ここから本文です。

遺伝子組換え作物の栽培に係る対応方針

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1000691  更新日 2018年1月5日

印刷 大きな文字で印刷

我が国の最先端研究拠点であるつくば市には、大学や多くの研究機関があり、今後、人類に有用であると思われる遺伝子組換え作物の研究開発や実験栽培が行われています。
一方で、遺伝子組換え作物については、安全性に不安を抱く消費者もおり、また、生産者及び農業団体においては、一般農作物との交雑や混入が起こることや、風評による混乱も懸念されています。
このようなことを踏まえ、国や茨城県の関係部署と連携をとりながら、遺伝子組換え作物の栽培による一般農作物との交雑や混入、風評による混乱を未然に防止し、つくば市農産物に対する消費者の信頼を維持することを目的に平成18年7月12日、この方針を策定しました。

遺伝子組換え作物の栽培に関する届出書様式

遺伝子組換え作物の栽培を計画・変更・中止する際には、届出書の提出をお願いします。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

経済部 農業政策課
〒305-8555 つくば市研究学園一丁目1番地1
電話:029-883-1111(代表) ファクス:029-868-7622
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。