ここから本文です。

つくば市耐震改修促進計画及び地震防災マップ

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1002039  更新日 平成30年1月5日

印刷 大きな文字で印刷

「つくば市耐震改修促進計画」の計画期間の延長

市は、茨城県が平成19年3月に「茨城県耐震改修促進計画」を策定したのを受け、平成20年3月に「つくば市耐震改修促進計画」を策定し、平成27年度を計画期間の最終年度として建築物の耐震化を進めてきました。
今回、国及び県における計画の見直しに合わせ計画期間の延長及び耐震化率の目標の設定を行います。
計画期間は、平成32年度までとして現計画を5年間延長するとともに、耐震化率の目標を95パーセントに定め、計画を進めていきます。

つくば市耐震改修促進計画

つくば市では、いつどこで起こるかわからない大規模地震に備え、昭和56年以前に建築された建築物(通称:旧耐震の建築物)の耐震化を促進することを目的に、耐震改修促進法及び茨城県耐震改修促進計画に基づき、「つくば市耐震改修促進計画」を策定しました。今後は、本計画に基づき、市民のみなさまと行政が一体となって地震に強いまちづくりの実現を目指します。

地震防災マップ

地震はいつどこで起こるかわかりません。つくば市は、内閣府中央防災会議において、茨城県南部地域におけるマグニチュード7クラスの地震が発生した場合に、著しい被害を生じる恐れがある地域として挙げらています。そこで、つくば市で大規模地震が発生した場合、どのような状況になるのかを想定し、2種類の地震防災マップを作成しました。これらの地図を参考に、大規模地震が起きた場合、ご自分の家は安全か、周囲の状況はどうなるのか考えてみましょう。

つくば市揺れやすさマップ

「茨城県南部地震(マグニチュード7.3)」及び「どこでも起こりうる直下の地震(マグニチュード6.9)」を想定地震とした震度分布を表わした地図です。

つくば市地域の危険度マップ

揺れやすさマップによる震度分布から、地域の建物被害予測を表わした地図です。地震の揺れから、地域における建物の全壊する割合を予測しています。

地震防災マップQ&A集

地震防災マップの見方などは、こちらを参照ください。

参考

地震発生の確率を予測した「全国を概観した地震動予測地図」は、国立研究開発法人防災科学技術研究所のホームページ【地震ハザードステーション J-SHIS】で閲覧できます。 
「全国を概観した地震動予測地図」とは、今後30年以内に震度6弱以上の揺れに見舞われる確率分布図と主な地震の長期評価結果について示したものです。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

都市計画部 建築指導課
〒305-8555 つくば市研究学園一丁目1番地1
電話:029-883-1111(代表) ファクス:029-868-7593
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。