ここから本文です。

【研究成果の事業化】睡眠ドック(筑波大学附属病院)による睡眠計測検査の開始

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1015139  更新日 2021年6月24日

印刷 大きな文字で印刷

TGIが支援した地域の有望なコア技術が事業化されました

世界中の眠りに悩む人々への睡眠計測検査サービス事業

文部科学省地域イノベーション・エコシステム形成プログラム

つくば市は、茨城県や(一社)つくばグローバル・イノベーション推進機構(TGI)と共に、「つくばイノベーション・エコシステムの構築 ※1」に取り組んでいます。

また、2016年度には、文部科学省補助事業「地域イノベーション・エコシステム形成プログラム ※2」において、茨城県とTGIの提案「つくばイノベーション・エコシステムの構築(医療・先端技術シーズを用いた超スマート社会の創生事業)」が採択され(~2020年度)、以下3つの事業化プロジェクト
(1)次世代(偏光)OCT産業の創造
(2)世界中の眠りに悩む人々への睡眠計測検査サービス事業 ※3
(3)グラフェンスーパーキャパシタによるIoH向け安全蓄電デバイスの事業化
を推進し、つくば市も共同事業として協力してきました。
この度、(2)「世界中の眠りに悩む人々への睡眠計測検査サービス事業」の成果の一つとして、2021年4月から筑波大学附属病院つくば予防医学研究センターで、人間ドックのオプションとして「睡眠ドック」が開始されました。

睡眠ドックの開始

この睡眠ドックは、「自宅でできる検査」が特徴で、5日間の検査により「睡眠不足」や「不眠」の頻度、「睡眠時無呼吸症候群」をはじめとする様々な「睡眠障害」の疑い、「夜間頻尿」や「心の病気」の深刻度などを総合的に調べることができます。
睡眠に関する問題は現代の社会問題のひとつとして認識されつつあり、本睡眠ドックは、その対策の第一歩として期待されています。

本睡眠ドックの詳細は、添付ファイルおよび関連情報をご参照ください。
また、本睡眠ドックにご興味をお持ちの方は、以下、筑波大学附属病院までお問い合わせください。

----------------------------------------------------------------------
[筑波大学附属病院 問合せ先]
筑波大学附属病院つくば予防医学研究センター
電話:029-853-4205(平日9:00~16:00)
----------------------------------------------------------------------

※1:つくばイノベーション・エコシステムの構築
つくば地域の豊富な技術シーズを事業化へと導き、世界に大きなインパクトを与える成功事例を創出するべく、技術シーズの発掘を入口として、育成から出口目標まで一貫した支援を実施します。本取組は、文部科学省補助事業終了後も継続して進めています。

※2:文部科学省補助事業「地域イノベーション・エコシステム形成プログラム」
将来大きなビジネス展開が見込まれる地域の有望なコア技術の事業化によって、新たな国富を創出するとともに、日本型イノベーション・エコシステムの形成と地方創生を実現することを目指す取組です。

※3:世界中の眠りに悩む人々への睡眠計測検査サービス事業
一般医療機関や睡眠に悩む一般ユーザーへ睡眠検査サービスを提供することを目標に、誰でも家庭で容易に使用できる完全自動の高速・高精度睡眠計測システムとして、ヒト脳波自動解析プログラム及び脳波測定デバイスの開発を進めています。

※1・※2・※3の詳細は、関連情報をご参照ください。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

政策イノベーション部 科学技術振興課
〒305-8555 つくば市研究学園一丁目1番地1
電話:029-883-1111(代表) ファクス:029-868-7640
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。