ここから本文です。

水道水への放射線の影響

ページ番号1000891  更新日 平成30年2月13日

印刷 大きな文字で印刷

水道水中の放射性物質に係る指標等

平成24年4月1日より水道水中の放射性物質に係る指標が見直しされ,水道水中における放射性セシウム(セシウム134及び137の合計)の目標値が10ベクレル/kgと設定されました。

水道水中の放射性物質測定結果

福島第一原発事故に伴う水道水への放射性物質の影響について,定期的にモニタリングしている測定結果をお知らせします。
測定結果については,放射性セシウム134及び137とも不検出ですので,安心してご利用ください。

1 茨城県企業局の霞ヶ浦浄水場での測定結果

つくば市の上水道のほとんど(約98%)は,霞ヶ浦浄水場の浄水を水道水としています。そのモニタリングの結果は,次のとおりです。

浄水場名   採水日 放射性セシウム134 放射性セシウム137

県南水道事務所

(霞ヶ浦浄水場)

平成29年12月18日

不検出 不検出

県南水道事務所

(霞ヶ浦浄水場)

平成29年12月25日

不検出 不検出

県南水道事務所

(霞ヶ浦浄水場)

平成30年1月9日

不検出 不検出

県南水道事務所

(霞ヶ浦浄水場)

平成30年1月15日

不検出 不検出

県南水道事務所

(霞ヶ浦浄水場)

平成30年1月22日

不検出 不検出

県南水道事務所

(霞ヶ浦浄水場)

平成30年1月29日

不検出 不検出

単位:ベクレル/kg

2 つくば市の各浄水場での測定結果

つくば市の一部地域(旧桜,旧筑波地区の一部)の上水道は,霞ヶ浦浄水場の水道水につくば市が浄水処理した地下水を混ぜています。
つくば市では,市の浄水場の地下水(原水)に関しましても,放射性物質のモニタリングをしています。その結果は,次のとおりです。

浄水場名 採水日 放射性セシウム134 放射性セシウム137

大根山浄水場(旧筑波地区の一部)

平成29年4月19日 不検出 不検出

大根山浄水場(旧筑波地区の一部)

平成29年7月19日 不検出 不検出

大根山浄水場(旧筑波地区の一部)

平成29年10月20日 不検出 不検出

大根山浄水場(旧筑波地区の一部)

平成30年1月17日

不検出

不検出

単位:ベクレル/kg

※水道水中の目標値 10ベクレル/kg
※「不検出」とは,検出限界値を下回ったことを示すものであり, 放射性セシウム134及び137とも,それぞれ概ね1ベクレル/kgです。
※次回の放射性物質のモニタリングは,平成30年4月中に行う予定です。
※上境浄水場は平成27年4月,大貫浄水場は平成28年9月より休止しています。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

生活環境部水道監視センター
〒305-0816 つくば市学園の森3丁目50番地4
電話:029-851-3265 ファクス:029-851-3264
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。

生活環境部水道総務課
〒305-8555 つくば市研究学園一丁目1番地1
電話:029-883-1111(代表) ファクス:029-868-7618
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。