ここから本文です。

行政手続等における押印の見直しについて

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1017932  更新日 2022年9月28日

印刷 大きな文字で印刷

概要

 つくば市では、手続のデジタル化のため、全庁共通の見直し基準を定め、行政手続・内部手続において求めている押印の見直しを行いました。

結果(令和4年9月時点)

 対象数(A) 

押印廃止済数(B)

押印廃止予定数(C)

押印廃止率(((B+C)/A)×100)

1,750

1,593

83

95.8%

【算出条件】

〇対象数(A)

・例規等において押印を求める旨の定めがある(あった)申請書等の数です。

・請求書、契約書など見直しの対象外であった手続は除いています。

〇押印廃止済数(B)

・Aのうち、平成31年(2019年)4月10日(※)以降に押印を1つ以上廃止した申請書等の数です。

※…全庁に対し押印の必要性について見直すよう通知した日であり、今回の一連の押印見直しの開始日

〇廃止予定数(C)

・Aのうち、令和4年度中に押印を廃止する予定である申請書等の数です。

押印廃止済みの手続等の一覧表

各手続の押印見直し結果については、以下の一覧表のとおりです。

押印欄が複数ある申請書等のどの部分が押印不要となったのかなど、各手続における詳細については、各一覧表に記載の担当部署にお問い合わせください。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

総務部 総務課
〒305-8555 つくば市研究学園一丁目1番地1
電話:029-883-1111(代表) ファクス:029-868-7633
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。