ここから本文です。

令和元年度つくばSociety 5.0社会実装トライアル支援事業

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1007437  更新日 2019年9月5日

印刷 大きな文字で印刷

IoT・AI・ビッグデータ解析等を活用したトライアルを支援します

事業概要

Society5.0イメージ図

つくば市では、「世界のあしたが見えるまち」というヴィジョンの下、革新的な技術やアイディアで社会課題を解決する、Society 5.0(※)の社会実装に向けたトライアル(実証実験)を全国から公募し、優れた提案を全面的にサポートしております。令和元年度(2019年度)は5月20日から6月28日までの期間で募集を行い、8月28日の最終審査会において5件の支援事業を採択しました。

※「Society 5.0」とは
IoT(Internet of Things)、ロボット、人工知能(AI)、ビッグデータなどの新たな技術を、あらゆる産業や社会生活に取り入れてイノベーションを創出し、一人ひとりのニーズに合わせる形で社会的課題を解決する新たな社会のこと。

支援内容

  • トライアルの実施に係る経費の支援(上限100万円)
  • 施設の確保、モニターのあっせん等
  • 国等に対する規制・制度改革の提案
  • 大学・研究機関等とのマッチング
  • 市のイベント等におけるPRの場の提供
  • その他市が必要と認めるもの

スタートアップ賞の新設

令和元年度(2018年度)から「スタートアップ賞」を新設しました。
スタートアップからの最も優秀な提案1件に授与し、つくば市スタートアップ推進室のコーディネートによる支援を実施します。
※応募要件:募集対象者のうち設立5年以内等のもの

一次審査(書類審査)

審査日:令和元年7月25日(木曜日)

場所:つくば市役所

一次審査員

大場 光太郎

国立研究開発法人産業技術総合研究所

ロボットイノベーション研究センター 副研究センター長

大場 光太郎


川島 宏一

国立大学法人筑波大学システム情報系社会工学域 教授

つくば市顧問

川島 宏一


石塚 万里

株式会社つくば研究支援センター

ベンチャー支援部長

石塚 万里


森 祐介

つくば市

政策イノベーション部長

森 祐介

最終審査(公開プレゼンテーション)

審査日:令和元年8月28日(水曜日)

時間:午後1時30分から午後5時まで

場所:つくば市役所本庁舎2階201会議室

最終審査員

江渡 浩一郎

国立研究開発法人産業技術総合研究所

情報・人間工学領域 人間拡張研究センター
共創場デザイン研究チーム 

江渡 浩一郎


太田 直樹

株式会社NEW STORIES 代表

株式会社海外通信・放送・郵便事業支援機構 社外取締役

太田 直樹


國土 晋吾

一般社団法人TXアントレプレナーパートナーズ(TEP)

代表理事

國土 晋吾


奥田 浩美

株式会社ウィズグループ

代表取締役

奥田 浩美


角田 千佳

株式会社エニタイムズ

代表取締役社長

角田 千佳

トライアルのご案内

令和元年度提案採択者

1.株式会社トルビズオン

表彰の模様

すべての人が安心できる空の道をつくり、ドローン先進社会としてのつくばを世界に発信する 「スマートシティに向けた、ドローン配送の社会実装プロジェクト」

各所にドローンポートを配置し、ドローン配送のインフラを整備します。
配送先にご登録いただける土地所有者の方への空の利用料として報酬を受け取れる仕組みや、複数台ドローンの運用システムを提供し、安心安全なドローン社会をつくばから実装します。

2.Ambii合同会社

表彰の模様

異国にいても安心して医療が受けられる社会にするために

外国人患者は、適切な医療機関に行くことが難しく、医療機関側としても外国人患者をどう対処すれば良いかわからないのが実状です。我々は双方の障壁を解決すべく、多言語対応した医師検索、遠隔で医療通訳をする医療コンシェルジュを提供します。

※スタートアップ賞もあわせて受賞

3.iRuuza株式会社

表彰の模様

Wi-Family 高齢者オンライン計画

個人としても社会としても多くの課題を抱える高齢者。
スマートスピーカー用WiFiであるWiFamilyを使い高齢の方をオンラインへ、日々の生活を便利に、そして家族に安心を届けます。

4.株式会社Doog

表彰の模様

新たなモビリティサービスによる移動利便性向上・地域活性化

当社が開発・製造する複数人乗りモビリティを活用し、つくばセンター地区において新たな移動サービスを提供します。これまでに無い新たなモビリティサービスを世界で初めてつくばで実装することで、街のイメージアップ効果も期待できます。

5.国立研究開発法人産業技術総合研究所

表彰の模様

つくばで開催 脳の運動会「bスポーツ」! 年齢や身体の障害の有無に関わらず 脳だけで戦う 新競技

産総研で開発した次世代インターフェースである脳テレパシー技術を用いたゲーム競技「bスポーツ」の普及で、子供から高齢者にいたる全世代の健康脳の促進や世代間交流、新産業創出で元気な街つくばの実現を目指します。

※インターネット投票特別賞もあわせて受賞

オープンデータ

データのご利用に際して

本セクションで公開しているデータは、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスのもとで提供しております。対象データのご利用に際しては、表示されている各ライセンスの利用許諾条項に則ってご利用ください。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

政策イノベーション部 科学技術振興課
〒305-8555 つくば市研究学園一丁目1番地1
電話:029-883-1111(代表) ファクス:029-868-7640
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。