ここから本文です。

ハラール給食を提供してほしいです

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1009901  更新日 2020年3月31日

印刷 大きな文字で印刷

学校でハラール給食を提供していただけないでしょうか。

回答:

つくば市では、1日あたり23,000食を超える給食を、5つの学校給食センター(令和2年度以降は4つ)から各学校・幼稚園等にお届けしており、各給食センターは大量調理のための施設として整備されています。このため、大変心苦しいところではありますが、ハラール等の宗教文化への対応や、多種類のアレルゲンへの対応など、多様な御要望の全てにお応えすることは、現在のところ難しいのが実情です。
つくば市には、非常に多くの国の方々が居住されており、文化・習慣等の違いに基づいた様々な御要望をいただいています。市としては、教育の場において多様な文化や習慣を理解・尊重していくことは、とても大切なことであると認識しております。
このため、つくば市では、宗教文化や食物アレルギー等の理由により普段は給食を食べられない児童生徒が、他の児童生徒と同じ給食を食べられるように、食材等を考慮した特別メニューを提供する「みんなで食べる学校給食の日」の取組を毎年実施しています。

このページに関するお問い合わせ

市長公室 広聴室
〒305-8555 つくば市研究学園一丁目1番地1
電話:029-883-1111(代表) ファクス:029-868-7628
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。