ここから本文です。

市が所有する施設の耐震状況

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1002040  更新日 平成30年7月27日

印刷 大きな文字で印刷

つくば市では、大地震が発生した場合の人的被害及び経済被害を軽減させるため、平成20年3月に「つくば市耐震改修促進計画」を策定し、昭和56年以前の旧耐震基準で建築された建築物の耐震化*1を促進しております。
市が所有する施設における平成30年3月31日現在の耐震化率については、特定建築物等は100パーセントとなっており、つくば市地域防災計画(平成27年11月改定)により指定された避難所は89パーセントとなっております。

※1 耐震化:建築物の地震に対する安全性の向上を図るために耐震改修などの工事を行うことです。
※2 特定建築物等:耐震改修促進法に基づき、多数の者が利用する用途(学校、幼稚園、保育所、福祉施設、庁舎及び市営住宅など)でかつ一定規模以上の建築物をいいます。

公表の対象施設(合計269棟)

市が所有する施設については、特定建築物等、つくば市地域防災計画の改定による「指定避難所」とこの計画の改定前の「災害時の活動拠点及び避難所」のうち「指定避難所以外」をその他として区分し公表します。

  1. 特定建築物等(104棟)
  2. 指定避難所(87棟)
  3. その他(78棟)

耐震状況 (平成30年3月31日時点の状況)

各施設区分の耐震状況リスト

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

都市計画部 建築指導課
〒305-8555 つくば市研究学園一丁目1番地1
電話:029-883-1111(代表) ファクス:029-868-7593
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。