ここから本文です。

茨城県まん延防止警戒期間についての市長コメント(2021年3月16日)

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1014436  更新日 2021年3月17日

印刷 大きな文字で印刷

本日、大井川知事が記者会見を行い、「茨城県まん延防止警戒期間」を設定することが発表されました。期間は、令和3年3月21日から4月10日までです。知事からは、この期間について、会食はいつも近くにいる4人まで、お花見は宴会をしない、緊急事態宣言地域やまん延防止等重点措置区域との不要不急の往来は自粛する等の要請がありました。


県内では本日25名の感染者が判明し、つくば市では2名の感染が県から発表されました(うち濃厚接触者1名)。知事からもありましたように、年度末・年度始めは、「人出」や「会食の機会」が増える傾向があります。第4波の発生を防ぐためにも、みなさまにはご負担をお掛けすることをとても申し訳なく思いますが、引き続き感染予防策の徹底にご協力をよろしくお願いいたします。

つくば市長
五十嵐 立青

Mayor's Comment on Period of Vigilance to Prevent the Spread of COVID-19 in Ibaraki Prefecture (March 16, 2021)

 [Provisional translation]

Ibaraki Governor Oigawa held a press conference today and announced that he would set a “Vigilance Period to Prevent the Spread of COVID-19 in Ibaraki Prefecture”. The period will be from March 21 to April 10. The governor requested that during this period, people should not dine in groups larger than four, and these should be people you would usually spend time with. He also requested citizens not to have picnics under cherry blossom trees and to avoid non-essential  travel to and from areas under the state of emergency, as well as designated zones where key preventative measures are in place.

In Ibaraki Prefecture, 25 people were found positive today and in Tsukuba City, there were 2 positive cases (of these, one person was confirmed positive following close contact with infected persons). As the Governor mentioned, the opportunities to go out and dine with other people tend to increase around the end and beginning of the fiscal year. We sincerely apologize for the great inconvenience this may cause for our residents. However, please continue to thoroughly observe preventative measures so that we can prevent a fourth wave of COVID-19.

Tatsuo Igarashi
Mayor of Tsukuba

このページに関するお問い合わせ

保健部 感染症対策室
〒305-8555 つくば市研究学園一丁目1番地1
電話:029-883-1111(代表)
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。