ここから本文です。

空き家等の適正管理は所有者・管理者の責任です

ページ番号1000984  更新日 平成30年1月5日

印刷 大きな文字で印刷

つくば市空き家等適正管理条例について

つくば市空き家等適正管理条例(以下「条例」という)では,空き家等の管理義務者に対して,管理不全にならないように適正な管理を行う義務を定めています。建物等の財産を所有する権利(相続も含む)を有することは,それを管理する義務も有することです。市民の皆さんのご協力をお願いします。
所有者,管理者は,空き家等が周囲の生活環境に悪影響を及ぼさないよう,自らの責任において適正な管理を行ってください。
空き家等が管理不全な状態である場合,市は,空き家等の所有者等に対して,条例に基づき必要な措置を講じていきます。

対象となる空き家等とは 

市内に所在する建築物で,居住者がいない状態にあるものとその敷地。

管理不全な状態とは 

  1. 老朽化や台風,地震等の自然災害によって,建築物が倒壊し,または建築物に用いられた建築材料が飛散したりはく落することにより,当該建築物の敷地外において人の生命や財産に被害を与える恐れがある状態。
  2. 建築物に不特定の者が侵入することにより犯罪が誘発される恐れがある状態。
  3. 建築物の敷地内にある樹木や雑草が繁茂し,放置され,当該敷地の周辺の生活環境の保全に支障を及ぼす状態。

市民の皆さんは空き家等が管理不全な状態であると認めるときには,報告書(様式第1号)を用いて,その旨を報告することが出来ます。

流れについて

フロー図:対応の流れ

※所有者等が特定できない場合,「つくば市空き家等適正管理条例」による対応は困難となる恐れがあります。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

建設部 空き家対策室
〒305-8555 つくば市研究学園一丁目1番地1
電話:029-883-1111(代表) ファクス:029-868-7597
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。