ここから本文です。

市民文化系施設長寿命化計画

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1017865  更新日 2022年6月3日

印刷 大きな文字で印刷

つくば市市民文化系施設長寿命化計画

市民文化系施設長寿命化計画とは

つくば市の文化芸術課所管の市民文化系施設について、「長寿命化」という考え方を取り入れ、効率的なメンテナンスサイクルの構築や、予防保全型の改修・改築の実施により、施設機能を維持しながら、長期的に施設を使用することで、ライフサイクルコストの縮減や、財政負担の軽減及び平準化を図ることを目的に策定しました。

本計画は、「つくば市公共施設等総合管理計画」に基づく、個別施設ごとの具体的な対応方針や長寿命化の実施計画を定めた計画です。

計画の期間

令和4年度(2022年度)から令和13年度(2031年度)まで(10年間)

対象施設

地域交流センター16施設(※)、市民ホール4施設、ふれあいプラザ、働く婦人の家及びノバホール・つくばカピオの計24施設を対象としています。

※吾妻交流センターは令和5年度移転予定のため、対象外とする。

つくば市市民文化系施設長寿命化計画

策定した計画は、次のPDFをご覧ください。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

つくば市役所
〒305-8555 つくば市研究学園一丁目1番地1
電話:029-883-1111(代表)