ここから本文です。

G20茨城つくば貿易・デジタル経済大臣会合閉会に係る市長コメントの発表について

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1007692  更新日 2019年6月9日

印刷 大きな文字で印刷

 「G20茨城つくば貿易・デジタル経済大臣会合」が閉会したことに対する市長コメントを以下のとおり発表します。

G20 市長コメント

 「G20茨城つくば貿易・デジタル経済大臣会合」が6月8日、9日の2日間にわたりつくば国際会議場で開催され、関係機関との連携の下、無事に終了しました。

 会期中は世界各国から閣僚のほか、招待国や国際機関の代表、メディアなど1,000人規模の参加者がつくば市を訪れました。歓迎レセプションやカクテルパーティーでは、つくば産の日本酒での乾杯や地元産ワインや常陸小田米、ハム、ブルーベリーなどの食材を使ったおもてなしを行ったほか、市内企業であるCYBERDYNEへの訪問、多くの代表団により市内宿泊施設の利用もされました。

 また、G20貿易・デジタル経済大臣会合の共同声明において、デジタル化を通じたSDGs達成に向けた取組みを推進する旨が示されるなど多くの成果が生まれましたが、持続可能都市を目指すつくば市にとって、つくばの地からこのような素晴らしい成果が世界に発信されたことは大変意義深いことと感じています。

 つくば市では、大臣会合の開催を踏まえ、サイエンスとアートが融合した作品制作や子どもたちのメディアアート体験などを行った「つくばサイエンスハッカソン」、地域におけるデータ利用の推進を目的としたシンポジウム「デジタルシティTSUKUBA2019」、中学生がゲームなどを通じて楽しく貿易を学ぶ「市内中学生対象の貿易に関する授業」などを実施し、G20のレガシー創出を図りました。今回の成果を今後のまちづくりにいかしていきます。

 最後に、大臣会合の開催にあたり、多大なる御支援、御協力をいただきました総務省、外務省、経済産業省、茨城県、推進協議会など関係者の皆様をはじめ、大臣会合受入に御理解、御協力をいただきました市民の皆様に対して厚く御礼申し上げます。

令和元年(2019年)6月9日
つくば市長 五十嵐 立青

このページに関するお問い合わせ

政策イノベーション部 科学技術振興課
〒305-8555 つくば市研究学園一丁目1番地1
電話:029-883-1111(代表) ファクス:029-868-7640
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。