ここから本文です。

農薬(除草剤含む)を使用するときは

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1001743  更新日 2018年1月5日

印刷 大きな文字で印刷

農薬(除草剤含む)の適正な使用を心がけましょう

農薬を使用する際は農薬取締法の基準を遵守することとなっています

学校、保育所、病院、公園等の公共施設、街路樹、住宅地とこれに近接する土地、住宅地に近接する森林等、及び住宅地に隣接した家庭菜園、市民農園を含む農地の管理にあたっては、農薬の飛散を原因とする住民や子ども等への健康被害が生じないようにできるだけ努めることが求められます。
農薬(除草剤含む)を使用する際は、以下のことに特に注意が必要です。 

  1. 農薬を使用するときは、周囲に薬剤が飛び散らないようにする
    薬剤を噴霧する場合、散布ノズルの目が細かいほど、風で飛び散りやすくなります。風向きに注意することはもちろん、飛散を抑制するノズルにしたり、粒状の薬剤を使用したりすれば、さらに飛散を抑えることができます。
  2. 農薬を散布する前に、周囲の方にお知らせをする
    散布する日時、散布する薬剤、使用の目的を事前にお知らせし、周辺住民の方の理解を得られるようにしましょう。
  3. 農林水産省の登録農薬を使用し、決められた希釈倍数や散布回数を守る
    農林水産省の登録農薬には、ラベルに登録番号が記載されています。対象の植物に適用がある薬剤を使用し、使用方法、使用時期、使用回数、使用上の注意をきちんと守ることが大切です。
  4. ガーデニング、家庭菜園などでも気を付けよう
    家庭菜園、庭木、芝生、垣根などに用いるスプレー式の殺虫剤、殺菌剤や除草剤も農薬に含まれます。農林水産省の登録農薬を使用するようにし、使用基準をきちんと守りましょう。また、周辺住民の方への周知や、近隣の住宅地、農地へ薬剤が飛び散らないよう、風向きや散布方法に注意する必要があります。

農薬についての詳しい情報は
以下のホームページ、リーフレットをご参照ください。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

経済部 農業政策課
〒305-8555 つくば市研究学園一丁目1番地1
電話:029-883-1111(代表) ファクス:029-868-7622
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。