ここから本文です。

新型コロナウイルス感染症で自宅療養されている方へ(2022年12月12日)

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1017804  更新日 2022年12月12日

印刷 大きな文字で印刷

新型コロナウイルス感染症の自宅療養中の相談先、療養期間の目安について

新型コロナウイルス感染症によりご自宅での療養生活にご不安を抱えていることと思います。自宅療養をされいている方には、以下の支援等があります。

ご自宅で療養されるご本人・ご家族の方へ

ご自宅で療養される皆様、家族の方々に茨城県より療養上の留意点が出されています。以下の茨城県のホームページをご確認ください。

【茨城県】陽性者相談センターの設置

ご自宅で療養中の方の相談先として、茨城県では「陽性者相談センター」を新たに設置いたしました。詳細は以下のリンクをご参照ください。

茨城県陽性者相談センター

自宅療養期間について

対象 療養解除の目安
症状がある方

下記(1)から(3)をすべて満たすこと

(1)発症日を0日として7日間が経過していること
(2)服薬していない状態で、症状が軽快していること
(3)症状が軽快してから、24時間以上経過していること

症状がない方

(1)検体採取日を0日として7日間が経過していること
 ※症状のない方は、5日目の検査キットによる検査で陰性を確認した場合には、

  5日間経過後(6日目)に療養解除が可能です。

・症状がある方は10日間、無症状の方は7日間、感染リスクが残存することから、検温などのご自身による健康状態の確認、高齢者等の重症化リスクのある方との接触、ハイリスク施設への不要不急の訪問、感染リスクの高い場所の利用や会食を避けること、マスクを着用する等の自主的な感染予防行動の徹底をお願いします。

・令和4年9月7日より療養期間中の外出自粛について、有症状の場合で症状軽快から24時間経過後又は無症状の場合には、外出時や人と接する際は短時間とし、移動時は公共交通機関を使わないこと、外出時や人と接する際に必ずマスクを着用するなど自主的な感染予防行動を徹底することを前提に、食料品等の買い出しなど必要最小限の外出を行うことは差し支えないこととされています。

詳しくは、以下のリンクをご確認ください。

厚生労働省資料

濃厚接触者の自宅待機期間について

濃厚接触者の方は、陽性者と接触があった日の翌日から5日間は外出自粛となります。自宅待機期間中は健康観察を行い、不要不急の外出をお控えください。(令和4年7月22日から変更)

※ただし、7日間が経過するまでは、検温などご自身の健康状態の確認や、重症化リスクの高い方(高齢者や基礎疾患がある方等)との接触や、重症化リスクの高い方が多く入所・入院する高齢者・障害児者施設や医療機関への不要不急の訪問、感染リスクの高い場所の利用や会食等を避け、マスクを着用する等基本的な感染症予防対策を徹底してください。

詳しくは、以下のリンクをご確認ください。

 

【茨城県】パルスオキシメーターの貸出について

茨城県ではご自宅で療養される方(50歳未満の方は希望者)にパルスオキシメーターの貸出を行っております。貸出を希望される方は、管轄保健所又は県庁健康観察チームにご相談ください。貸出については、以下の茨城県のホームページをご確認ください。

食料品や日用品などの備蓄について

自然災害や自宅療養に備え、食料品や日用品を、日頃から事前に備蓄しておくようにしましょう。
※市では自宅療養者への食料品、日用品、抗原検査キットの配布は行っておりません。

新型コロナウイルス感染症に感染し自宅療養になったときに備え、各家庭で食料や日用品は1週間分を目安として備蓄をしておくことをおすすめします。

家族や知人などからの支援が受けられるか、オンラインストアやネットスーパーの活用方法などについて事前に確認しておきましょう。

このページに関するお問い合わせ

保健部 感染症対策室
〒305-8555 つくば市研究学園一丁目1番地1
電話:029-883-1111(代表)
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。