ここから本文です。

介護保険料

ページ番号1001258  更新日 平成30年1月18日

印刷 大きな文字で印刷

保険料の賦課

  • 介護保険法第129条及びつくば市介護保険条例第4条に基づき賦課されます。
  • 世帯主及び第1号被保険者の配偶者の一方は,保険料を連帯して納付する義務があります。
    つくば市の区域に住所を有する40歳以上の人が,つくば市の介護保険の被保険者になります。
    65歳以上の第1号被保険者は,つくば市の定める所得段階別の介護保険料を年金天引き等により納めます。
    40歳以上65歳未満の第2号被保険者は,介護保険料を各医療保険者に医療保険料として一括して納めます。

保険料の納め方

年金年額が18万円以上の方(特別徴収)

4,6,8月分「前年度最終納期(2月分)の額等による仮の徴収金額」・10,12,2月分「決定保険料の残り分」

年金年額が18万円以下の方又は年度途中で65歳到達,転入された方(普通徴収)

市から送付される納付書に基づき,個人で納付します。口座振替もできます。
暫定納付書「前年度の保険料を算出した所得金額等に基づき今年度適用される見込みの保険料の6分の1」を4月に1,2期の2回分(4,6月末納期)賦課します。期別納付書(本算定)は8月に決定保険料の残り分を3~6期に分け(8,10,12,翌年2月末納期)賦課します。

減免制度について

下記に該当する方は,保険料を減免することがあるので介護保険課に問い合わせください。

  • 災害等により,住宅・家財に著しい損害を受けた人。
  • 被保険者の世帯の主たる生計維持者が死亡,心身の障害や長期入院,失業等により収入が著しく減少した人。

1号被保険者(65歳以上)の資格届け出等

こんなときは 資格は 保険料は

つくば市に転入してきたとき

(14日以内に届け出をしてください。要介護,要支援認定されている方は受給資格証明書を提出ください。介護保険課から後日郵送で被保険者証を交付します。)

  • 転入日からつくば市の被保険者になります。

※介護保険法に定められた住所地特例介護保険施設に入所する場合は,継続して前市町村の被保険者になります。(施設より,つくば市に入所連絡票が提出されます。)

  • 転入日の属する月から保険料が,発生します。
  • 各納期に年度末までの月割り分の納付書が発行されます。2,3月の転入者には翌年4月に随時分納付書が発行されます。
つくば市の住民が65歳になった時
(市で確認,翌月被保険者証を送ります。)
  • 誕生日の前日から資格が発生します。(保険料が健康保険の差し引きから本人納付になります。)
  • 資格発生の日の属する月から保険料が発生します。(納付書同上)
生活保護を受けなくなったとき
  • 保護廃止連絡票が福祉事務所より提出されます。
  • 生活保護が廃止になっても,年度中は第1段階の保険料はかわりません。
他市町村へ転出(※住所地特例介護施設への転出は除く)するとき又は死亡した場合
(被保険者証をお返しください。)
  • 転出,死亡とも住民でなくなった日の翌日に資格喪失します。ただし,住民でなくなった日に他の市町村の住民になったときは当に資格喪失します。
  • 資格喪失日の前月までの保険料がつくば市での保険料となり,過納の場合は還付されます。(要介護,要支援認定を受けている方は,受給資格証明書を発行します。)
生活保護を受けるようになったとき
  • 保護開始連絡票が福祉事務所より提出されます。
  • 生活保護の開始の日の属する月から第1段階の保険料に変更になります。
  • 認定月分から,原則として福祉事務所が代理納付します。

つくば市の保険料

つくば市の介護保険料は別紙のとおりです。
別紙における第1段階の金額は,一部を公費で負担し,保険料額が軽減されています。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

保健福祉部 介護保険課
〒305-8555 つくば市研究学園一丁目1番地1
電話:029-883-1111(代表) ファクス:029-868-7646
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。