ここから本文です。

子連れ出勤を導入してみませんか?

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1007536  更新日 2019年6月13日

印刷 大きな文字で印刷

子連れ出勤とは

子連れ出勤とは、職場に子どもを連れて出勤し、子どもをそばにおいて仕事を行う働き方を中心として、職場に子どもを連れてきて預けたり、自宅でテレワークを行ったり、子連れで働くこと全般を指しています。

 

企業が子連れ出勤を採用する理由

在籍中の社員の離職を防ぐ

在籍中の経験を積んだ女性社員が出産や育児をきっかけに離職してしまうという課題があり、事業所内保育所などの設置は難しい中小企業を中心に、働き続けられる環境の選択肢の一つとして注目が集まっています。

新たな人材を採用できる

企業が子連れ出勤を推進して積極的に発信していくことで、子どもが生まれても働き続けられる環境があるということを求職者へアピールでき、人材の確保につながります。

 

子連れ出勤を導入した企業の声

業界の悪い慣習として、妊娠したら退職という暗黙のルールがあったが、子連れ出勤導入後、従業員に対して「会社は辞めてほしくない」というメッセージを伝えることができ、育休明けの離職率を大きく下げることができた。
パート、アルバイトの募集をしていたが、望む条件の人材の応募が全くなくて困っていた。しかし、子連れ出勤導入後、時給は以前と同じ条件で求める以上の能力を持ったパートの雇用ができた。
子連れ出勤を行う前までは、復職前に子育てと仕事を両立させる環境を整えてからでないと復職できないと気負うあまり退職してしまう従業員が多く、従業員の新規雇用と教育にかかるコストが大きな悩みだった。子連れ出勤導入後は、保育園に入れなかった場合などで、子育てと仕事を両立できる環境がなくても、会社が復職に対して協力できるというメッセージを従業員に伝えることができた。結果、復職前に退職する従業員が減り、新規採用や教育にかけるコストも削減できた。

 

子連れ出勤の導入に向けて

一言で子連れ出勤といっても、子どものそばで働く一般的なやり方に加え、一時託児室型やテレワーク型など様々なパターンがあります。それぞれの業種や勤務形態、事業所等に応じて取り組んでいただけるよう、子連れ出勤の概要をリーフレットにまとめました。

子連れ出勤についてもっと知りたくなったら

子どれ出勤について興味を持っていただき、実際に導入を検討してみたい企業の方に向けて、「子連れ出勤基本マニュアル」を作成しました。子連れ出勤の実施に向けた準備や導入までのポイントを整理した内容となっており、このマニュアルを基本として、それぞれの事業所にあったやり方を採用するためにご活用ください。

また、子連れ出勤の実施方法等に関する質問について、「NPO法人子連れスタイル推進協会」でも回答いたします。

NPO法人子連れスタイル推進協会
電話:029-886-8985
ホームページ:http://kozurestyle.com/

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

こども部 こども政策課
〒305-8555 つくば市研究学園一丁目1番地1
電話:029-883-1111(代表) ファクス:029-828-5624
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。