ここから本文です。

つくば総合交通体系調査

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1001485  更新日 2019年12月4日

印刷 大きな文字で印刷

平成27年度 つくば総合都市交通体系調査

つくば市では、平成15年度につくばエクスプレス開業後の交通需要を予測し、将来(平成32年度)における交通体系施策の方向性を整理した「つくば総合都市交通体系調査」を策定しました。

その後、平成17年8月につくばエクスプレスが開業し、沿線開発の進展と共に交通量も変化してきました。併せて、平成20年度に「東京都市圏パーソントリップ調査」が実施され、平成23年度に公表されました。

これらに基づき、再度将来目標年度を平成42年度と定め「つくば総合都市交通体系調査」の見直しを行いました。

本見直し以後も研究学園駅周辺をはじめとしたつくばエクスプレス沿線開発地区の整備・開発に伴い、多数の住居、商業、業務施設等の立地が進みました。また、21世紀半ばまでを計画期間とした「つくば市未来構想」の中で、ハブアンドスポーク型都市を支える利便性の高い交通網の構築が示され、その実現を目指した交通サービス及び政策全体の検証並びに方向性の検討が必要になりました。

以上の背景を踏まえ、沿線開発の進捗を踏まえた交通実態の変化と動向、展望を再度検証しつつ、市民ニーズに的確に対応した中で、市の将来像の実現を図るために、平成27年度に「つくば総合都市交通体系調査」を改訂しました。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

都市計画部 総合交通政策課
〒305-8555 つくば市研究学園一丁目1番地1
電話:029-883-1111(代表) ファクス:029-868-7626
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。