ここから本文です。

令和元年度つくばSociety 5.0社会実装トライアル支援事業

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1007437  更新日 2019年8月6日

印刷 大きな文字で印刷

IoT・AI・ビッグデータ解析等を活用したトライアルを支援します

事業概要

Society5.0イメージ図

つくば市では、平成29年度から「世界のあしたが見えるまち」というヴィジョンの下、革新的な技術やアイディアで社会課題を解決する、Society 5.0(※)の社会実装に向けたトライアル(実証実験)を全国から公募し、優れた提案を全面的にサポートしております。今年度も令和元年5月20日(月曜日)~6月28日(金曜日)の期間で募集を行い、今後採択案件を決定します。

※「Society 5.0」とは
IoT(Internet of Things)、ロボット、人工知能(AI)、ビッグデータなどの新たな技術を、あらゆる産業や社会生活に取り入れてイノベーションを創出し、一人ひとりのニーズに合わせる形で社会的課題を解決する新たな社会のこと。

支援内容

  • トライアルの実施に係る経費の支援(上限100万円)
  • 施設の確保、モニターのあっせん等
  • 国等に対する規制・制度改革の提案
  • 大学・研究機関等とのマッチング
  • 市のイベント等におけるPRの場の提供
  • その他市が必要と認めるもの

スタートアップ賞の新設

採択案件5件に加えて、今年度から「スタートアップ賞」を新設しました。
スタートアップからの最も優秀な提案1件に授与し、つくば市スタートアップ推進室のコーディネートによる支援を実施します。
※応募要件:募集対象者のうち設立5年以内等のもの

一次審査(書類審査)

審査日:令和元年7月25日(木曜日)

場所:つくば市役所

一次審査員

大場 光太郎

国立研究開発法人産業技術総合研究所

ロボットイノベーション研究センター 副研究センター長

大場 光太郎


川島 宏一

国立大学法人筑波大学システム情報系社会工学域 教授

つくば市顧問

川島 宏一


石塚 万里

株式会社つくば研究支援センター

ベンチャー支援部長

石塚 万里


森 祐介

つくば市

政策イノベーション部長

森 祐介

最終審査(公開プレゼンテーション)

審査日:令和元年8月28日(水曜日)

時間:午後1時30分~午後5時終了予定

場所:つくば市役所本庁舎2階201会議室

最終審査では、参観者の皆さまがインターネット投票を通じて審査に参加することができます。
(詳細は近日公開!)

最終審査員

江渡 浩一郎

国立研究開発法人産業技術総合研究所

情報・人間工学領域 人間拡張研究センター
共創場デザイン研究チーム 

江渡 浩一郎


太田 直樹

株式会社NEW STORIES 代表

株式会社海外通信・放送・郵便事業支援機構 社外取締役

太田 直樹


國土 晋吾

一般社団法人TXアントレプレナーパートナーズ(TEP)

代表理事

國土 晋吾


奥田 浩美

株式会社ウィズグループ

代表取締役

奥田 浩美


角田 千佳

株式会社エニタイムズ

代表取締役社長

角田 千佳

トライアルのご案内

オープンデータ

データのご利用に際して

本セクションで公開しているデータは、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスのもとで提供しております。対象データのご利用に際しては、表示されている各ライセンスの利用許諾条項に則ってご利用ください。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

政策イノベーション部 科学技術振興課
〒305-8555 つくば市研究学園一丁目1番地1
電話:029-883-1111(代表) ファクス:029-868-7640
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。