄の歴史や文化を参考に、絵本を作成する。また、絵本のストーリーにちなんだまち歩きイベントを開催し、実際に栄の歴史、文化、街並み、名産品などを体験してもらう。他にも、子どもたちへの読み聞かせを行うことで、地域のお年寄りと子どもたちの交流を図る。

IgaTech(イガテック)

谷田部チームの画像

地域の歴史の代名詞、飯塚伊賀七と地域の高校や大学が有するARやプロジェクションマッピング、ロボットといった科学技術とを掛け合わせ、谷田部らしい古今融合のまちをPRする。

チーム高見原

高見原チームの画像

キッチンカーを活用した移動式子ども食堂を中心として地域コミュニティ強化を図ることで地域住民等の交流促進や防災力を高めていく。

Day4の様子

つくばR8アイディアソンDay4の様子

つくばR8アイディアソンDay4の様子

つくばR8アイディアソンDay4の様子

つくばR8アイディアソンDay4の様子

つくばR8アイディアソンDay4の様子

つくばR8アイディアソンDay4の様子

Day3フィールドワーク

各チームで、つくばR8アイディアソンDay3にあたるフィールドワークが行われています!

フィールドワークでは、

  • 実際に地域のスポットを訪れてみる
  • 地域の飲食店でおすすめのグルメを味わい、お店の方にインタビューする
  • 地元の方々から、地域の歴史や文化について学ぶ
  • 周辺市街地活性化協議会の方に、チームで考えているアイディアを投げかけてみてアドバイスをもらう

など、チームによって様々なかたちで実施されています。

実際に足を運んでみることで、アイディアに繋がる新たな発見があったり、地元の方々とのお話の中で地域の状況を知ることができたりと、メンバー同士協力しながら、アイディアのヒントを獲得しています。

フィールドワークを経て、7月30日(土曜日)のDay4で、各チームにアイディアの最終発表をしていただきます!

つくばR8アイディアソンDay3の様子

つくばR8アイディアソンDay3の様子

つくばR8アイディアソンDay3の様子

つくばR8アイディアソンDay3の様子

Day2を開催しました!

2022年6月19日(日曜日)、つくばR8アイディアソンDay2を開催しました!
Day2では、メンバー全員のアイディア発表やチームビルディングを行いました。

アイディア発表では、メンバーの皆さんから、ワクワクする素敵なアイディアをたくさん聞くことができ、地域やこのアイディアソンへの想いを感じることができました。
また、皆さんのアイディアについて、メンターの菅原広豊さん、アドバイザーの蓮見孝先生、西野由希子先生、江本珠理さんから、講評をいただきました。

その後、メンバー・地域の皆さんで投票を行い、選ばれた8つのアイディアを柱として、Day3以降一緒に活動していくチームづくりを行いました。

今後は、チームごとに、フィールドワーク(Day3)などを行い、アイディアを磨き上げていき、7月30日(土曜日)の Day4で、実行プランとしてプレゼン発表していただきます!

Day2の様子

つくばR8アイディアソンDay2の様子

つくばR8アイディアソンDay2の様子

つくばR8アイディアソンDay2の様子

Day1を開催しました!

2022年6月12日(日曜日)、つくばR8アイディアソンDay1を開催しました!

Day1では、堀下恭平さんのナビゲートのもと、参加者の皆さんの自己紹介や周辺市街地を知り、アイディアの種を出し合うワールドカフェなどを行いました。R8の協議会の方にも来ていただき、各地域の紹介をしたり、ワールドカフェでは参加者(メンバー)からの質問にも答えていただいたりしました。

また、菅原広豊さんの講義では、菅原さん自身の“エピソードゼロ”的なお話をしていただき、メンバーの皆さんに、一歩踏み出すことの重要性などを伝えていただきました。
終盤には、茨城大学の西野先生からも、講評をいただきました。

6月19日(日曜日)に行うDay2では、メンバーの皆さんからアイディアを発表していただき、投票で実現に向けて柱となるアイディアを決定していきます!

つくばR8アイディアソン1日目の様子1

ワールドカフェの様子

つくばR8アイディアソン1日目の様子2

つくばR8アイディアソン1日目の様子3

講義で学ぶ×みんなでアイディアを磨く×地域で実践

つくばR8アイディアソンとは

アイディアソンイラスト

周辺市街地を元気にしたい人が集まり、参加者同士がチームとなって地域づくりの企画から実証までを行う実践型プログラムです。アイディア出しに留まらず、審査で選ばれた8つのアイディアには実証委託費が最大30万円支給され、自分たちの力でアイディアの実証に挑戦していただきます。

ワークショップではアイディアの実証に向けて、地域づくりの経験が豊富なメンターや有識者たちによるアドバイスを受けられます。また、個人では難しいと思うことでも、チームで取り組むことで、参加者一人一人の経験や強みを活かしてアイディアの可能性を拡げていくことができます。

※アイディアソンとは、「アイディア」と「マラソン」を組み合わせた造語で、みんなでアイディアを出し合いまとめていく形式のイベントです。

周辺市街地とは?

R8マップ

つくば市には、合併前の旧町村時代から生活の拠点として発展してきた8つの市街地(北条・小田・大曽根・吉沼・上郷・栄・谷田部・高見原)があり、それぞれ今は市の周辺部に位置することから「周辺市街地(愛称:R8)」と呼んでいます。

各地域の情報については、市ホームページおよびfacebook「つくばR8」、Youtubeチャンネル「つくばR8チャンネル」をご参照ください。

応募方法

つくばの8地域の未来、あなたの視点で考えてみませんか?

4日間のプログラムとなっているため、原則すべてにご参加ください。
審査で提案したアイディアが選ばれた場合、チーム代表者としてアイディアの実証に挑戦していただきます。

募集期間
2022年4月11日(月曜日)から2022年5月29日(日曜日)
参加費

無料

ただし、交通費等の参加に関する各種費用は自己負担となります。

募集人数

30名程度

※応募多数の場合、書類選考をすることがあります。応募結果については募集期間後に事務局からご連絡いたします。

募集対象

分野や経験の有無を問わず、多様な人材を募集します。(学生可。未成年の場合、保護者の同意要)

  • 周辺市街地を元気にしてみたい方
  •  地域づくりのアイディアを企画から実現まで実行してみたい方
  • 地域づくりに興味のある人たちと出会いたい方
  • 地域づくりのメンターから学び、実践したい方
  • 地域住民の協力を得ながら、地域づくりをしてみたい方

※ 以下に該当する方は、応募できません。
(ア・イについては、本事業がR8への新規参画を促す目的であるため対象外)
ア.つくばR8地域活性化プランコンペティション採択者
イ.周辺市街地活性化協議会会員
ウ.反社会的勢力と関わりのある者
エ.市税や都道府県税、所得税、法人税及び消費税等の滞納がある者

申込方法

募集要項を確認の上、以下の応募フォームからご応募ください。

https://forms.gle/TBcUqVwHFT8xJYga6

【応募フォームの記入内容】

ア.基本情報(氏名、年齢、連絡先、住所)

イ.応募動機

ウ.具体的にやりたいこと

エ.興味のある地域(複数選択可)

オ.類似体験や得意なこと

留意点

  • 当事業の様子は、広報誌やホームページなどにて一般に公開する可能性がありますので、写真などの掲載について、ご了承いただきますようお願い申し上げます。
  • 応募時にご提出いただく個人情報に関しては、本事業に関する連絡など、運営に使用し、厳重に管理するとともに、本人の許可なく公表はしないものとします。
  • アイディアソンで作り上げたプランの著作権は個人には帰属しないことをご了承ください。
  • 応募期間後に運営事務局から連絡をしますので、「@mikami-web.co.jp」からのメールを受信できるよう、設定をご確認ください。

メンター

メンター

R8ネットワーク有識者

R8ネットワーク有識者

実施スケジュール

月日

場所

内容

4月11日(月曜日)から5月29日(日曜日)

 

募集期間

6月12日(日曜日)

13:00から16:30(予定)

つくば市役所2階201会議室

Day1 地域づくりの先進事例から学ぶ!

  1. 講義
  2. 自己紹介&ワークショップ

6月19日(日曜日)

13:00から17:00(予定)

つくば市役所2階201会議室

Day2 アイディアをブラッシュアップして発表!

  1. アイディア発表準備
  2. 参加者全員によるアイディア発表&投票
  3. 投票・審査 1.結果発表
  4. 交流会にて8つのチームを結成

7月中旬 午後

各周辺市街地

Day3 チームごとに現地フィールドワーク!

対象とする周辺市街地に現地集合し、地域の人たち(協議会)と現地フィールドワーク&ワークショップ

7月30日(土曜日)

13:00から16:30

つくば市役所2階202・203会議室

Day4 最終プラン発表&表彰!

  1. 各チームで発表準備
  2. 最終発表
  3. 審査2.結果発表&表彰式

9月から2月

 

アイディアの実証

2023年2月中旬

 

つくばR8地域会議にて成果発表

2023年3月

  実績報告書提出

※ 新型コロナウィルス感染症の状況により、内容の一部がオンライン開催になる可能性があります。

審査基準

 

評価項目

評価視点

地域性

地域資源をうまく活用するなど、地域らしさのあるアイディアか
地域との連携が図れるアイディアか

企画力

新規性があり、魅力的なものか
市内外に地域の魅力をプロモーションできるアイディアか

実現性

具体的で実現性の高い計画が立てられているか
事業を実施できる体制の見込みがあるか

継続性

実証期間終了後も事業として継続することは可能か
他地域に事業モデルとして波及するなどの発展性はあるか

 

お問い合わせ

運営事務局

つくばR8実証化アイディアソンについては下記までお問い合わせください。

株式会社ミカミ
〒311-4153 茨城県水戸市河和田町4471-45
TEL:029-253-9015
Mail:tsukuba-r8@mikami-web.co.jp

主催

その他のご不明な点は以下までお問い合わせください。

つくば市 都市計画部 周辺市街地振興課

 

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

都市計画部 周辺市街地振興課
〒305-8555 つくば市研究学園一丁目1番地1
電話:029-883-1111(代表) ファクス:029-828-4966
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。