ここから本文です。

農作業機を装着・けん引した農耕トラクタの公道走行について

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1015814  更新日 2021年9月24日

印刷 大きな文字で印刷

農作業機を装着・けん引した農耕トラクタの公道走行を安全に

農作業機を装着・けん引した農耕トラクタで公道走行する場合には、所有している作業機に灯火器類等の設置等の追加装備を行うなど、保安基準を満たす必要があります。

農業機械の公道走行中の事故では、交差点等の道路で追突を受ける交通事故が最も多く発生しており、安全に公道走行をするためには、後続車からの視認性を向上させる灯火器類等の設置が重要です。

次の各作業機付きトラクタの公道走行資料を参考に、所有している作業機が保安基準を満たしているか、公道走行前にご確認をお願いいたします。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

経済部 農業政策課
〒305-8555 つくば市研究学園一丁目1番地1
電話:029-883-1111(代表) ファクス:029-868-7622
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。