ここから本文です。

パソコンの出し方

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1000843  更新日 2019年2月20日

印刷 大きな文字で印刷

平成15年10月1日より、資源有効利用促進法により、メーカーによるパソコンの自主回収・リサイクル(再資源化)が始まりました。

また、平成16年7月1日からは自作パソコン等の「回収するメーカー等がないパソコン」についても「パソコン3R推進協会」が受付窓口となり、回収・リサイクルが開始されました。

これに伴い市ではパソコンの収集は行いません。またクリーンセンターへの持ち込みもできません。

 

処分をご希望の場合には、次の2通りの方法があります。

  1. 市と連携協定を結んだ認定事業者のリネットジャパン株式会社が宅配便で回収(無料)
  2. メーカーによる自主回収・リサイクル(一部有料)

パソコンリサイクルの対象となるもの

  • デスクトップパソコン本体
  • ノートブックパソコン
  • ブラウン管(CRT)ディスプレイ
  • 液晶(LCD)ディスプレイ
  • ブラウン管(CRT)ディスプレイ一体型パソコン
  • 液晶(LCD)ディスプレイ一体型パソコン

パソコンリサイクルの総合相談窓口

電話:03-5282-7685(土日祝祭日を除く午前9時~正午、午後1時~5時)
各メーカーの受付窓口も掲載されています。

宅配便での回収方法

宅配便を利用して、パソコン本体(自作パソコンも可)を無料で処分することができます。また、パソコン以外の小型家電製品(携帯電話・デジカメなど400品目)も同梱できます。

お申し込み方法などは、国の認定事業者であるリネットジャパン株式会社のホームページをご参照ください。インターネットでお申し込み後、指定した日時(最短翌日、年中無休)に、ご自宅まで宅配業者が回収に伺います。

回収フロー

(1)申し込み

(2)回収物を詰める (3)宅配業者が回収
リネットジャパンホームページから申し込む

データを消去して、ダンボール箱に詰める

※無料消去ソフトあり

宅配業者が希望日時に自宅へ回収に行く

 

メーカーによる自主回収

A.次のメーカーの場合
株式会社アイ・オー・データ機器、Apple Japan 合同会社、eMachines、インバースネット株式会社、インベンテック開発株式会社、EIZO株式会社、NECディスプレイソリューションズ株式会社、NECパーソナルコンピュータ株式会社、LG Electronics Japan株式会社、沖電気工業株式会社、オンキヨーデジタルソリューションズ株式会社
株式会社グリーンハウス、Gateway
サムスン電子ジャパン株式会社、株式会社サードウエーブデジノス、三洋電機株式会社、株式会社JVCケンウッド、シャープ株式会社、上新電機株式会社、セイコーエプソン株式会社、ソニー株式会社
デル株式会社、株式会社東芝
日本エイサー株式会社、株式会社日本HP
VAIO株式会社、株式会社バッファロー、パナソニック株式会社、株式会社日立製作所、富士通株式会社、株式会社プリンストン、株式会社Project White
三菱電機株式会社、三菱電機インフォメーションネットワーク株式会社
レノボ・ジャパン株式会社、ロジテックINAソリューションズ株式会社
株式会社ワコム

回収方法、料金等の詳細については、お持ちのパソコンのメーカーに直接お問い合わせください。
平成15年10月以降に製造されたパソコンには「PCリサイクルマーク」が付いており、このマークのあるパソコンは無料で回収されます。

B.A以外の場合(自作パソコンや、倒産したメーカーのパソコン等)

パソコン3R推進協会(下記参照)までお問い合わせください。

このページに関するお問い合わせ

生活環境部 環境衛生課
〒305-8555 つくば市研究学園一丁目1番地1
電話:029-883-1111(代表) ファクス:029-868-7592
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。