ここから本文です。

つくばR8アイディアソンー周辺市街地で地域づくりのアイディアを実証するー

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1016857  更新日 2022年6月29日

印刷 大きな文字で印刷

参加者募集は、5月29日(日曜日)で締め切りましたが、参加者によって構成されるチームによっては、追加でメンバーを募集しています。
メンバー募集の有無等については、以下をご覧ください。

Day2で結成されたチーム

つくばR8アイディアソンDay2で結成されたチームを紹介します。
※チームの画像は、Day2に撮影したため、メンバー全員が写っていないチームもあります。

北条アースワーク

北条チームの画像

つくばワイナリー等地域の自然資源・環境を知り、それらを活用したアート作品をみんなでつくる活動(Environmental art≒アースワークと表現)を行う。

追加でのメンバー募集状況

求める人材

人数
(1)artに興味があり、葡萄の蔓を使ったグループワークで立体アートを作りたい人
(12月上旬、野外での制作作業になる予定です)
(2)北条の町、環境、自然に興味があるまたは好きな人
(3)積極的に参加メンバーと交流を楽しみたい人
10名程度

 

小田から子育て応援隊

小田チームの画像

まだ育児業界でも珍しい「ベビーパウチ(容器から赤ちゃんが直接吸って食べられる、常温保存可能な離乳食)」を小田の豊かな食材を活かしてつくり、子育て世代の外出や防災対策をサポート。将来的には地域の新しい産業にすることを目指す。開発の各プロセスは常にSNS等で公開しながらすすめ、小田を楽しむ企画とセットの試食会を企画するなど、つくばの親子が観光資源豊かな小田に出会うきっかけをデザインしたい。

追加でのメンバー募集状況

求める人材 人数

どこでつくる、なにを使ってつくる、だれとつくる、どうやってつくる、、まだまだこれからの企画です。 一緒に地域の事業に育てていく仲間を募集します。

・何ができるかわからないけど、赤ちゃんづれの外出や離乳食がもっと手軽になるといいよね!と共感してくださる方

・食品の製造や6次産業化に興味のある方

・離乳食の調理や製造にかかわりたい方

・パッケージデザインをしたい方

・販路開拓に興味のある方

・親子と地域をつなぐイベント企画がしたい方 など

5名程度

 

go_大曽根

大曽根チームの画像

地域への愛着をもち、「ずっと住みたいまち」になることを目標として、花畑や筑穂という新しい市街地と古くからの住民も多い大曽根との交流を活性化する。コンテンツの柱の一つとして農業体験などを検討している。

くりーんあっぷ吉沼

吉沼チームの画像

拾ったごみの種類や数に応じてポイントを加算していき、ポイントを多く集めた参加者には、吉沼にちなんだ賞品を贈呈するなど、ごみ拾いにゲーム性を持たせ、環境美化と地域住民の交流促進を図る。

追加でのメンバー募集状況

求める人材 人数
どなたでも! 特に制限なし

 

生きている食べもの展

上郷チームの画像

小貝川で採れるナマズ・ウナギ・ドジョウや地元の畑で収穫される野菜・果物など、食べ物として消費している魚・野菜などの生きている姿と調理された後の姿を、地元の関係者と連携して展示する企画を実施することで、食文化の理解促進を図ったり、地元飲食店のPRに貢献する。

さかえほん

栄チームの画像

栄の歴史や文化を参考に、絵本を作成する。また、絵本のストーリーにちなんだまち歩きイベントを開催し、実際に栄の歴史、文化、街並み、名産品などを体験してもらう。他にも、子どもたちへの読み聞かせを行うことで、地域のお年寄りと子どもたちの交流を図る。

igatech

谷田部チームの画像

つくばの高校・大学と地域の方々が連携し、谷田部地区で飯塚伊賀七をテーマに活動している劇団とつくばの持つ科学技術を掛け合わせた舞台やイベントの企画運営を行う。飯塚伊賀七を通した地域ブランディングと地域間交流を促進する。

追加でのメンバー募集状況

求める人材 人数
プロジェクションマッピングやAR,VRなどの技術をお持ちの方、事業に興味のある方 若干名

 

チーム高見原

高見原チームの画像

キッチンカーを活用した移動式子ども食堂をベースに、地域住民の交流と健康増進を促進するとともに、地域資源を最大限に活用した魅力あふれるイベントを創出する取り組みを行う。

Day2を開催しました!

2022年6月19日(日曜日)、つくばR8アイディアソンDay2を開催しました!
Day2では、メンバー全員のアイディア発表やチームビルディングを行いました。

アイディア発表では、メンバーの皆さんから、ワクワクする素敵なアイディアをたくさん聞くことができ、地域やこのアイディアソンへの想いを感じることができました。
また、皆さんのアイディアについて、メンターの菅原広豊さん、アドバイザーの蓮見孝先生、西野由希子先生、江本珠理さんから、講評をいただきました。

その後、メンバー・地域の皆さんで投票を行い、選ばれた8つのアイディアを柱として、Day3以降一緒に活動していくチームづくりを行いました。

今後は、チームごとに、フィールドワーク(Day3)などを行い、アイディアを磨き上げていき、7月30日(土曜日)の Day4で、実行プランとしてプレゼン発表していただきます!

Day2の様子

つくばR8アイディアソンDay2の様子

つくばR8アイディアソンDay2の様子

つくばR8アイディアソンDay2の様子

Day1を開催しました!

2022年6月12日(日曜日)、つくばR8アイディアソンDay1を開催しました!

Day1では、堀下恭平さんのナビゲートのもと、参加者の皆さんの自己紹介や周辺市街地を知り、アイディアの種を出し合うワールドカフェなどを行いました。R8の協議会の方にも来ていただき、各地域の紹介をしたり、ワールドカフェでは参加者(メンバー)からの質問にも答えていただいたりしました。

また、菅原広豊さんの講義では、菅原さん自身の“エピソードゼロ”的なお話をしていただき、メンバーの皆さんに、一歩踏み出すことの重要性などを伝えていただきました。
終盤には、茨城大学の西野先生からも、講評をいただきました。

6月19日(日曜日)に行うDay2では、メンバーの皆さんからアイディアを発表していただき、投票で実現に向けて柱となるアイディアを決定していきます!

つくばR8アイディアソン1日目の様子1

ワールドカフェの様子

つくばR8アイディアソン1日目の様子2

つくばR8アイディアソン1日目の様子3

講義で学ぶ×みんなでアイディアを磨く×地域で実践

つくばR8アイディアソンとは

アイディアソンイラスト

周辺市街地を元気にしたい人が集まり、参加者同士がチームとなって地域づくりの企画から実証までを行う実践型プログラムです。アイディア出しに留まらず、審査で選ばれた8つのアイディアには実証委託費が最大30万円支給され、自分たちの力でアイディアの実証に挑戦していただきます。

ワークショップではアイディアの実証に向けて、地域づくりの経験が豊富なメンターや有識者たちによるアドバイスを受けられます。また、個人では難しいと思うことでも、チームで取り組むことで、参加者一人一人の経験や強みを活かしてアイディアの可能性を拡げていくことができます。

※アイディアソンとは、「アイディア」と「マラソン」を組み合わせた造語で、みんなでアイディアを出し合いまとめていく形式のイベントです。

周辺市街地とは?

R8マップ

つくば市には、合併前の旧町村時代から生活の拠点として発展してきた8つの市街地(北条・小田・大曽根・吉沼・上郷・栄・谷田部・高見原)があり、それぞれ今は市の周辺部に位置することから「周辺市街地(愛称:R8)」と呼んでいます。

各地域の情報については、市ホームページおよびfacebook「つくばR8」、Youtubeチャンネル「つくばR8チャンネル」をご参照ください。

応募方法

つくばの8地域の未来、あなたの視点で考えてみませんか?

4日間のプログラムとなっているため、原則すべてにご参加ください。
審査で提案したアイディアが選ばれた場合、チーム代表者としてアイディアの実証に挑戦していただきます。

募集期間
2022年4月11日(月曜日)から2022年5月29日(日曜日)
参加費

無料

ただし、交通費等の参加に関する各種費用は自己負担となります。

募集人数

30名程度

※応募多数の場合、書類選考をすることがあります。応募結果については募集期間後に事務局からご連絡いたします。

募集対象

分野や経験の有無を問わず、多様な人材を募集します。(学生可。未成年の場合、保護者の同意要)

  • 周辺市街地を元気にしてみたい方
  •  地域づくりのアイディアを企画から実現まで実行してみたい方
  • 地域づくりに興味のある人たちと出会いたい方
  • 地域づくりのメンターから学び、実践したい方
  • 地域住民の協力を得ながら、地域づくりをしてみたい方

※ 以下に該当する方は、応募できません。
(ア・イについては、本事業がR8への新規参画を促す目的であるため対象外)
ア.つくばR8地域活性化プランコンペティション採択者
イ.周辺市街地活性化協議会会員
ウ.反社会的勢力と関わりのある者
エ.市税や都道府県税、所得税、法人税及び消費税等の滞納がある者

申込方法

募集要項を確認の上、以下の応募フォームからご応募ください。

https://forms.gle/TBcUqVwHFT8xJYga6

【応募フォームの記入内容】

ア.基本情報(氏名、年齢、連絡先、住所)

イ.応募動機

ウ.具体的にやりたいこと

エ.興味のある地域(複数選択可)

オ.類似体験や得意なこと

留意点

  • 当事業の様子は、広報誌やホームページなどにて一般に公開する可能性がありますので、写真などの掲載について、ご了承いただきますようお願い申し上げます。
  • 応募時にご提出いただく個人情報に関しては、本事業に関する連絡など、運営に使用し、厳重に管理するとともに、本人の許可なく公表はしないものとします。
  • アイディアソンで作り上げたプランの著作権は個人には帰属しないことをご了承ください。
  • 応募期間後に運営事務局から連絡をしますので、「@mikami-web.co.jp」からのメールを受信できるよう、設定をご確認ください。

メンター

メンター

R8ネットワーク有識者

R8ネットワーク有識者

実施スケジュール

月日

場所

内容

4月11日(月曜日)から5月29日(日曜日)

 

募集期間

6月12日(日曜日)

13:00から16:30(予定)

つくば市役所2階201会議室

Day1 地域づくりの先進事例から学ぶ!

  1. 講義
  2. 自己紹介&ワークショップ

6月19日(日曜日)

13:00から17:00(予定)

つくば市役所2階201会議室

Day2 アイディアをブラッシュアップして発表!

  1. アイディア発表準備
  2. 参加者全員によるアイディア発表&投票
  3. 投票・審査 1.結果発表
  4. 交流会にて8つのチームを結成

7月中旬 午後

各周辺市街地

Day3 チームごとに現地フィールドワーク!

対象とする周辺市街地に現地集合し、地域の人たち(協議会)と現地フィールドワーク&ワークショップ

7月30日(土曜日)

13:00から16:30

つくば市内

(調整中)

Day4 最終プラン発表&表彰!

  1. 各チームで発表準備
  2. 最終発表
  3. 審査2.結果発表&表彰式

9月から2月

 

アイディアの実証

2023年2月中旬

 

つくばR8地域会議にて成果発表

2023年3月

  実績報告書提出

※ 新型コロナウィルス感染症の状況により、内容の一部がオンライン開催になる可能性があります。

審査基準

 

評価項目

評価視点

地域性

地域資源をうまく活用するなど、地域らしさのあるアイディアか
地域との連携が図れるアイディアか

企画力

新規性があり、魅力的なものか
市内外に地域の魅力をプロモーションできるアイディアか

実現性

具体的で実現性の高い計画が立てられているか
事業を実施できる体制の見込みがあるか

継続性

実証期間終了後も事業として継続することは可能か
他地域に事業モデルとして波及するなどの発展性はあるか

 

お問い合わせ

運営事務局

つくばR8実証化アイディアソンについては下記までお問い合わせください。

株式会社ミカミ
〒311-4153 茨城県水戸市河和田町4471-45
TEL:029-253-9015
Mail:tsukuba-r8@mikami-web.co.jp

主催

その他のご不明な点は以下までお問い合わせください。

つくば市 都市計画部 周辺市街地振興課

 

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

都市計画部 周辺市街地振興課
〒305-8555 つくば市研究学園一丁目1番地1
電話:029-883-1111(代表) ファクス:029-828-4966
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。