ここから本文です。

固定資産税・都市計画税の減免

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1001051  更新日 2019年5月20日

印刷 大きな文字で印刷

固定資産税・都市計画税の減免

下記の事情などの特別の事情がある固定資産のうち、市長が必要はあると認めるものについては、固定資産税・都市計画税を減免します。
減免を受けようとする方は、減免申請書に必要書類を添付して提出していただく必要があります。
申請日によって、納期限との関係により、減免額が変わる場合がございますので、お早めに申請をしてください。

詳しくは、資産税課までお問い合わせください。

主な要件

  1. 貧困により生活のために生活保護等の扶助を受ける者が所有する固定資産
  2. 集会施設等、専ら公益のために利用する固定資産(有料で利用しているものを除く)
  3. 災害等により著しく価値を減じた固定資産
  4. その他特別の理由があるもの

詳細な要件は、下記の「つくば市税条例第80条」を御覧ください。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

財務部 資産税課
〒305-8555 つくば市研究学園一丁目1番地1
電話:029-883-1111(代表) ファクス:029-868-7549
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。