ここから本文です。

市内河川における放射性物質測定結果

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1000662  更新日 平成30年10月11日

印刷 大きな文字で印刷

つくば市内の河川について、水質および底質の放射性物質濃度の測定をしましたので、その結果を報告します。

測定結果【平成29年度】

水質

検体種別:河川水
採取地点
河川名【地点名】
採取日 天候 全水深(m) 一般項目
採水深
一般項目
透視度(cm)
一般項目
電気伝導度(mS/m)
一般項目
SS(mg/L)
一般項目
濁度(度)
放射性物質濃度(Bq/L)
セシウム134
放射性物質濃度(Bq/L)
セシウム137
桜川【禊橋】 平成30年2月16日 0.55 表層 >50 21 3 1.8 <1 <1
桜川【君島橋】 平成30年2月16日 0.17 表層 >50 22 4 2.3 <1 <1
花室川【大池橋】 平成30年2月16日 0.17 表層 30 24 8 12 <1 <1
花室川【下広岡橋】 平成30年2月16日 0.92 表層 >50 29 7 4.4 <1 <1
小野川【大井橋】 平成30年2月16日 0.11 表層 >50 32 6 3.2 <1 <1
谷田川【高丸橋】 平成30年2月16日 0.15 表層 >50 29 3 2.8 <1 <1
西谷田川【角内橋】 平成30年2月16日 0.24 表層 >50 28 2 1.5 <1 <1
西谷田川【新橋】 平成30年2月16日 1.95 表層 >50 28 5 1.8 <1 <1
蓮沼川【平塚橋】 平成30年2月16日 0.18 表層 >50 27 6 2.2 <1 <1

※採取方法:橋上もしくは河岸からバケツ等により採取
※測定方法:ゲルマニウム半導体検出器を用いたガンマ線スペクトロメトリーによる核種分析
※定量下限値:<1ベクレル/リットル

 

底質

検体種別:底泥
採取地点
河川名【地点名】
採取日 天候 全水深(m) 一般項目
採泥深(cm)
一般項目
含泥率(%)
一般項目
性状

放射性物質濃度(Bq/kg(乾泥))

セシウム134

放射性物質濃度(Bq/kg(乾泥))

セシウム137

放射性物質濃度(Bq/kg(乾泥))

合計

桜川【禊橋】 平成30年2月16日 0.55 10 82.6 砂・礫 <5.0 <5.3 -
桜川【君島橋】 平成30年2月16日 0.17 10 77.3 砂・礫 <4.7 <5.5 -
花室川【大池橋】 平成30年2月16日 0.17 10 69.8 14 110 124
花室川【下広岡橋】 平成30年2月16日 0.92 10 59.9 砂・泥 33 330 363
小野川【大井橋】 平成30年2月16日 0.11 10 70.1 14 120 134
谷田川【高丸橋】 平成30年2月16日 0.15 10 51.3 14 150 164
西谷田川【角内橋】 平成30年2月16日 0.24 10 69.1 <6.5 68 68
西谷田川【新橋】 平成30年2月16日 1.95 10 55.8 <7.6 110 110
蓮沼川【平塚橋】 平成30年2月16日 0.18 10 72.3 砂・泥 8.2 55 63

※採取方法:河岸からスコップ等により採取(3回採泥し混合)
※測定方法:ゲルマニウム半導体検出器を用いたガンマ線スペクトロメトリーによる核種分析

測定結果【平成28年度】

水質

検体種別:河川水
採取地点
河川名【地点名】
採取日 天候 全水深(m) 一般項目
採水深
一般項目
透視度(cm)
一般項目
電気伝導度(mS/m)
一般項目
SS(mg/L)
一般項目
濁度(度)
放射性物質濃度(Bq/L)
セシウム134
放射性物質濃度(Bq/L)
セシウム137
桜川【禊橋】 平成29年1月12日 0.30 表層 >50 22 2 1.5 <1 <1
桜川【君島橋】 平成29年1月12日 1.50 表層 >50 22 3 2.0 <1 <1
花室川【大池橋】 平成29年1月12日 0.30 表層 >50 22 6 8.4 <1 <1
花室川【下広岡橋】 平成29年1月12日 1.00 表層 >50 26 2 2.0 <1 <1
小野川【大井橋】 平成29年1月12日 0.30 表層 >50 27 3 1.1 <1 <1
谷田川【高丸橋】 平成29年1月12日 0.40 表層 >50 28 1 0.8 <1 <1
西谷田川【角内橋】 平成29年1月12日 0.40 表層 >50 27 2 1.0 <1 <1
西谷田川【新橋】 平成29年1月12日 1.20 表層 >50 27 2 0.8 <1 <1
蓮沼川【平塚橋】 平成29年1月12日 0.40 表層 >50 23 1 0.8 <1 <1

※採取方法:橋上もしくは河岸からバケツ等により採取
※測定方法:ゲルマニウム半導体検出器を用いたガンマ線スペクトロメトリーによる核種分析
※定量下限値:<1ベクレル/リットル

 

底質

検体種別:底泥
採取地点
河川名【地点名】
採取日 天候 全水深(m) 一般項目
採泥深(cm)
一般項目
含泥率(%)
一般項目
性状

放射性物質濃度(Bq/kg(乾泥))

セシウム134

放射性物質濃度(Bq/kg(乾泥))

セシウム137

放射性物質濃度(Bq/kg(乾泥))

合計

桜川【禊橋】 平成29年1月12日 0.30 10 84.9 砂・礫 <4.4 6.9 6.9
桜川【君島橋】 平成29年1月12日 1.50 10 86.1 砂・礫 <4.8 <5.1 -
花室川【大池橋】 平成29年1月12日 0.30 10 74.8 23 130 160
花室川【下広岡橋】 平成29年1月12日 1.00 10 63.3 砂・泥 15 76 90
小野川【大井橋】 平成29年1月12日 0.30 10 74.1 15 96 110
谷田川【高丸橋】 平成29年1月12日 0.40 10 55.4 8.1 69 78
西谷田川【角内橋】 平成29年1月12日 0.40 10 67.6 8.6 50 58
西谷田川【新橋】 平成29年1月12日 1.20 10 41.8 33 180 220
蓮沼川【平塚橋】 平成29年1月12日 0.40 10 69.7 砂・泥 14 79 93

※採取方法:河岸からスコップ等により採取(3回採泥し混合)
※測定方法:ゲルマニウム半導体検出器を用いたガンマ線スペクトロメトリーによる核種分析

測定結果【平成27年度】

水質

検体種別:河川水
採取地点
河川名【地点名】
採取日 天候 全水深(m) 一般項目
採水深
一般項目
透視度(cm)
一般項目
電気伝導度(mS/m)
一般項目
SS(mg/L)
一般項目
濁度(度)
放射性物質濃度(Bq/L)
セシウム134
放射性物質濃度(Bq/L)
セシウム137
桜川【禊橋】 平成27年11月30日 0.50 表層 >50 21 1 1.5 <1 <1
桜川【君島橋】 平成27年11月30日 1.00 表層 >50 21 4 2.2 <1 <1
花室川【大池橋】 平成27年11月30日 0.40 表層 >50 21 5 10 <1 <1
下広岡橋 平成27年11月30日 0.50 表層 >50 25 2 2.9 <1 <1
小野川【大井橋】 平成27年11月30日 0.30 表層 >50 24 6 2.8 <1 <1
谷田川【高丸橋】 平成27年11月30日 0.30 表層 >50 28 4 1.5 <1 <1
西谷田川【角内橋】 平成27年11月30日 0.20 表層 >50 28 2 <1.0 <1 <1
西谷田川【新橋】 平成27年11月30日 0.80 表層 >50 27 2 1.6 <1 <1
蓮沼川【平塚橋】 平成27年11月30日 0.30 表層 >50 21 <1 1.0 <1 <1

※採取方法:橋上もしくは河岸からバケツ等により採取
※測定方法:ゲルマニウム半導体検出器を用いたガンマ線スペクトロメトリーによる核種分析
※定量下限値:<1ベクレル/リットル

底質

検体種別:底泥
採取地点
河川名【地点名】
採取日 天候 全水深(m) 一般項目
採泥深(cm)
一般項目
含泥率(%)
一般項目
性状
放射性物質濃度(Bq/kg(乾泥)) セシウム134 放射性物質濃度(Bq/kg(乾泥)) セシウム137 放射性物質濃度(Bq/kg(乾泥)) 合計
桜川【禊橋】 平成27年11月30日 0.50 10 86.9 砂・礫 <5.3 <5.0 -
桜川【君島橋】 平成27年11月30日 1.00 10 79.9 砂・礫 <7.3 12 12
花室川【大池橋】 平成27年11月30日 0.40 10 72.6 47 190 230
花室川【下広岡橋】 平成27年11月30日 0.50 10 71.9 67 270 340
小野川【大井橋】 平成27年11月30日 0.30 10 62.8 55 290 350
谷田川【高丸橋】 平成27年11月30日 0.30 10 62.7 20 81 100
西谷田川【角内橋】 平成27年11月30日 0.20 10 68.4 12 63 75
西谷田川【新橋】 平成27年11月30日 0.80 10 62.8 粘土 <8.0 13 13
蓮沼川【平塚橋】 平成27年11月30日 0.30 10 68.7 25 88 110

※採取方法:河岸からスコップ等により採取(3回採泥し混合)
※測定方法:ゲルマニウム半導体検出器を用いたガンマ線スペクトロメトリーによる核種分析

測定結果【平成26年度】

水質

検体種別:河川水
採取地点
河川名【地点名】
採取日 天候 全水深(m) 一般項目
採水深
一般項目
透視度(cm)
一般項目
電気伝導度(mS/m)
一般項目
SS(mg/L)
一般項目
濁度(度)
放射性物質濃度(Bq/L)
セシウム134
放射性物質濃度(Bq/L)
セシウム137
桜川【禊橋】 平成26年11月19日 0.20 0.04 >50 20 <1 1.7 <1 <1
桜川【君島橋】 平成26年11月19日 0.30 0.06 >50 22 1 2.5 <1 <1
花室川【大池橋】 平成26年11月19日 0.15 0.03 >50 23 6 7.7 <1 <1
花室川【下広岡橋】 平成26年11月19日 0.40 0.08 >50 30 3 2.9 <1 <1
小野川【大井橋】 平成26年11月19日 0.40 0.08 >50 26 5 3.4 <1 <1
谷田川【高丸橋】 平成26年11月19日 0.30 0.06 >50 28 1 1.3 <1 <1
西谷田川【角内橋】 平成26年11月19日 0.30 0.06 >50 27 2 1.1 <1 <1
西谷田川【新橋】 平成26年11月19日 2.50 0.50 >50 27 5 4.0 <1 <1
蓮沼川【平塚橋】 平成26年11月19日 0.30 0.06 >50 24 <1 1.7 <1 <1

※採取方法:橋上もしくは河岸からバケツ等により採取
※測定方法:ゲルマニウム半導体検出器を用いたガンマ線スペクトロメトリーによる核種分析
※定量下限値:<1ベクレル/リットル

底質

検体種別:底泥
採取地点
河川名【地点名】
採取日 天候 全水深(m) 一般項目
採泥深(cm)
一般項目
含泥率(%)
一般項目
性状

放射性物質濃度(Bq/kg(乾泥))

セシウム134

放射性物質濃度(Bq/kg(乾泥))

セシウム137

放射性物質濃度(Bq/kg(乾泥))

合計

桜川【禊橋】 平成26年11月19日 0.20 8 80.9 砂・礫 <4.7 <5.5 -
桜川【君島橋】 平成26年11月19日 0.30 8 80.6 砂・礫・シルト <5.3 <5.2 -
花室川【大池橋】 平成26年11月19日 0.15 8 76.8 65 200 270
花室川【下広岡橋】 平成26年11月19日 0.40 8 78.0 砂・礫 140 410 550
小野川【大井橋】 平成26年11月19日 0.40 8 69.7 74 230 300
谷田川【高丸橋】 平成26年11月19日 0.30 8 72.7 20 57 77
西谷田川【角内橋】 平成26年11月19日 0.30 8 71.8 砂・粘土 7 21 28
西谷田川【新橋】 平成26年11月19日 2.50 8 73.7 24 77 100
蓮沼川【平塚橋】 平成26年11月19日 0.30 8 77.1 18 65 83

※採取方法:河岸からスコップ等により採取(3回以上採泥し混合)
※測定方法:ゲルマニウム半導体検出器を用いたガンマ線スペクトロメトリーによる核種分析

環境省による測定結果

環境省が実施している「茨城県の公共用水域における放射性物質モニタリング」では、つくば市内の河川4地点についても測定を実施しています。
※調査地点:栄利橋(桜川)、丸山橋(谷田川)、境松橋(西谷田川)、小茎橋(稲荷川)

結果については環境省のホームページをご覧ください。

このページに関するお問い合わせ

生活環境部 環境保全課
〒305-8555 つくば市研究学園一丁目1番地1
電話:029-883-1111(代表) ファクス:029-868-7643
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。