ここから本文です。

開発登録簿・各種証明書

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1004252  更新日 2018年4月13日

印刷 大きな文字で印刷

開発登録簿・各種証明

内容

 開発登録簿の閲覧、写しの交付や各種証明書の取得方法について記載してあります。

  1. 開発登録簿閲覧について
  2. 各種証明書について

1.開発登録簿について

開発登録簿とは

 都市計画法第46条及び第47条に基づき、開発許可をした土地について、その概要を示した調書及び図面(土地利用計画図)を窓口に備え付けています。
 これは、第三者に対して制限の内容を公開することで違反行為の防止を図ると同時に、一般の第三者が土地等の取引に際して不測の事態を被ることのないようにするためです。

開発登録簿の閲覧及び写しの交付

 どなたでも開発登録簿を閲覧し、又はその写しの交付を受けることができます。
写しの交付の手数料は、用紙1枚につき500円です。
 なお、閲覧又は写しの交付に際し、開発許可年月日及び番号を特定する必要があります。

閲覧交付情報について
閲覧場所 開発指導課窓口
閲覧時間 午前9時から正午まで及び午後1時から午後5時(土曜日、日曜日、祝日等閉庁日を除く)

2.各種証明書について

旧宅造地内証明書について

 旧住宅地造成事業地内であることの証明を行っています。

 手数料は200円となります。

 証明の際に小字を含む詳細な情報が必要となるため、正確な地番がわかるもの(土地の謄本、公図)をお持ちください。

区域指定証明書について

 都市計画法第34条11号区域指定及び12号区域指定の区域内であることの証明を行っております。

 手数料は200円となります。

 証明の際に小字を含む詳細な情報が必要となるため、正確な地番がわかるもの(土地の謄本、公図)をお持ちください。

既存宅地確認台帳記載証明書について

 旧都市計画法第43条第1項第6号ロ(平成13年5月18日廃止)の規定による既存宅地として既存宅地確認台帳に記載されていることを証明します。手数料は200円となります。

 (注意事項)本証明書は、既存宅地確認台帳に記載されている事項を証明したものであり、建築物の建築を許可するものではありません。建築行為を行う場合は、別途、都市計画法等に基づく所要の手続きが必要となります。
 また、台帳記載証明であることから、確認後分筆等で地番が変更になっていた場合も、台帳に記載された情報以外で証明はいたしかねますのでご了承ください。

このページに関するお問い合わせ

都市計画部 開発指導課
〒305-8555 つくば市研究学園一丁目1番地1
電話:029-883-1111(代表) ファクス:029-868-7594
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。