ここから本文です。

つくば市徘徊高齢者SOSネットワーク

ページ番号1001346  更新日 平成30年1月18日

印刷 大きな文字で印刷

徘徊高齢者SOSネットワークとは

イラスト:徘徊高齢SOSの流れ

加齢に伴う認知症で,判断力・記憶力が低下し,道に迷ったり,自分の家が分からなくなったりしてしまう高齢者が増えています。
このような徘徊のおそれのある方には,事前につくば市役所(地域包括支援課)に届出をしていただきます。
実際に徘徊が発生した場合には,つくば市と警察が情報共有しながら,在宅介護支援センターや居宅介護支援事業所などの協力機関や,市民の皆様にファクスやメールで行方不明者情報を配信し,早期発見・保護を目指します。

徘徊の心配がある場合:ぜひ事前登録を!

徘徊のおそれがある場合には,徘徊高齢者SOSネットワークに事前に登録しておくことで,徘徊が発生した際,迅速に関係機関に情報提供を行うことができます。早期対応が早期の発見につながりますので,ぜひ事前登録をお願いいたします。

対象者

つくば市在住の認知症および認知症疑いにより徘徊のおそれのある方
(要介護施設等に入所している方も登録可能です)

登録方法

  1. 地域包括支援課の窓口に来ていただくか,ホームページから「事前登録届」をダウンロードしてください。
  2. 事前登録届に必要事項を記入の上,写真を添付して地域包括支援課にご提出ください。
    ※写真は,本人の特徴が分かる胸から上の写真(横60ミリメートル×縦55ミリメートル程度)をご用意ください。
  3. 登録内容に変更,もしくは登録を廃止する場合には「変更(廃止)届」に記入の上,ご提出ください。

行方不明になってしまったら

  1. まず警察に連絡し,行方不明者届を提出してください。
  2. その後,地域包括支援課にご連絡をいただければ,SOSネットワーク協力機関に情報提供を行い,捜索の協力依頼を行います。
  3. 対象者を発見した,もしくは警察署から発見の連絡がありましたら,速やかに地域包括支援課にご連絡ください。関係機関にファクスおよびメール配信し,捜索依頼を解除します。 

「認知症支援メール」の登録希望者を募集しています

「認知症支援メール」とは?

イラスト:認知症支援メール

認知症の方が行方不明になった場合,登録者や事業者に,行方不明になった時の状況,また服装や身体的特徴をメール配信し,可能な範囲で捜索協力をお願いし,早期発見・保護につなげるためのものです。

右の画像のような内容のメールが送られてきますので,見かけたり,お心あたりがある方は,記載してある連絡先にご一報ください。

メール登録の方法

QRコード

  • 方法1.右下のQRコードを携帯電話で読み取り,利用規約に同意して登録してください。
  • 方法2.つくば市役所ホームページの「メールサービス」の「認知症支援メール」をクリックして,利用規約に同意して登録してください。

認知症に関する情報も配信いたします

行方不明者情報のほか,認知症の事業に関する情報やイベントなどの案内をお送りいたします。

例:認知症カフェの開催案内
認知症に関する研修会や講演会の案内
認知症サポーター養成講座など

ご興味あるイベントにぜひご参加ください!お待ちしております。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

保健福祉部 地域包括支援課
〒305-8555 つくば市研究学園一丁目1番地1
電話:029-883-1111(代表) ファクス:029-868-7638
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。