ここから本文です。

遺伝子組換え作物の栽培に関する情報

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1000693  更新日 2022年5月24日

印刷 大きな文字で印刷

遺伝子組換え関連研究機関リンク

研究内容の詳細につきましては、次の研究機関リンクを御覧ください。

令和4年度(2022年度)遺伝子組換え作物等の栽培の実施について

国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構)

令和4年度(2022年度)遺伝子組換えイネ等の第一種使用等による栽培の実施について、情報提供がありました。(令和4年(2022年)4月22日付)

遺伝子組換えイネ等の田植えの見学についても、下記に掲載する「【お知らせ】令和4年度遺伝子組換えイネ等の栽培開始」に記載されています。

見学を御希望される場合は、記載されている農研機構の連絡先へ、事前に御連絡いただきますようお願い申し上げます。

遺伝子組換え作物等の生育状況について

国立大学法人 筑波大学

令和3年11月より開始している、筑波大学隔離ほ場における第一種使用等による遺伝子組換えセイヨウナタネの栽培実験について、生育状況の情報提供がありました。(令和4年(2022年)3月25日付)

また、平成30年7月より開始している、筑波大学隔離ほ場における第一種使用等による遺伝子組換えアスペンの栽培実験について、生育状況の情報提供がありました。(令和4年(2022年)3月29日付)

上記遺伝子組換えアスペンについて、伐採・伐根の情報提供がありました。(令和4年(2022年)5月11日付)

【詳細については、次の筑波大学のリンクからご確認ください。】

令和4年度(2022年度)遺伝子組換え作物栽培計画

国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構)

令和4年度(2022年度)遺伝子組換えイネ等の第一種使用等による栽培に関する実験計画書の公表及び説明会の開催について、情報提供がありました。(令和4年(2022年)3月28日付)

令和4年度(2022年度)遺伝子組換え作物等の栽培予定について

国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構)

令和4年度(2022年度)農研機構における遺伝子組換え作物等の第一種使用等による栽培の予定について、情報提供がありました。(令和4年(2022年)2月10日付)

国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構)

令和4年度(2022年度)農研機構における遺伝子組換え作物等の第一種使用等による栽培の予定について、作物追加の情報提供がありました。(令和4年(2022年)3月4日付)

令和3年度(2021年度)遺伝子組換え作物等の栽培管理及び交雑調査結果について

国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構)

令和3年度(2021年度)農研機構における遺伝子組換え作物等の栽培管理及び交雑調査結果について、情報提供がありました。(令和4年(2022年)3月16日付)

国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構)

令和3年度(2021年度)農研機構にて実施された遺伝子組換えイネ等の栽培実験結果の公表について情報提供がありました。(令和4年(2022年)4月18日付)

なお、3月に情報提供された実験結果にスケジュール等の情報を追加した資料となっています。

令和3年度(2021年度)遺伝子組換え作物等の収穫予定について

国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構)

令和3年度に実施している、遺伝子組換えイネ等の隔離ほ場における第一種使用等によるシンク能改変イネの栽培実験において、収穫(稲刈り)予定の情報提供がありました。(令和3年(2021年)10月14日付)

国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構)

令和3年度に実施している、遺伝子組換えイネ等の隔離ほ場における第一種使用等による4つの遺伝子組換えイネ等の栽培実験のうち、3つの栽培実験において、収穫(稲刈り)予定の情報提供がありました。(令和3年(2021年)9月10日付)

第一種使用規程申請中の遺伝子組換え作物栽培に関する一般説明会

国立大学法人 筑波大学

遺伝子組換え作物栽培に関する一般説明会について、情報提供がありました。(令和3年(2021年)7月2日付)

【詳細については、次の筑波大学のリンクからご確認ください。】

令和3年度(2021年度)遺伝子組換え作物栽培計画

国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構)

令和3年度(2021年度)遺伝子組換えイネ等の第一種使用等による栽培に関する実験計画書の公表及び説明会の開催について、情報提供がありました。(令和3年(2021年)3月26日付)

【詳細については、次の農研機構のリンクからご確認ください。】

国立大学法人 筑波大学

令和3年度(2021年度)遺伝子組換え作物の栽培計画について、情報提供がありました。(令和3年(2021年)8月30日付)

本栽培計画についての一般説明会は、7月31日に筑波大学にて開催されております。

【今後の栽培状況につきましては、筑波大学遺伝子実験センターのホームページへ掲載予定です。次のリンクからご確認ください。】

令和3年度(2021年度)遺伝子組換え作物栽培計画の一部変更について

国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構)

令和3年度(2021年度)遺伝子組換えイネ等の第一種使用等による栽培に関する実験計画書のうち、シンク能改変イネ栽培実験計画の一部変更について、情報提供がありました。(令和3年(2021年)5月27日付)

令和3年度(2021年度)遺伝子組換え作物等の栽培予定について

国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構)

令和3年度(2021年度)農研機構における遺伝子組換え作物等の第一種使用等による栽培の予定について、情報提供がありました。(令和3年(2021年)1月13日付)

令和3年度(2021年度)遺伝子組換え作物等の栽培の実施について

国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構)

令和3年度(2021年度)遺伝子組換えイネ等の第一種使用等による栽培の実施について、情報提供がありました。(令和3年(2021年)4月23日付)

遺伝子組換えイネ等の田植えの見学についても、下記に掲載する「【お知らせ】令和3年度遺伝子組換えイネ等の栽培開始」に記載されています。

見学を御希望される場合は、記載されている農研機構の連絡先へ、事前に御連絡いただきますようお願い申し上げます。

過去の遺伝子組換え実験計画

過去の実験計画につきましては、次のリンクを御覧ください。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

経済部 農業政策課
〒305-8555 つくば市研究学園一丁目1番地1
電話:029-883-1111(代表) ファクス:029-868-7622
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。