ここから本文です。

宇宙へ行ったフックン船長のぬいぐるみの一般公開を開始しました

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1015852  更新日 2021年10月1日

印刷 大きな文字で印刷

JAXA野口聡一宇宙飛行士と国際宇宙ステーション(ISS)に滞在

展示場所

フックン船長展示

つくば市役所1階東側正面玄関

フックン船長が宇宙へ行った経緯

ISS内の野口宇宙飛行士とフックン船長

2018年5月18日、野口宇宙飛行士がつくば市役所に表敬訪問され、「JAXA筑波宇宙センターが立地するなど、縁のあるつくばの品を宇宙飛行記念品として宇宙へ持参したい。帰還した暁には、一緒に宇宙旅行を楽しんだ宇宙飛行記念品を市長にお返ししたい」とご提案をいただきました。

これを受け、つくば市では、野口宇宙飛行士を応援するメッセージボードを、つくば市役所やつくば駅前のつくば総合インフォメーションセンターなどに設置し、たくさんの方からエールが寄せられ、2018年8月22日、フックン船長のぬいぐるみに縮小プリントした寄せ書きを縫いつけた「宇宙飛行記念品」を作成・選定し、ISSに向かう野口宇宙飛行士に託しました。

その後、野口宇宙飛行士は民間宇宙船運用初号機に搭乗(2020年11月16日から2021年5月2日)し、4回目となる船外活動を含む様々なミッションを達成し無事帰還しました。

2021年7月20日 フックン船長返還

そして、2021年7月20日、野口宇宙飛行士が再度つくば市役所に表敬訪問をし、市長にフックン船長のぬいぐるみが手渡しで返還されました。

つくば市イメージキャラクター「フックン船長」とは

筑波研究学園都市建設閣議了解50周年を記念して、平成26年2月8日に誕生。市の特徴「自然(フクロウ)」と「科学(ロボット・宇宙飛行士)」をモチーフとした、宇宙飛行士型ふくろうロボット。フックン船長の夢は宇宙に行くことでしたが、今回、その夢が野口宇宙飛行士によって叶いました。

このページに関するお問い合わせ

政策イノベーション部 科学技術振興課
〒305-8555 つくば市研究学園一丁目1番地1
電話:029-883-1111(代表) ファクス:029-868-7640
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。