ここから本文です。

茨城県による対応ステージ緩和発表を受けての市長コメント(2020年6月5日)

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1012535  更新日 2020年6月12日

印刷 大きな文字で印刷

本日(6月5日)、大井川知事から来週6月8日から茨城県の新型コロナウイルスへの対応ステージをステージ1へ緩和するとの発表がありました。茨城県ではステージ2において感染リスクの高い業種への休業要請や高齢者等の皆様に外出自粛をお願いしてきましたが、ステージ1への移行に伴いこれらについても解除されることになります。社会経済活動の再開に向けた大きな一歩となりますが、引き続き感染防止の取り組みは気を抜かず、身体的距離の確保、必要な場面でのマスク着用、手洗いの徹底にご協力を宜しくお願いします。

市の施設については、各施設の再開に向けたガイドラインを設け、感染対策を取りながら順次再開しています。また、市の事業やイベントについても、一定の条件の下で順次再開しています。詳細は以下のリンク先をご覧ください。

市立学校は、5月から分散登校を行なってきましたが、6月8日から学校と給食を開始します。安全を確保するために学校再開のガイドラインを感染症の専門医にアドバイスをいただき作成しており、ガイドラインの運用を徹底していきます。幼稚園については6月8日に入園式を行い、翌日から保育を開始します。保育所と児童クラブについては6月から利用自粛のお願いを解除しております。これまでの関係者の皆さまのご協力に感謝申し上げます。

これから新型コロナウイルスの感染リスクがゼロとなる訳ではありませんが、感染拡大を防ぎながら社会経済活動を再開していくことになります。市でも5月に発表した経済対策第一弾(テイクアウト支援、事業者応援チケット等)、第二弾(テナント等賃料補助、雇用促進事業)や市民生活応援事業(70歳以上・18歳以下・障害のある市民への5000円商品券、ひとり親世帯等への3万円給付金)等で市民や事業者の皆様の生活を支えていきます。また、国の一人10万円の特別定額給付金については、5月末までに申請頂いた方についてはデータ等に不備のない限り6月中に入金を完了できるよう準備を進めています。つくば市が新型コロナウイルスの影響を乗り越えていけるよう引き続き全力を尽くしていきますので引き続きよろしくお願いします。

つくば市長 五十嵐 立青

Comment from the Mayor of Tsukuba City following the announcement of easing COVID-19 restriction stages in Ibaraki Prefecture (as of June 5)

[Provisional Translation]

On June 5th, Ibaraki Governor Oigawa announced that the COVID-19 restriction stage would be eased from Stage 2 to 1 from June 8th. During Stage 2, Ibaraki Prefecture has requested businesses with high-infection-risk to suspend business and elderly people to refrain from going out, however, these restrictions will also be lifted as we shift from Stage 2 to 1. This will be a big step towards the restart of socio-economic activities, but I would like to ask for your continued cooperation to prevent infection by keeping safe distance from each other, wearing a mask where necessary, and washing your hands thoroughly.

We will establish the guideline for reopening Tsukuba City’s facilities and will subsequently reopen them while taking infection prevention measures. We will also restart our projects and events under certain conditions. Please refer to the links below for details.

Municipal schools have been holding dispersed (staggered) classes since May, but will resume full classes and school lunch from June 8. To ensure safety, guidelines for reopening school have been drawn up with the advice of an infectious diseases expert, and the school will rigorously implement these guidelines. Kindergartens will hold an entrance ceremony on June 8th, and will open as normal from the following day. While there was a request to refrain where possible from using daycare centers and after-school children’s centers in June, this has now been lifted. Thank you to everybody involved for their cooperation.

Although the infection risk of COVID-19 will still remain, we will be starting the socio-economic activities while taking measures to prevent the spread of infection. Tsukuba City will continue to support livelihood of citizens and business operators with our first economic support project (including take-out support program for restaurants, support program for business owners using advance ticket system, etc.), our second economic support project (including subsidy for tenant rent and employment promotion project), and livelihood support project for citizens (including JPY5,000 gift vouchers for citizens who are over 70-year-old, under 18-year-old, and citizens with disabilities, and JPY30,000 payment for single parent households).

Regarding Special Cash Payment by Japanese Government, we are aiming to complete the payment by the end of June for those who applied by the end of May, as long as there are no errors in the application form. We will continue to do our best to help Tsukuba City and the people will be able to overcome difficulties caused by COVID-19. We kindly ask for your continued support.

 

With sincere gratitude,
Tatsuo Igarashi
Mayor of Tsukuba

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

つくば市役所
〒305-8555 つくば市研究学園一丁目1番地1
電話:029-883-1111(代表)