ここから本文です。

農作業による事故に気を付けましょう!

ページ番号1001745  更新日 平成30年1月5日

印刷 大きな文字で印刷

農作業による死亡事故が増えています。

交通事故や労働災害による死亡事故が減少する中,農作業による事故は増加しています。農業者の高齢化の進展に伴い,高齢農業者による事故の割合が増えています。(農作業死亡事故件数の34分の3が65歳以上!)

死亡事故の原因別では,農業機械の操作に伴うものが7割を占め,その約半数が乗用型トラクターによるものとなっています。

事故防止には,一人一人が高い安全意識を持って作業を行うことが重要です。

安全対策が講じられた農業機械を導入しましょう。
安全装置の装備等により,農業機械の安全性は向上しています。例えば,乗用型トラクターの安全キャブ・フレームは,転落・転倒時の死亡率を8分の1に抑える等の高い効果が認められています。

農業機械の管理・利用は,適切に行いましょう。

機械自体の安全性能が優れていても,日頃の管理が不十分では,思わぬ故障が発生して事故を招いたり,万が一の場合に安全装置が機能しないこともあります。日常的な点検に加え,整備工場での定期的な整備を行いましょう。また,安全装置があっても,それを適切に使用しなければ効果はありません。(例えば可倒式の安全フレームを倒したまま使用,シートベルトを着用しない等)

取扱説明書や関係法令に従った安全な利用を心掛けましょう。

万が一の事故に備えて,労災保険に加入しましょう。

労災保険は,雇用労働者の業務災害時の補償を目的とする公的保険ですが,自営農業者であっても,一定の要件を満たしていれば加入できる特別加入制度があります。

万が一の場合でも,経営を維持し,家族の生活を守るため,労災保険の特別加入制度を活用しましょう。
詳細は下方にございます「農作業安全啓発チラシ」をご参照ください。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

経済部 農業政策課
〒305-8555 つくば市研究学園一丁目1番地1
電話:029-883-1111(代表) ファクス:029-868-7622
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。