ここから本文です。

違反対象物の公表制度

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1004464  更新日 2018年11月30日

印刷 大きな文字で印刷

違反対象物の公表制度とは

消防法令に関する重大な違反のある建物(防火対象物)の情報を公表することにより、利用する方が自ら建物の危険性に関する情報を入手し、その建物の利用について判断することで、火災による被害の軽減を図るものです。

公表されている防火対象物一覧

公表の対象となる建物は

娯楽施設、飲食店、物販店、ホテルなど不特定多数の人が利用する建物や、病院や福祉施設など、自力での避難が困難な方を収容する施設を対象とします。

対象となる建物の例のイラスト(飲食店、物販店、ホテル、病院)

公表の対象となる重大な消防法令違反は

消防法によって設置が義務付けられた消防用設備等のうち、「屋内消火栓設備」、「スプリンクラー設備」、「自動火災報知設備」の全て又はいずれかが設置されていない場合、もしくは設置されているが、その主たる機能が失われていると認められる場合です。(例 自動火災報知設備の受信機の故障により、感知器が作動しない等)

屋内消火栓設備、スプリンクラー設備、自動火災報知設備のイラスト

公表の時期は

消防機関が立入検査を行い、その結果を通知した日から14日を経過した日において、なお、公表の対象となる重大な消防法令違反が認められる場合に公表します。
なお、公表予定日の7日前までに、関係者に公表する旨を通知します。

公表の方法は

公表は、つくば市ホームページに掲載します。

公表の内容は

違反が認められた建物の「名称」、「所在地」、「違反の内容」について公表します。
なお、違反の是正が確認された場合は、公表事項を削除します。

建物関係者の方へ

次のような場合には、消防用設備等の設置義務が発生し、重大な消防法令違反になることがありますので、事前に最寄りの消防署にご相談ください。

  • 増築や改築、隣接建物との接続を行うときなど
  • 飲食店、物品販売店、宿泊施設、病院、福祉施設などの用途が新たに入居するときなど
  • 棚などで窓を塞いだり、窓に防犯フィルム等を貼るときなど

違反対象物に係る公表制度のリーフレット

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

消防本部 予防広報課
〒305-0817 つくば市研究学園一丁目1番地1
電話:029-851-2633 ファクス:029-852-1475
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。