ここから本文です。

緊急事態宣言拡大に伴う市長コメント(2020年4月16日)

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1012520  更新日 2020年6月12日

印刷 大きな文字で印刷

緊急事態宣言の区域が全国に拡大され、茨城県も対象になりました。つくば市では都市特性を踏まえ、これまでも指定区域に準ずると考えて、すでに警戒レベルを高めてあります。そのため、今回の措置によって市の対応を大きく変更することはありませんが、市民のみなさまにはあらためて:

  1. つくばでの外出は最小限に
  2. 東京都市圏(他の大都市圏も)への移動は控えて
  3. やむを得ず都市圏から帰省する場合は2週間の自宅待機

の3点を強くお願いします。

今、つくばで感染爆発を防げるかどうかは、都市圏からの持ち込み阻止に掛かっていると考えます。どうかみなさまのご協力をよろしくお願いします。

また、今回区域に指定されることによって、茨城県が法律に基づく休業要請を行えるようになります。大井川知事の記者会見によると、休業要請や補償についてはこれから検討とのことでした。非常に重要な点ですので、今後も県と密に情報共有をしていきます。

つくば市長 五十嵐 立青

Expansion of the Emergency Declaration(as of April 16)

[provisional translation]

The area of declared emergency has been expanded to the whole country,including Ibaraki Prefecture.

Considering Tsukuba City's characteristics, we have already raised the alert level to that of the designated area.

Although there are no major changes or new requests to citizens as a result of this measure, we strongly ask you to keep the following again:

  1. Please keep your outings within city to minimum.
  2. Please refrain from traveling to the Greater Tokyo Area.
  3. Please quarantine yourself at home for 2 weeks, if you have no choice but to return home to Tsukuba from the Greater Tokyo Area or other urban area.

I believe that prevention of the virus from the Greater Tokyo Area is the key to curb an explosive spread of infection in Tsukuba.

I again ask for your understanding and cooperation.

Under the state of emergency, the government of Ibaraki prefecture will be able to request business closures based on the law. In the press conference of Ibaraki prefecture today, Governor Oigawa referred that plans of request to business closures and compensation will be discussed.

This is very important situation to stop the explosion of infection, we will continue to communicate closely with the prefecture.

このページに関するお問い合わせ

つくば市役所
〒305-8555 つくば市研究学園一丁目1番地1
電話:029-883-1111(代表)