ここから本文です。

古紙・古布

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1000832  更新日 2019年6月18日

印刷 大きな文字で印刷

雨の時は、次回の回収日まで保管してから出してくださいますよう、ご理解とご協力をお願いします。
古布は、少しでも濡れてしまうと、カビや異臭が発生して、回収した他の古布にも臭いが移ってしまい、再利用(リユース)や再資源化(リサイクル)できませんので、雨の時は出すのをご遠慮ください。

種類別にひもでしばって出してください。

ごみの出し方
出したいごみは何ですか?
出す前に気をつけてほしいこと
新聞・チラシ ひもでしばる。新聞は新聞店の紙袋やビニール袋でも出せます。
雑誌・本・ノート ひもでしばる。
雑がみ(菓子箱・包装紙等)

紙袋に入れて、口をしばるかテープでふさぐ。新聞や雑誌の間に挟んで出すこともできます。
(雑がみの詳しい情報はページ下部のリンクから、ご参照ください。)

紙パック(牛乳パック等)

開いて水洗いし、臭いの元とならないよう乾燥させてからひもでしばる。
(小さいパックもリサイクルできます)

内側にアルミ箔の付いた紙パックは「燃やせるごみ」へ

ダンボール 1メートル以内に折りたたんでひもでしばる。

衣類・シーツ

ひもでしばる。

綿入りの服は「燃やせるごみ」へ。

毛布 1メートル以内に折りたたんでひもでしばる。ふとんは「粗大ごみ」へ。
  • 地域の集団回収で集めていませんか?
  • 本や雑誌、衣類などは古本屋やフリーマーケットやバザーに出せませんか?
  • 紙パックやダンボールはスーパー等の店頭で回収していませんか? 

古紙・古布に混ぜてはいけないもの

古紙
粘着テープ、セロハン窓付き封筒(セロハン部分を取り除けば出せます)、フィルム、ビニールコート紙、感熱紙、カーボン紙、衣類洗剤の空き箱(臭いが付いているため)など
古布
ふとん、カーペット、綿入りの服など
  • 古布は、雨の時は出さないよう、ご理解とご協力をお願いします。

このページに関するお問い合わせ

生活環境部 環境衛生課
〒305-8555 つくば市研究学園一丁目1番地1
電話:029-883-1111(代表) ファクス:029-868-7592
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。