ここから本文です。

食品ロスを減らしましょう!

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1000857  更新日 2019年8月6日

印刷 大きな文字で印刷

食品ロス削減法公布(令和元年5月31日)

 この度、「食品ロスの削減の推進に関する法律」が成立し、令和元年5月31日に、令和元年法律第19号として公布されました。

 本法は、食品ロスの削減に関し、国、地方公共団体等の責務等を明らかにするとともに、基本方針の策定その他食品ロスの削減に関する施策の基本となる事項を定めること等により、食品ロスの削減を総合的に推進することを目的とし、本年11月30日までに、政令で定める日から施行されることとなります。

食品ロスってなに??

食品ロスとは、食べられるのに捨てられた食品のことです。

家庭から出る食品ロスは、以下の理由により発生します。

  1. 買いすぎ 調理に使いきれずに捨てられたもの
  2. 期限切れ 賞味期限や消費期限が切れて捨てられたもの
  3. 過剰除去 調理のときに食べられる部分が捨てられてたもの
  4. 食べ残し 食べきれずに捨てられたもの

食品ロスの現状

日本の食品ロス発生量 年間621万トン(平成26年度総務省人口推計)

日本では、食べられるのに捨てられている食品ロスは年間621万トン(平成26年度総務省人口推計)。これは、世界全体の食料援助量(約320万トン・平成26年度WFP資料)の約2倍の量に相当します。

食品ロスの約半分は家庭から

621万トンの食品ロスの約半分は、一般家庭からのものです。家庭での1人当たりの食品ロス量は、1年間で約25キログラムと試算されます。茶碗1杯分のご飯の量を150グラムと仮定すると、なんと茶碗160杯以上のごはんの量に相当します。

食品ロスを減らす効果

食品ロスが増えることにより、環境へさまざまな影響を及ぼすことが心配されます。また、子どもたちの心の発達に影響を及ぼすことも心配されます。

そこで、私たちが食品ロスを減らすことにより、どのような効果があるか考えてみましょう。

二酸化炭素排出量の減少

食品ロスが減ることにより、運搬や焼却のために使う化石燃料の使用量が減ります。そうすると、地球温暖化の原因である二酸化炭素の排出量を減らすことができます。

経済効果

食品ロスが減ることにより、運搬や焼却のために使う化石燃料が減り、また、焼却炉の維持管理費を減らすことができ、無駄な支出を減らすという経済効果があります。

世界の食糧不均衡の解消

私たちは輸入食品も食べています。輸入食品の食品ロスを減らすことにより、その分を食糧が不足している国々にまわして、飢餓に苦しむ子どもたちを救うことができます。

バーチャルウォーター(仮想水)の減少

食品を輸入することは、現地の農地で使用した水(バーチャルウォーター)も間接的に輸入することになります。そのため、輸入食品の食品ロスを減らすことは、現地の水を守ることにつながります。

つくば市での取組み

フードバンク活動への支援

フードバンクとは、「食料銀行」を意味する社会福祉活動です。まだ食べられるのに、さまざまな理由で処分されてしまう食品を、食べ物に困っている施設や人に届ける活動のことを言います。

市では、社会福祉協議会と連携し、生活困窮者支援対策の一環として、フードバンク活動を支援しています。

エコクッキング事業

写真:エコクッキングの様子

市内の小中学生及びつくば環境スタイルサポーターズ会員を対象に、調理実習をとおして、料理を「作りすぎない」「すてない」「流さない」をキーワードに、水環境やCO2排出量削減を学び、家庭で実践してもらうため、東京ガス株式会社と連携して実施しています。

食品ロス削減のために

買い物では

  1. 冷蔵庫に保存してある食材のリストを貼っておくなど、食品庫や冷蔵庫の在庫をしっかりと管理しましょう。
  2. まとめ買いはできるだけ避け、必要なものを必要な分だけ購入しましょう。
  3. すぐに食べるものは、賞味期限が近いものを優先的に購入しましょう。
  4. とても食べきれない量を収穫したり、人からもらったときは、早めにおすそ分けしましょう。

料理では

  1. 食材を使い切る調理法を実践しましょう。
  2. 賞味期限と消費期限の違いをしっかりと理解しましょう。
  3. 賞味期限が過ぎてもすぐには捨てず、見た目や臭いで判断しましょう。

賞味期限と消費期限の違いとは

イラスト:賞味期限と消費期限の違い

賞味期限と消費期限
  賞味期限 消費期限
意味 おいしく食べることができる期限 期限を過ぎたら食べない方がよい期限
表示

3カ月を超えると年月

3カ月以内は年月日

年月日
対象 卵・牛乳・ハム・ソーセージ・缶詰・レトルト食品・カップ麺 など 弁当・サンドイッチ・惣菜・ケーキ など

食事では

  1. 好き嫌いをなくして残さず食べましょう
  2. 食べきれなかった料理は保存して、早めに食べましょう
  3. 好き嫌いのある子どもが食べられるように調理を工夫しましょう
  4. 外食では食べきれる量を注文しましょう

それでも出てしまう食品ロスは…

写真:フックン船長

家庭でコンポスターや生ごみ処理機があれば堆肥として利用しましょう

  • 食べ物への感謝の心を大切にして「残さず食べる」「感謝の心を持つ」など食についての習慣を身につけましょう
  • 無理せず、自分のできることから始めましょう

もっと詳しく知りたい方は(外部リンク)

ろすのんイラスト「食べものに、もったいないを、もういちど。NO-FOODLOSS PROJECT」
消費者庁ホームページより 愛称:「ろすのん」

このページに関するお問い合わせ

経済部 農業政策課
〒305-8555 つくば市研究学園一丁目1番地1
電話:029-883-1111(代表) ファクス:029-868-7622
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。