ここから本文です。

オンライン窓口に関する共同研究

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1019128  更新日 2022年12月2日

印刷 大きな文字で印刷

つくば市は、株式会社Bloom Actのソリューションであるオンライン商談システム「ROOMS」を活用して、オンライン窓口に関する共同研究を実施しています。

少人数のリモートでの会話に特化した同システムを使用し、電話等で予約して来庁することが前提である一部の相談窓口業務のオンライン化の実現性について研究を行っています。

ルームキー入力ページ

職員から数字8桁の「ルームキー」を伝えられた方は、下記リンク先のページに入力してください。

共同研究について

共同研究者

株式会社Bloom Act (ブルームアクト)

共同研究期間

令和5年(2023年)3月31日まで

対象部署・業務

研究において、有効性や実運用した場合の費用対効果などを考慮し、試行運用します。

すべての部署・業務で運用するわけではありませんので御了承ください。

イノベーションスイッチについて

本研究は「つくばイノベーションスイッチ」の一環として、株式会社Bloom Actの提案を受けて実施するもので、本研究では、職員の事務処理に要する時間の測定、利用者アンケートなどを通じて、「市民サービス向上」と「庁内業務改善」の効果検証を行います。

このページに関するお問い合わせ

政策イノベーション部 情報政策課
〒305-8555 つくば市研究学園一丁目1番地1
電話:029-883-1111(代表) ファクス:029-868-7631
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。