ここから本文です。

つくば市バースセンターで、いいお産

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1001101  更新日 2021年1月29日

印刷 大きな文字で印刷

つくば市では、市民の皆様から要望の高かった出産環境の充実を図るため、筑波大学との連携のもと、快適性と安全性を兼ね備えた「つくば市バースセンター」を、平成25年9月に開設しました。

「つくば市バースセンター」って何?

イラスト:ドクター・市民

開設場所

筑波大学附属病院けやき棟(5階産科病棟)内に6床で開設

バースセンターとは

イラスト:妊婦さん・ファミリー

安全で快適な環境の中で、助産師が中心となり妊産婦の皆さんとコミュニケーションを図りながら、ゆっくり時間をかけて出産や育児に必要な心と身体作りをお手伝いする院内助産システムです。

利用できる方

妊娠経過に異常が無く、リスクの低い妊産婦さんが対象です。

快適で満足な出産

写真:バースセンター分娩室

  • 助産師が中心となり、分娩介助、乳房ケア、授乳介助等のサポートのほか、新生児の観察などを行います。
  • 希望があれば夫立ち会い出産も可能です。
  • 「バースセンター」の内装は木目調の落ち着いた空間で、医療機器等はクローゼットに収納され、家庭的な雰囲気の中で出産ができます。
  • 個室にはトイレとシャワーが完備され、4床室には部屋毎に専用のトイレを設置しています。
  • 妊婦さんの交流の場となるデイルームが整備され、出産後には「ねぎらい膳」を提供します。

写真:個室・デイルーム・ねぎらい膳

安全・安心な出産

写真:総合周産期母子医療センター

  • 妊娠から出産、産褥期にかけて助産師が中心となりサポートしますが、出産時には危険を伴うため、必ず医師が立ち会います。
  • 緊急時の対応として、総合周産期母子医療センターが併設されており、24時間質の高い医療を提供できる環境を備えています。

問い合わせ

筑波大学附属病院(産科外来)

住所:つくば市天久保2-1-1
電話:029-853-3878
受付時間:月曜日、火曜日、木曜日、金曜日 9:00から15:00まで 水曜日 9:00から13:00まで
休診日:土曜日、日曜日、祝日、年末年始

※バースセンターのご利用等に関するお問い合わせは、筑波大学附属病院(産科外来)の医師・助産師にご確認ください。(利用を希望する場合は、お電話の際に必ず「バースセンターを利用したい」旨をお伝えください。)

このページに関するお問い合わせ

保健部 健康増進課
〒305-8555 つくば市研究学園一丁目1番地1
電話:029-883-1111(代表) ファクス:029-868-7535
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。