ここから本文です。

市指定燃やせるゴミの袋のサイズの種類を増やしてほしいです

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1009890  更新日 2020年3月31日

印刷 大きな文字で印刷

つくば市の燃やせるごみの指定ゴミ袋のサイズについて、45リットルの大きな袋や、20リットル未満の小さな袋を作ってほしいです。

回答:

<20L未満の指定袋について>
つくば市の指定袋は、市の認定を受けた事業者が製造し小売店に販売しています。
これまで、指定袋の種類は20L、30L、40Lの3種類でしたが、プラスチック製容器包装の分別収集を開始したことで燃やせるごみの量が減少し、より小さいサイズの袋の需要も想定されるため、新たに10Lの袋を新設し、製造・販売を可能としました。

<45Lの指定袋について>
つくば市の40Lの指定袋は実容量45Lであるものの、ガゼット型(マチがあるタイプ)であるため、マチがないタイプに比べ開口部がやや狭く、市販のごみ箱にセットしづらい場合があります。
このことから、従来の40Lの指定袋よりやや大きく、マチがないタイプの袋を45Lとして新設し、従来の40Lの袋と使い分けられるようにする予定です。

このページに関するお問い合わせ

市長公室 広聴室
〒305-8555 つくば市研究学園一丁目1番地1
電話:029-883-1111(代表) ファクス:029-868-7628
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。