小田協議会

更新日:2024年05月22日

ページID: 18930

小田市街地の特徴

小田の歴史は古く、12世紀末に築城された小田城の跡地周辺に市街地が形成されました。また、国道125号線や複数の県道が集まり交通利便性も高く、旧筑波鉄道廃線を活用した全長40㎞に及ぶ自転車道「つくばりんりんロード」や、登山人気が高まっている宝篋山(小田山)の登山口などがあり観光地としても注目されています。小田城跡歴史ひろばでは年間を通してイベントが行われており、また、複数のNPO団体が地域固有の資源を活用した活動をするなど、地域活動も盛んです。

小田協議会

2019年から2023年8月まで「小田地域まちづくり振興会」が旧小田小学校を活用した交流拠点「小田小交流プラザ」の運営や、宝篋山の登山口に芝桜を植える活動、地域を紹介するマップの制作などに取り組んできました。2023年の9月から、新たに「小田協議会」を発足し、地域づくり活動を引き継いでいます。

マップ

宝篋山麓まちあるきMAP
宝篋山麓まちあるきマップ

宝篋山麓地域にある史跡や店舗を掲載したマップです。

  • 発行=小田地域まちづくり振興会
  • 企画=特定非営利活動法人TSUKKURA
  • 発行年月=2021年3月

この記事に関するお問い合わせ先

都市計画部 周辺市街地振興課
〒305-8555 つくば市研究学園一丁目1番地1
電話:029-883-1111(代表) ファクス:029-828-4966

お問い合わせは専用フォームをご利用ください。