ここから本文です。

つくば市安心住宅リフォーム支援補助金※(令和4年度受付件数 46件 6月9日16時現在)

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1011856  更新日 2022年6月9日

印刷 大きな文字で印刷

概要

つくば市では、快適で安全な居住環境の維持向上及び地域経済の活性化を図るため、住宅リフォーム費用の一部を補助します。

この補助金は、申請者が市内に所有し居住する住宅に対して、市内事業者との請負契約により税込み50万円以上のリフォーム工事を行う場合に、工事費用総額の10分の1を補助する制度です(上限10万円)。

令和4年度は、以下の2期に分けて申請を募集します。各期間の申請上限はそれぞれ50件です。

第1期 令和4年(2022年)5月9日(月曜日)から令和4年(2022年)7月29日(金曜日)まで
第2期 令和4年(2022年)8月1日(月曜日)から令和4年(2022年)11月30日(水曜日)まで
【申請に関する注意点】
・補助金を受けるには、リフォーム着工の14日前までに申請し、交付決定を受ける必要があります。
 交付決定前に着手または完了した工事は、補助の対象になりませんのでご注意ください。
 ※申請から交付決定まで2週間程度かかります。
・交付対象の要件すべてを満たす必要がありますので、要件等をよく確認の上、申請してください。
・申請は、つくば市役所3階の住宅政策課窓口へ必要書類を持参してください(郵送による提出は不可)。
・申請書類に不備がある場合は受け付けできません。書類がそろった時点で正式な受付となります。

補助の対象となる要件

1 補助対象者

次のすべてを満たす方が対象となります。

  • 市内に対象物件を所有し、その物件に居住している
  • 市内に住民登録がある
  • 市税を滞納していない
  • 過去にこの補助金を受けたことがない

2 対象となる住宅

居住の用に供する部分を有する既存建築物のうち、次の要件をすべて満たす住宅が対象となります。
※居住部分以外の部分のみを対象とするものを除く

  • 市内に所在すること
  • 昭和56年6月1日以後に建築確認を受けた住宅
  • 昭和56年6月1日より前に建築確認を受けた住宅の場合】
    木造住宅耐震診断などにより耐震性が確保されていることが証明できる住宅
  • 不動産業を営む者、またはこれに類する者が所有する住宅(自己の居住のための住宅を除く。)でないこと
  • この補助金の交付決定を受けてリフォームを行ったことがない住宅

3 対象となる事業

次の要件をすべて満たすリフォーム工事が対象となります。

  • 次の(1)または(2)いずれかに該当する事業者との請負契約により行うもの

    (1)法人の場合

    • 市内に本店を有する
    • 建設業法の規定により建設業の許可(※1)を受けている

    (2)個人事業者の場合

    • 市内に住所を有する
    • リフォームの施工に係る実務経験を原則として10年以上(※2)有する

    ※1 建設業法第3条第1項の規定による国土交通大臣または都道府県知事の許可
    ※2 次の(a)または(b)に当てはまる場合、実務経験は下記の年数で可
     (a)高等学校等でリフォームの施工に係る専門の学科を卒業:5年以上
     (b)大学もしくは高等専門学校でリフォームの施工に係る専門の学科を卒業:3年以上

  • 対象となるリフォーム工事費総額が税込み50万円以上であること
    ※他の補助金等の交付を受けようとする経費を除く
  • リフォームが申請年度の末日までに終了する見込みであること

対象工事の例

  1. 屋根等のふき替え、塗装または防水工事
  2. 外壁の張替え、塗装または防水工事
  3. 床、壁、窓等の断熱改修工事
  4. 床材、内壁材等の内装工事
  5. 台所、浴室、便所等の改修工事
  6. 部屋の間仕切りの変更工事
  7. そのほか市長が適当と認める改修工事

 ※詳しくは、下記のリンクから「対象工事一覧」をご確認ください。

4 補助金額

対象となるリフォームに要した経費に補助率(10%)を乗じた額を補助します。
ただし、補助金額の上限は10万円です。

 補助金額 = 補助対象経費 × 補助率(10%)

 ※補助金額に1,000円未満の端数がある場合は切捨てとします。

5 募集期間

令和4年度は、以下の2期に分けて申請を募集します。各期間の申請上限はそれぞれ50件です。

第1期 令和4年(2022年)5月9日(月曜日)から令和4年(2022年)7月29日(金曜日)まで
第2期 令和4年(2022年)8月1日(月曜日)から令和4年(2022年)11月30日(水曜日)まで

 ※補助対象事業(リフォーム工事)に着手する日の14日前までに申請してください。

 ※募集期間内であっても、申請件数が各期の上限に達した時点で受付を終了します。

 ※申請は、住宅政策課窓口へ必要書類を持参してください(郵送による提出は不可)。


補助金の交付手続き

申請から交付までの流れ

1 交付申請

補助金を申請する場合は、次の書類を提出してください。

  1. つくば市安心住宅リフォーム支援補助金交付申請書(様式第1号)
  2. 住宅の所有者および建築年月日を確認できる書類 ※(a)または(b)のいずれか1つ
    (a)登記済証の写し(通常、住宅の所有者がお持ちです)
    (b)登記事項証明書(法務局で取得できます)
  3. 建築確認を受けた日を確認できる書類 ※(a)または(b)のいずれか1つ
    (a)建築確認済証の写し(通常、住宅の所有者がお持ちです)
    (b)台帳記載事項証明書(市の建築指導課で取得できます)
  4. 昭和56年6月1日より前に建築確認を受けた場合のみ】
    耐震性が確保されていることが証明できる書類(木造住宅耐震診断結果報告書等)
  5. リフォームに係る見積書の写し
    ※明細がわかるものに限る
  6. 住宅全体および施工箇所の施工前の写真
  7. 【対象住宅が共有名義の場合のみ】
    共有者全員の同意書(参考様式あり)
  8. 【リフォームを請け負う者が個人事業者の場合のみ】
    リフォームを請け負う者の経歴書(参考様式あり)

2 実績報告

交付決定の通知を受けた後、リフォーム工事に着手してください。
工事の完了後、20日以内に次の書類を提出し、実績報告を行ってください。

  1. つくば市安心住宅リフォーム支援補助金実績報告書(様式第5号)
  2. リフォームに係る工事の請負契約書または請書の写し
  3. 補助対象経費の支払いを証明する書類(領収書)
    ※明細がわかるものに限る
  4. 施工箇所の施工後の写真

3 請求

交付額確定の通知を受けた後、「つくば市安心住宅リフォーム支援補助金交付請求書」(様式第7号)を提出してください。
請求書を受理後、入金処理を行い登録口座へ振り込みます。


内容に変更等が生じたとき

交付申請後または交付決定後、申請したリフォームの内容等に変更が生じたとき、またはリフォームを中止もしくは廃止しようとするときは、速やかに「つくば市安心住宅リフォーム支援補助金変更・中止・廃止承認申請書」(様式第3号)を提出し、承認を受けてください。


よくある質問

よくある質問について回答しています。申請前に必ずご確認ください。


補助金交付要綱

補助金交付要綱は、以下のリンクからご覧いただけます。申請前にご確認ください。


PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

建設部 住宅政策課
〒305-8555 つくば市研究学園一丁目1番地1
電話:029-883-1111(代表) ファクス:029-868-7642
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。